チャイブの画像

チャイブの育て方

  • ネギ科
  • ネギ属

チャイブの基本情報

ジャンル

野菜

形態

多年草

学名

Allium schoenoprasum

別名

原産地

シベリア〜欧州

チャイブの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

普通

耐暑性

弱い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
チャイブの育て方の画像

セイヨウアサツキとも呼ばれるチャイブ。ネギに似たハーブの一種で、ビシソワーズというジャガイモの冷静スープのトッピングには欠かせなく、主に西洋料理でよく使われています。可愛いピンク色をしたチャイブの花は自分で育てないと味わえない楽しみです。この記事では育て方から増やし方、花言葉までチャイブについて詳しく解説していきます。

チャイブの育てる場所

チャイブは北半球の広い範囲で栽培されていて、風通しが良く日当たりのいい場所を好みます。地植えの場合、真夏などの暑い時期には半日陰になるよう、日陰を作ってあげるとよく育ちます。またチャイブはプランターで育てることも簡単にできるので、畑が無い方でも育てることができます。プランターなら移動もしやすいので気候の変化に合わせて、最適な場所で育てることができます。

チャイブの水やり

チャイブは乾燥を嫌うので、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。暑い時期は乾燥しやすいので、こまめに様子を見てあげることが大切です。地植えの場合、冬場の水やりは必要ないですが、プランター栽培の場合は土が乾燥しすぎないようにたまに水を与えると、翌年も元気に育ちます。

肥料

種まきや定植の前に、堆肥と有機肥料または化成肥料を適量施しましょう。チャイブは肥料切れしてしまうと、葉が黄色くなってくるので、様子を見ながら追肥を行ってください。冬には地上部が枯れるので、肥料は必要ありませんが、春になり暖かくなってきたら肥料を適量与えましょう。

用土

チャイブは酸性を嫌い水はけと水持ちのいい土壌を好むので、パーライトや赤玉土、腐葉土、堆肥をバランス良く混ぜた土が適しています。その際、割合は7:2:1くらいになるように配合しましょう。他にもハーブ用の培土なら手軽に育てることができます。

病害虫

チャイブは比較的虫には強いですが、アブラムシやヨトウムシなどの害虫には注意しましょう。また、うどん粉病や灰色カビ病などになることもあるので、異変を感じたら症状に合わせた薬剤を適量散布してください。

チャイブの植え付け・植え替え

チャイブの植え付けるときは、アルカリ性の土壌に植えつけるとよく育ちます。苗はまっすぐでしっかりとしたものを選び、3本ほどまとめて一か所に植えてください。その時は株間を20㎝ほどあけて植えましょう。
植え替えは基本必要ないですが、あまりにも増えすぎて通気性が悪くなってくると生育に影響が出るので、ほかの場所に植え替えてあげましょう。

チャイブの増やし方

チャイブは株分けかこぼれ種でも増やすことができます。株分けの場合、3~5月と9~10月に行うといいでしょう。株の周りをやさしく彫り上げ、葉を5センチほど残して切、根を傷つけないように20cmほどの株間をあけて植えてください。
チャイブはこぼれ種で増えていくこともありますが、条件が揃わないと発芽しないこともあるので、確実に増やしたいなら株分けするか、種まきをすることをおすすめします。新たに種をまく場合も、株分けと同じ時期に行うことができます。
チャイブの種は嫌光性のため、種まき後は土をしっかりと厚めに覆土するようにしましょう。

チャイブの手入れ

チャイブはハーブの一種で比較的強い植物なので、手入れは必要としませんが、株が込み合ってきたら株分けするなどして、通気性をよくしてあげましょう。黄色くなってしまった葉はこまめに取るようにしてあげるとよく育ちます。冬には地上部が枯れますが、株は生きているので寒冷地の場合は、敷きワラや腐葉土などで保温してあげることをおすすめします。
また、葉の利用をメインにしたい方は、花が咲く前につぼみをとってしまうと、葉が硬くならずに秋ごろまで収穫を長く楽しめます。

チャイブの収穫

葉が伸びていればいつでも収穫して楽しめます。収穫方法は、株本を3cmほど残したところを、はさみなどで切りましょう。株本を少し残しておくことで、そこから再び成長し、何度でも収穫することができます。葉が硬くなることもあるので、収穫時期はあまり気にせず、食べごろの葉があれば随時収穫するようにしましょう。収穫後に肥料を与えると、成長が促されよく育ちます。
チャイブの花は観賞用としても楽しめますが、酢につけて置けばきれいなピンク色のチャイブビネガーとして利用することもできます。

チャイブの花言葉

チャイブはネギに似たハーブですが、ネギよりはマイルドで香りも抑えめなことから、「忠実」、「素直」、「柔軟性」という花言葉が付けられています。

まとめ

今回の記事ではチャイブの育て方から収穫方法や活用方法までを詳しく紹介しました。食用だけでなく、観賞用としても楽しめるチャイブは比較的育てやすい植物なので、初心者の方でもポイントを押さえれば簡単に育てることができるので、おすすめのハーブです。是非この記事を参考にしていただき、チャイブの栽培に挑戦してみてください!

※トップ画像はaliceさん@GreenSnap

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

家庭菜園の新着投稿画像

家庭菜園の新着コラム

家庭菜園の種類

インゲン

日当たりの良い場所 インゲンの育て方へ

白菜

畝を作り、水はけの良い場所。 白菜の育て方へ

サルナシ

日当たりの良い場所を好みます。 サルナシの育て方へ

サニーレタス

春と秋に栽培できます。 サニーレタスの育て方へ

ジャボチカバ

幹に直接白い花を咲かせ、巨峰のような果実をつけます。果実は緑色から濃紫色になり、味もブドウに似ていま... ジャボチカバの育て方へ

アセロラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 アセロラの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード