警告

warning

注意

error

成功

success

information

杏(アンズ)

『臆病な愛』『乙女のはにかみ』『疑い』『疑惑』。「乙女のはにかみ」は、サクラより一足先に、やさしいピンクの花を咲かせることに由来するといわれています。6月ごろ、オレンジ色の実をつけます。ジャムやシロップなど加工品としての利用も多い果物です。花期は3~4月、旬の時期は6~7月です。
コラム
1件
投稿画像
907枚

杏(アンズ)の新着コラム

いいね済み
0
2021.11.22

落葉広葉樹とは|特徴や庭木におすすめの種類は?

植物は大きくわけて、葉が一気に落ちるタイプのものと、落ちないものがあります。このページでは、決まった時期になると葉を落とす落葉広葉樹について解説してい...
by.greensnap

杏(アンズ)の新着投稿画像

いいね済み
140
醜男
杏/杏子(アンズ) バラ科アンズ属の落葉小高木。ウメの近縁種で英名はアプリコット。中国北部の山岳地帯原産で奈良時代に渡来した馴染み深い果樹。樹皮に細かい縦筋が入り、樹形はウメより直立した形。花期は3~4月。花は葉よりも先に開くが、香りはない。花弁は5枚で淡紅色、紫色の萼片が反り返る。葉はウメより幅が広く葉柄も長い。果実は核果。6月ごろ黄色〜橙色に熟す。縦に溝が入り、表面にはビロード状の毛が密生する。古くは熟した果実を土の中に埋めて果実を腐らせて堅い内果皮の殻を叩き割って種子(仁)を採った。植栽は長野県、青森県など冷涼な地域に多い。 栽培の歴史は古く、中国北部から中央アジア、イラン、トルコなどを経てヨーロッパへ達したグループと、中国北部から日本に伝えられたグループがある。前者は乾燥条件に適応し酸味が少なく甘みが強い。後者は湿潤条件によく耐えるが、酸味が強く、生食にはやや不適で加工されることが多い。日本では明治時代からジャム、干しアンズ、缶詰に利用するようになった。種子(仁)には苦味が強いものと甘いものとがあり、前者は薬用(鎮咳・鎮痛効果)に、後者はナッツとして利用されるが、日本の品種は苦味が強い。小粒の苦いアンズ『苦杏(クーシン)』の種子(仁)を『杏仁』といい、これを原料にして杏仁豆腐が作られる。 奈良時代に唐(中国)から渡来したことから、当時は唐桃(カラモモ)と呼んでいた。その後、中国では『杏』『杏子』と書き、唐音で『アンズ』ということが分かったのでカラモモを改めアンズとした。現在もアンズと呼ばれるが、カラモモの別名も残る。 出典『食材図典』『樹木 見分けのポイント図鑑』『里山の花木 ハンドブック』『薬草の呟き』『樹木の名前』
いいね済み
112
醜男
杏子(アンズ) バラ科アンズ属の落葉小高木。ウメの近縁種で英名はアプリコット。中国北部の山岳地帯原産で奈良時代に渡来した馴染み深い果樹。樹皮に細かい縦筋が入り、樹形はウメより直立した形。花期は3~4月。花は葉よりも先に開くが、香りはない。花弁は5枚で淡紅色、紫色の萼片が反り返る。葉はウメより幅が広く葉柄も長い。果実は核果。6月ごろ黄色〜橙色に熟す。縦に溝が入り、表面にはビロード状の毛が密生する。古くは熟した果実を土の中に埋めて果実を腐らせて堅い内果皮の殻を叩き割って種子(仁)を採った。植栽は長野県、青森県など冷涼な地域に多い。 栽培の歴史は古く、中国北部から中央アジア、イラン、トルコなどを経てヨーロッパへ達したグループと、中国北部から日本に伝えられたグループがある。前者は乾燥条件に適応し酸味が少なく甘みが強い。後者は湿潤条件によく耐えるが、酸味が強く、生食にはやや不適で加工されることが多い。日本では明治時代からジャム、干しアンズ、缶詰に利用するようになった。種子(仁)には苦味が強いものと甘いものとがあり、前者は薬用(鎮咳・鎮痛効果)に、後者はナッツとして利用されるが、日本の品種は苦味が強い。小粒の苦いアンズ『苦杏(クーシン)』の種子(仁)を『杏仁』といい、これを原料にして杏仁豆腐が作られる。 奈良時代に唐(中国)から渡来したことから、当時は唐桃(カラモモ)と呼んでいた。その後、中国では『杏』『杏子』と書き、唐音で『アンズ』ということが分かったのでカラモモを改めアンズとした。現在もアンズと呼ばれるが、カラモモの別名も残る。 出典『食材図典』『樹木 見分けのポイント図鑑』『里山の花木 ハンドブック』『薬草の呟き』『樹木の名前』
いいね済み
112
醜男
杏子(アンズ) バラ科アンズ属の落葉小高木。ウメの近縁種で英名はアプリコット。中国北部の山岳地帯原産で奈良時代に渡来した馴染み深い果樹。樹皮に細かい縦筋が入り、樹形はウメより直立した形。花期は3~4月。花は葉よりも先に開くが、香りはない。花弁は5枚で淡紅色、紫色の萼片が反り返る。葉はウメより幅が広く葉柄も長い。果実は核果。6月ごろ黄色〜橙色に熟す。縦に溝が入り、表面にはビロード状の毛が密生する。古くは熟した果実を土の中に埋めて果実を腐らせて堅い内果皮の殻を叩き割って種子(仁)を採った。植栽は長野県、青森県など冷涼な地域に多い。 栽培の歴史は古く、中国北部から中央アジア、イラン、トルコなどを経てヨーロッパへ達したグループと、中国北部から日本に伝えられたグループがある。前者は乾燥条件に適応し酸味が少なく甘みが強い。後者は湿潤条件によく耐えるが、酸味が強く、生食にはやや不適で加工されることが多い。日本では明治時代からジャム、干しアンズ、缶詰に利用するようになった。種子(仁)には苦味が強いものと甘いものとがあり、前者は薬用(鎮咳・鎮痛効果)に、後者はナッツとして利用されるが、日本の品種は苦味が強い。小粒の苦いアンズ『苦杏(クーシン)』の種子(仁)を『杏仁』といい、これを原料にして杏仁豆腐が作られる。 奈良時代に唐(中国)から渡来したことから、当時は唐桃(カラモモ)と呼んでいた。その後、中国では『杏』『杏子』と書き、唐音で『アンズ』ということが分かったのでカラモモを改めアンズとした。現在もアンズと呼ばれるが、カラモモの別名も残る。 出典『食材図典』『樹木 見分けのポイント図鑑』『里山の花木 ハンドブック』『薬草の呟き』『樹木の名前』

杏(アンズ)の基本情報

ジャンル
果樹
形態
高木
学名
Armeniaca vulgaris
別名
原産地
中国

杏(アンズ)の性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
強い
耐暑性
やや弱い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
1月, 2月, 3月, 12月
肥料
2月, 5月, 10月
開花
3月, 4月
収穫
6月, 7月
剪定
1月, 12月

家庭菜園の種類

ピーマン

日なたを好みますので、できるだけ日光の当たる場所へ置いてください。真夏の直射日光も問題ありません。寒

落花生

日当たりの良い場所を好みます。栽培適温は25~28℃になります。

枝豆

レタス

スベリヒユ

ナツミカン

日当たりの良い場所を好みます。

グレープフルーツ

風通しがよく、日当たりの良い場所で育てます。

ジャボチカバ

幹に直接白い花を咲かせ、巨峰のような果実をつけます。果実は緑色から濃紫色になり、味もブドウに似ていま

ギョウジャニンニク

パイナップル

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に

イチゴ(観賞用)

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。

大豆

日当たりが良く、水はけの良い場所を好みます。

ルッコラ

日当たりを好みます。真夏の直射日光下では葉がかたくなってしまうので、明るい日陰で育てるか、遮光ネット

ナツメ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。

ワイルドストロベリー

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。