ヘリオトロープの画像

ヘリオトロープの育て方

  • ムラサキ科
  • ヘリオトロピウム属

ヘリオトロープの基本情報

ジャンル

ハーブ

形態

一年草

学名

Heliotropium arborescens

別名

ニオイムラサキ,ビッグヘリオトロープ,コウスイソウ

原産地

熱帯および温帯域

ヘリオトロープの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

弱い

耐暑性

普通

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ヘリオトロープの育て方の画像

世界中の熱帯地域や温帯地域に分布している、ハーブに属している一年草です。育つ木の高さが100cmぐらいまでの、低い木なので手軽に育てられます。花の色は紫と白が入っていて、近くで見ますと星型の可愛らしいお花です。少し離れて全体を見た姿は、日本に見られるアジサイのような咲き方です。存在感がある雰囲気なので、お庭の低いブロック替わりとして、ヘリオトロープを植えてみるのも、楽しい鑑賞方法になります。
開花期も4月下旬~10月上旬ぐらいと長期間のため、自宅などを華やかな雰囲気にでき、花の香りも甘いバニラのような匂いがしますので、芳香剤替わりとして育てるのもいいでしょう。花から抽出した精油は、実際に香水の原料として使用されています。

ヘリオトロープの育てる場所


日当たりのいい場所が、育てる環境として最適です。寒い冬の季節には弱く、霜が降ると枯れることもあり、場所を移動することができる室内の窓際か、ベランダなどが生育環境として向いています。綺麗な花なのでお庭にも植えたくなりますが、冬越しが難しいかもしれませんので、温室などがあり暖かい状態であれば、外で育てることもできるでしょう。ですが、日差しが強すぎる西日が当たる場所は、生育環境に不向きです。又、庭植えの場合は酸性質の土壌を好みませんので、植える前に苦土石灰を土に混ぜておくといいでしょう。

ヘリオトロープの水やり

土が乾燥して水分が切れた状態は、枯れる原因に繋がってしまいます。特に季節としては気温が暖かい、春~秋までの期間は用土が乾燥してしまうので、土の表面が乾いてきた状態を確認しましたら、たっぷり水を与えて下さい。地植えよりは鉢植えやプランターが乾きやすいので、土が乾いていないか、気にかけてあげましょう。乾燥していると葉っぱにシワが入ったり、落ちてしまうので注意が必要です。冬の季節は生育期ではありませんので、水やりは控えめにして下さい。

肥料

花を咲かせる期間が長く、春の4月下旬~秋の10月上旬頃までになります。そのため、肥料は欠かせない状態になりますので、肥料切れにならないようにして下さい。使用するといい肥料としては、緩効性化成肥料を1週間に1回ほど、株元に置き肥するか、液体肥料を与えましょう。ですが真夏頃になりますと、花がだんだん咲き止まってきますので、花が咲かなくなってきましたら、肥料を与える回数を減らしても大丈夫です。冬は花が咲かないので、肥料を与える必要はありません。

用土


自分で用土を配合できないのであれば、園芸店などで販売している草花用培養土で大丈夫です。用土を自分で配合したい場合は、赤玉土小粒:6、腐葉土:3、軽石:1の割合で混ぜる方法がおススメです。水が切れると枯れてしまうため、用土も水を含みやすい土壌がいいですが、水が多いことで水はけと通気性が、悪くなるのはまずいです。おススメの配合であれば、適度に水分を保ちながら水はけも良くなります。うっかり水やりを忘れてしまっても、慌てなくていいので、配合した用土を使用する方が、水の管理が楽になります。

病害虫

梅雨明けから真夏の季節になりますと、気温が高い状況が続きますので乾燥が進み、ハダニが大量に発生することがあります。葉っぱに寄生して吸汁しますので、栄養が吸い取られたことで、ヘリオトロープが枯れてしまいます。又、枯れていなくても葉緑素が抜け、葉の色が変色してしまいます。発生しているのを見つけましたら、早めにハダニ駆除専用の薬剤を、散布して退治して下さい。乾燥を防ぐために湿度がある部屋に移動させたり、葉裏に水分を与えるなどして発生を抑えるといいでしょう。

ヘリオトロープの植え付け・植え替え

成長してきますと根が張ってきて、植木鉢の底の穴より根が出てきます。そのような状態になりましたら、水を与えてもうまく根に水がいき渡りませんし、根が酸素不足になり育ちにくい状態になります。そのため植え替えは必要で、2~3年に1回は一回り大きめの鉢に移動させましょう。ヘリオトロープを植木鉢より取り出して、根が硬く固まっていましたらほぐして下さい。最適な季節としては秋の9月~10月頃が、花が咲き終わったタイミングなので、植え替え作業に向いています。

ヘリオトロープの増やし方


挿し木をして簡単に増やすことができ、最適な季節は5月・6月・9月頃になります。枝の先端を5~6cm程切って、枝を水に挿しておきます。1時間ぐらい吸水させた後、小粒タイプの赤玉土か、挿し木専用の培養土に挿し植えて下さい。1ヶ月ぐらいで根が出てきますので、それまでは用土は乾かさず、明るい日陰で育てましょう。根が出てきましたら、小さい鉢に植え替えます。茎が少しずつに伸びてきますので、先端の芽を摘んで枝数を増やし、わき芽が出てくる状態にします。ある程度の大きさに成長しましたら、もう少し大きいサイズの鉢や、地面に植え替えましょう。

ヘリオトロープの手入れ


生育環境に気をつければ、枯れることなく育てていけます。日当たりがいい場所が基本になり、冬の季節は弱いため室内で育てましょう。水はたっぷり与えないと、葉の状態が悪くなりますので、水やりは忘れないようにして下さい。又、酸性質の用土は嫌いますので、土壌が酸性にならないように注意しましょう。地植えで育てたい場合は、日当たりがいい場所で育て、冬は防寒対策が必要になってきます。

ヘリオトロープの花言葉

献身的な愛・献身・永遠の愛・愛よ永遠なれ・夢中・熱望・誠実です。ギリシャ神話の恋物語が、花言葉の由来になっています。

まとめ

南向きの日当たりがいいお部屋かベランダ、お庭があれば水分を切らさなければ、育てていくことは難しくありません。土壌の質は鉢植えでも地植えの場合も、酸性質にならないように注意して下さい。冬の寒さには弱いので、防寒対策ができる状態であれば、南向きのお庭を飾る植物として最適です。バニラの甘い香りがほのかにすれば、ご近所にも良い印象を与えることができるかもしれません。精油は香水として利用されたり、ポプリにも使われているハーブなので、お花の観賞も楽しいですが、生活に取り入れてリラックス効果を得たりなど、いろんな楽しみ方ができる植物です。挿し木で簡単に増やせますので、1本購入してきて自分で増やし、お部屋や庭に華やぎを演出することができます。

※トップ画像は luireさん@GreenSnap

ハーブの新着投稿画像

ハーブの新着コラム

ハーブの種類

キャットミント

日当たり、風通しがよく、水はけのよい場所を好みます。 キャットミントの育て方へ

ラベンダー

日当たりと風通しのよい場所を好みます。 ラベンダーの育て方へ

カラミンサ

日当たりが良い場所で育てます。半日陰でも育てることが出来ますが、花つきが悪くなります。 カラミンサの育て方へ

マツリカ

日当たりの良い場所を好みます。寒さに弱く、10度以上の環境で育てる必要があります。 マツリカの育て方へ

イタリアンパセリ

パセリと異なり、葉が平たく縮れておらず、やや大型の細長く避けた葉が特徴です。 イタリアンパセリの育て方へ

タイム

日当たり、風通しがよく、乾燥した場所を好みます。 タイムの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード