コールラビの画像

コールラビの育て方

  • アブラナ科
  • アブラナ属

コールラビの基本情報

ジャンル

野菜

形態

二年草

学名

Brassica oleracea var. gongylodes

別名

カブタマナ,蕪玉菜,球茎キャベツ

原産地

地中海沿岸

コールラビの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

普通

耐暑性

普通

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

収穫

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
コールラビの育て方の画像

地中海地方原産のコールラビは、アブラナ科のとても栄養価の高い野菜です。

あまり知られていませんが、日本には、すでに明治時代には入ってきていますので、意外に歴史ある野菜だということがわかります。

カブのように丸く膨らんだ茎の部分を食べるというのがとてもユニークです。和名も「蕪甘藍(かぶかんらん)」とか「蕪玉菜(かぶたまな)」などといいますが、実際にはカブではなく、キャベツやブロッコリーの仲間です。

ここでは、そんなコールラビの育て方についてご紹介したいと思います。

コールラビの育てる場所

コールラビは、日の光を好みますので、日当たりが良くて風通しの良い場所で育てます。

そして、生育には20度くらいが適温だと言われています。

コールラビの水やり

畑に地植えする場合は、特に水やりは必要なく、自然の雨の恵みに任せて大丈夫ですが、夏場の乾燥しやすい季節には水が足りなくなることもあります。土が乾燥してしまっているようなら水やりをしてください。

プランター栽培の場合は、土が乾いたらたっぷりと水やりをします。乾燥には弱いので、水やりには気を配りましょう。

肥料

肥料は、まずは植え付け前の畝を作る段階で、畑に堆肥を1平方メートル当たり2キロ、化成肥料を1平方メートル当たり100グラムほど施しておきます。

そして、植え付けから2週間たったころから追肥を始めます。追肥は月に1回から2回ほど行い、1株当たり10グラム程度の化成肥料を施します。肥料を施したら土寄せしてくださいね。

用土

地植えの場合、植え付けの2週間くらい前から、畑に苦土石灰を1平方メートル当たり100グラムほどまき、よく 耕しておきます。さらに、植え付けの1週間前に堆肥と化成肥料を畑全体にまいてよく耕し、畝を作ります。

プランター栽培の場合は、野菜用培養土を使えばOKです。

病害虫

秋になって涼しくなるまでは、アオムシなどの害虫による食害が心配です。

そのため、コールラビを植え付けたら、畝を寒冷紗で覆ってしまい、害虫を予防しましょう。

コールラビの植え付け・植え替え

コールラビは涼しい気候を好むため、夏まきの野菜です。

7月下旬から9月上旬ころにポットに種まきをし、9月上旬から10月中旬頃、本葉が5枚前後出てきたら、植え付けをします。

根鉢を崩さないように、そっとポットから取り出したら、根鉢と同じくらいの大きさに掘った穴に植え付けていきます。畑には30センチ間隔くらいで植えていくとよいでしょう。

最後に、倒れないように株元に土寄せをして軽く押して馴染ませたら、水やりをしてください。

コールラビの増やし方

コールラビは、種まきで増やすことができます。

まずは、育苗ポットに種まき用の土を入れて、種を3粒ずつまきます。そして薄く土をかぶせたら、たっぷりと水やりをしてください。

芽が出たら、葉が重なり合うような箇所の間引きをしながら育て、本葉が3枚から4枚くらいになったところで、1つのポットに対して丈夫な1本を残すようにします。

さらに、本葉が5枚くらいまでに生育したら植え付けられます。

コールラビの手入れ

コールラビは、育ってくるにつれて、株元の 胚軸が見えてくることがあります。胚軸が見えたら倒れないように土寄せをしてください。

コールラビの収穫

コールラビは、種まきから収穫までの期間が、約60日から70日程度だといわれています。つまり、早ければ種をまいてからたったの2カ月で収穫して食べることができるわけです。

株元の丸くなった茎の大きさが直径6センチ前後になったら食べごろですよ。丸く膨らんだ茎の下をハサミでカットして収穫してください。

収穫が遅れると、茎がかたくなって割れてしまうことがありますし、何よりも味が落ちてしまいますので、食べごろの時期を逃さずに収穫できるといいですね。

コールラビの食べ方

コールラビには、薄緑だけでなく紫色の品種もあります。いずれも丸く膨らんだ茎の部分を食べるところが特徴的です。

料理すると味が染み込みやすいので、薄切りにしてスープや炒め物などに入れて食べるのがおすすめです。もちろんサラダにしてもおいしいですよ。味は、ブロッコリーの茎に似ています。

まとめ

ここでは、ちょっと変わった野菜、コールラビの育て方についてご紹介しました。

丸く膨らんだ茎の部分を食べるというのがユニークですよね。コールラビは、ビタミンCが豊富で栄養価も高い、優秀な野菜です。

寒さにも強くてとても育てやすいので、初心者の方も栽培しやすい野菜だと言えますので、ぜひ育てて食べてみてください。

※トップ画像はウマさんさん@GreenSnap

家庭菜園の新着投稿画像

家庭菜園の新着コラム

家庭菜園の種類

アセロラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 アセロラの育て方へ

オリーブ

一年を通して日当たりの良い場所で育てます。 オリーブの育て方へ

スモモ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 スモモの育て方へ

ブロッコリー

ブロッコリーは植え付け後、60日前後で収穫でき、春まき(2〜3月)なら6月ころ、夏まき(7月)なら1... ブロッコリーの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード