ごぼう(牛蒡)の育て方|栽培や収穫のコツは?その後の保存方法は?

  • キク科

ゴボウ(牛蒡)はユーラシア大陸を原産とする、キク科ゴボウ属の野菜です。秋冬の味覚として古くから愛されていて、栄養価の高さから、一目置かれた存在です。長らくゴボウを食用とするのは日本のみといわれていたものの、近年ではアジア諸国でも普及してきており、注目を集めています。

今回は料理で大活躍、ゴボウの育て方や栽培のコツをご紹介します。

ごぼう(牛蒡)の育て方:栽培する場所

ゴボウは日当たりのよい場所で栽培するのが適しています。耐暑性、耐寒性ともに高く、栽培しやすい野菜です。しかし、過湿を苦手としているので、排水性がよく、耕土の深い土壌を選びましょう。

ごぼう(牛蒡)の育て方:土づくり

ゴボウは水はけのよい土壌を好みます。さらに酸性土壌を嫌う性質があるため、酸度調整が必要です。

地植え栽培の場合

地植えでゴボウを栽培するときの土づくりは、植え付ける2週間前に、苦土石灰を1㎡あたり150gほどまき、土壌酸度を pH5.5〜6.5にします。1週間前になったら元肥として、完熟堆肥を1㎡あたり2kg、緩効性化成肥料を1㎡につき150gを施しましょう。

そのあとは、空気を含ませるように土を深く耕し、幅50~60cm、高さ10~30cmの畝をつくれば完了です。

プランター栽培の場合

プランターでゴボウを栽培するときの土づくりは、「赤玉土小粒6:バーミキュライト2:砂2」の配合土がおすすめです。または市販の野菜用培養土を使用します。

ごぼう(牛蒡)の育て方:種まき・植え付け

ゴボウは、春まきであれば3月、秋まきであれば9月に種まきします。種は植え付ける前日に、一晩水に浸けておくと、発芽しやすくなります。

地植え栽培の場合

ゴボウを地植えで栽培する場合は、土づくりのときにつくった畝に、直径5cm、深さ1cmのまき穴をあけます。ひと穴につき4〜5粒をすじまきしましょう。ゴボウの種子は好光性種子であるため、くれぐれも深植えしないように注意してください。

発芽がそろったら、中耕と土寄せを忘れずに行います。

プランター栽培の場合

ゴボウをプランターで栽培する場合、深さが限られている容器では、通常サイズのゴボウは栽培できません。ミニゴボウなどの短根種を選びましょう。また容器のかわりに30cm以上の深さがある袋を使用してもかまいません。

プランター植えでは1cm間隔ですじまきを、袋栽培では2〜3箇所に3〜4粒ずつ、種をまいていきます。

ごぼう(牛蒡)の育て方:水やり

ゴボウの水やりについては、乾燥に弱い幼苗のうちは、極端に乾燥に気をつけます。プランターでは表土が乾いたら水をたっぷり与えてください。やがて本葉4~5枚になったら、乾燥させてから水やりまでの時間を徐々に長くしていきます。地植えは水やり不要です。

ごぼう(牛蒡)の育て方:肥料・追肥

地植えでゴボウを栽培している場合、緩効性化成肥料を1㎡あたり150g、完熟堆肥は1㎡あたり2kg施します。プランターでゴボウを栽培する場合は、土10L当たり10gを土と混ぜておきましょう。

追肥は本葉2~3枚のころ、本葉5~6枚のころ、間引いたあとに、それぞれ緩効性化成肥料を株周りに施しましょう。1株あたり10g、または1㎡につき120gあたえます。

ごぼう(牛蒡)の育て方:収穫・収穫時期

ゴボウの収穫は種まきから2〜3ヶ月後、直径1cm以上に生長していれば適期となります。根元にスコップを挿し込んでから、葉柄をつかんで引き抜いて収穫しましょう。

地上部を刈り取り、そのまま地中に残しておくと、春に芽が生えて繰り返し収穫できるようになります。

ごぼう(牛蒡)の育て方:注意する害虫・病気

ゴボウの栽培で注意したい害虫や病気は、苗立枯病や黒斑病、コガネムシです。
病害虫は発見したらすぐに、薬剤を使用したり、払い落としたりして駆除してしまいましょう。

ごぼう(牛蒡)の保存方法

ゴボウは一度切ったり乾燥すると、早くに傷んでしまう野菜です。収穫したら土のついたまま新聞紙で包み、根の先が下になるようにして冷暗所に保存します。すでに洗ったゴボウは、濡らした新聞紙のうえからラップで包み、冷蔵庫に保存しましょう。

さらに1ヶ月ほど長期保存したい場合は、根元を2cm出した状態で土に埋め戻します。

ごぼう(牛蒡)はどんな食べ方ができる?

ゴボウは、シャキシャキとした特有の食感から、きんぴらごぼうはもちろん、サラダなどと合わせて楽しめます。さらにゴボウの皮には、豊かな香りやうま味が含まれているので、ごぼう茶をはじめとした、だしを活かした料理で楽しむこともできます。

ごぼう(牛蒡)の栄養・効果

ゴボウは、食物繊維やミネラルなどの栄養を多く含んでいます。なかでもイヌリンやセルロース、リグニンといった栄養素は、野菜のなかでもトップクラスの含有量を誇ります。いずれも腸管機能を活性化したり、がんや動脈硬化予防に効果があるといわれているので、積極的に摂取したいものです。

ごぼう(牛蒡)の花

ゴボウは夏の7〜8月頃になると、紫色で筒状の花を咲かせます。花の見た目は、アザミに少し似ています。

ごぼう(牛蒡)の育て方を覚えて、秋の味覚を楽しもう

ゴボウは万能食材であるとともに、私たちの健康も支えてくれる栄養がたくさん含まれています。家庭菜園であれば、数粒の種から収穫、調理を一通り楽めるのでおすすめですよ。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ゴボウの基本情報

ジャンル
野菜
形態
多年草
学名
Arctium lappa
別名
牛蒡
原産地
ユーラシア大陸

ゴボウの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
強い
耐暑性
やや強い
耐陰性

時期

種まき
3月 、9月
収穫
5月 、6月、11月、12月

ゴボウの新着投稿画像

みんなのゴボウの育て方

いいね
20

ゴボウ

リサイクル生ゴミの中から出てきたゴボウ
by.友喜
いいね
14

ゴボウの切れっ端を育ててみました

野菜クズだったゴボウがどこまで蘇るか?
by.しじみ
いいね
1

ゴボウの 種まき! 収穫は 12月 16日以降 (o^^o)!

耕すのも 、収穫時も 大変と思い 袋に 蒔い...
by.悟空

家庭菜園の種類

トマトの画像

トマト

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
ミニトマトの画像

ミニトマト

ブルーベリーの画像

ブルーベリー

ブルーベリーは場所もとらず、育てやすい為、手軽に楽しめる小果樹です。生食や、ジャム、スイーツなどにも...
キュウリの画像

キュウリ

鉢やプランター、地植えで育てることができます
オリーブの画像

オリーブ

一年を通して日当たりの良い場所で育てます。
オクラの画像

オクラ

鉢植えの場合、表面が乾いたら鉢底から水が流れるくらいたっぷりと水を与えます。水きれしないように注意し...