カリンの画像

カリンの育て方

  • バラ科
  • カリン属

カリンの基本情報

ジャンル

果樹

形態

高木

学名

Pseudocydonia sinensis

別名

原産地

中国

カリンの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
カリンの育て方の画像

中国原産の落葉樹であるカリン(花梨)は、4月下旬ころからかわいくて香りのよいピンク色の花を咲かせます。そしてその後実を付けると、緑色だった実が10月から11月頃には、香りのよい黄色の熟した実となって収穫できます。

カリンは生では渋くて食べられませんが、とても香りがいいので、ジャムや砂糖漬け、果実酒、それに芳香剤などにも加工されています。咳止めや、のどの痛み止めとしても効果が期待できると言われていますので、カリンののど飴などをよく見かけますよね。

ここでは、そんなカリンの育て方についてご紹介したいと思います。

カリンの育てる場所

カリンは、比較的雨が少なくて、夏涼しい気候を好みます。そのため、日本であれば中部地方から北、北海道から南の地域で育てるのに適しています。暖かすぎる地域では大木になりやすく、成熟する前に実が落ちてしまいますので、カリンの栽培には向いていません。

カリンを育てるのには、日当たりが良くて風通しが良く、適度に湿気もありつつ、水はけのよい場所を選びましょう。

鉢植えやコンテナで育てる場合は、10号以上のものがおすすめです。

カリンの水やり

鉢植えやコンテナでカリンを育てる場合は、表土が乾いたらたっぷりと水やりをします。花芽が付き始める頃はやや控えめにし、真夏は朝夕1日2回、しっかりと水やりをして下さい。

地植えの場合は、根付けば特に水やりの必要はありませんが、乾燥しているようなら水やりをします。

肥料

肥料は、10月から11月の収穫後に即効性のある化成肥料を与えます。そして、落葉後の12月から1月頃に有機質の肥料を施します。

カリンの実付きが悪い場合があるのですが、これは肥料の問題ではなく、うまく受粉できていない可能性が高いです。特にベランダで育てている鉢植えなどは、人工受粉をした方が確実ですので、筆先で花の中をくすぐるようにかき回しておきましょう。

用土

カリンは、水はけが良くて肥沃な土を好みます。鉢植えなら、赤玉土6:腐葉土4または赤玉土7:腐葉土3といった混合土がよいでしょう。

病害虫

カリンには、さまざまな害虫が付きやすいので、注意しましょう。

新芽の茎などに付きやすいアブラムシや、枝に寄生するカイガラムシは、葉や茎の汁を吸う害虫です。見つけたらすぐに消毒をして駆除しましょう。

また、ゾウムシやシンクイムシによる果実の食害についても気を付けたいですね。5月下旬ころまでに袋かけをしておくことで予防できますので、ぜひやっておきましょう。

カリンの植え付け・植え替え

接ぎ木部分がしっかりとした苗木を選んで、冬場に日当たりが良くなる場所に植え付けます。

50センチ四方の植え穴を掘ったら、掘り上げた土には腐葉土を混ぜておきます。苗木を植えたら、若木の間は支柱を立てておきます。仕上げにワラやパークチップなどで株元を覆えば植え付け完了です。

鉢植えの場合は、水はけのよい用土に植え付け、実が成るようになったら、植え付けの時期に毎年植え替えをしてください。植え付けに適しているのは12月または3月です。

カリンの増やし方

カリンは接ぎ木で増やします。そのときに台木とするのは種から育てた苗木です。ちなみに、種から苗木に育つまでには何年もかかります。

カリンの剪定

カリンは、一般的に開心自然形に仕立てます。どのような形なのかというと、主幹の高さが60センチから90センチ程度で、主枝を3本くらい横方向に伸ばす形です。

鉢植えの場合も、同じ開心自然形でもいいのですが、U字形の方がおすすめです。2本の主枝をU字形に仕立てると場所を取らずに済むので、ベランダなどにも置きやすいですよね。

新梢の先端に付いたいくつかの芽が、春になると長く伸びて長果枝となり、新梢の下の方に付いた芽は短果枝となります。前の年に出た短果枝の先端に花芽が付いて、そこから実が成ります。前の年に出た長果枝の基幹部にも花芽が付き、実が成ります。

新梢の先端はなるべく残すようにして短果枝を多く付けさせ、長果枝は切り戻します。切り戻したところから短果枝が出るので、翌年さらによく実が付くようになります。

剪定は、通常は2年目以降の12月から2月頃に行うのですが、夏場には長い枝がよく伸びますので、夏季剪定も行った方が良いでしょう。夏に長い枝を伸ばしたままにしておくと、あまり実が付かなくなってしまいます。

カリンの花言葉

美しい花を咲かせて梨に似た実を付けることから、カリン(花梨)といいますが、どのような花言葉があるのでしょうか?

春になると、美しく香るピンク色の花を豊かに咲かせる様子から、カリンには「豊麗」とか「優雅」いった花言葉があります。

また、「唯一の恋」という花言葉もあります。たくさん花を咲かせるのに、唯一?と思うかもしれませんが、これは、カリンが恋多き女神アフロディーテの聖花であるところから来ていると言われています。「唯一の恋」には、女神が本当に恋しているのは夫だけという意味があるのです。

他に、「努力」「可能性」といった花言葉もあります。美しく香る花を咲かせ、カリンの実には薬効も期待でき、その木は高級木材としても重宝・・・、そんなカリンにはたくさんの可能性が秘められていますから。

まとめ

ここでは、中国原産の落葉樹である、カリンの育て方についてご紹介しました。

夏涼しくて日当たりの良いところを好むカリンですが、比較的コンパクトに育てることができ、狭い場所でも育ちます。そのため、ベランダで鉢植えやコンテナで育てることも可能です。

実を収穫できるまでには3年ほどかかりますが、収穫した実は、ジャムや砂糖漬け、果実酒などにして楽しむことができますし、のどの痛みや咳止めとしての効果も期待できて役立ちます。

庭木としては比較的管理も簡単な方なので、初心者の方にもおすすめですよ。

※トップ画像はk-kantaroさん@GreenSnap

家庭菜園の新着投稿画像

家庭菜園の新着コラム

家庭菜園の種類

ザクロ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ザクロの育て方へ

サルナシ

日当たりの良い場所を好みます。 サルナシの育て方へ

ヒョウタン

開運アイテムとしても知られ、飾っておくと家の中によい気を巡らせてくれる効果があります。 ヒョウタンの育て方へ

イチゴ(観賞用)

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 イチゴ(観賞用)の育て方へ

ヤーコン

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。冬場は室内に入れ、日当たり... ヤーコンの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード