アロエ・ベラの画像

アロエ・ベラの育て方

  • ツルボラン科
  • アロエ属

アロエ・ベラの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Aloe barbadensis

別名

アロエバルバデンシス

原産地

南アフリカ

アロエ・ベラの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

強い

耐暑性

やや強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
アロエ・ベラの育て方の画像

アロエ・ベラの育て方

アロエ・ベラは、アロエ科のアロエ属に分類されている多肉植物の総称である「アロエ」の中の1種です。

健康ジュースとしても、薬効がよく知られていて人気があります。

そんなアロエ・ベラの育て方について次から詳しく見ていくことにしましょう。

基礎情報

日当たり

アロエ・ベラは、日光を好みますので、しっかりと当ててあげる事が大切です。

また多肉植物でもあるので、乾燥にも強いという性質を持っています。

しかし、きちんと発根をするまでに、直射日光に当ててしまうと、外側にある葉が細くなってしまったり、茶色くなって変色したりしやすいです。

ですから、夏場などの気温が高い日や、夏以外でも直射日光が強い日などは、戸外ではなく屋内へと移動させてから、根腐れを防ぐために、土が完全に乾くまでは絶対に水やりをしないようにしましょう。

庭に地植えなどで屋内への移動が無理な場合には、遮光ネットを利用して覆うのでもOKです。

戸外ではなく屋内で鉢植えで育てたい場合であっても、できる限りお天気が良い日は外に出すようにして日光浴はさせてあげましょう。

しかしこの場合にも、真夏などの強い日差しの日には葉焼けを起こしやすい為、注意が必要となります。

 

置き場所

アロエ・ベラは、日本ではポピュラーであるキダチアロエと比べると、寒さに弱い性質があります。

その為、寒さには注意を払う必要があります。

日中の気温がだいたい10℃前後くらいになった時には、室内へ移動させる方が良いでしょう。

特に冬場などは、玄関先や窓際は想像以上に夜間は冷え込みますので、そういった場所に置く場合には、ダンボールなどを被せてあげて保温するのがおすすめです。

基本的にアロエ・ベラは、季節によって室内や室外へと移動させる必要が出てくるので、庭に地植えするよりも、プラスチック製の鉢やプランターなどの丈夫で軽いものに植えると楽で便利です。

基本的にはアロエ・ベラは、日当たりが良く乾燥している場所に置くと良いですが、季節や気温によって、臨機応変な対応をする事が大切です。

 

水やり

アロエの1種であるアロエ・ベラは、元々が乾燥地帯原産の多肉植物である為、乾燥には強い性質を持っています。

ですので、水のやり過ぎは禁物です。やり過ぎてしまうと、根っこが腐ってダメになってしまいます。

夏場の水やりは、土が乾いているのが確認できたら、水やりを行うようにします。夏場は基本的には毎日行う方が良いです。

しかし少々水やりを忘れてしまっても大丈夫です。

アロエ・ベラの葉は、水分をゼリー状の部分で蓄える機能を持っていますので、水の量が少なめであっても、すぐに枯れてしまうという事はありません。

また水やりの時間帯は、夏場の朝に行うのは良くありません。

日中に気温が上昇する事により、地中温度も上がって、根っこへのダメージが大きくなりやすいからです。

ですので夕方に行うのがおすすです。夕方〜夜にかけて、植物の根というのはよく吸水して、株全体に水分が行き渡るからです。

アロエ・ベラの、冬場の水やりについては、土の状態を良く確認して、2周間〜1ヶ月に1回程度でも大丈夫です。

寒い冬場に水やりをし過ぎてしまうと、水分の多いアロエ・ベラは、根っこが凍ってしまってダメになりやすいので注意が必要です。

 

肥料・追肥

よくアロエ・ベラには肥料は必要ないと言われます。

肥料をやり過ぎてしまうと、大きく生長はしますが間延びしたような感じになります。

もし肥料を施したいのであれば、以下の事を覚えておく必要があります。

健康なアロエ・ベラの葉の色は、深緑色をしています。

しかし、もし葉が黄色くなっているような場合には、それは窒素の肥料が不足している事が原因です。

アロエ・ベラを元気に育てたい場合には、やはり肥料は適度に必要です。

アロエ・ベラには、堆肥や牛糞などの有機肥料が向いています。食用として育てる場合には、特に化学肥料は使わない方がいいでしょう。

また化学肥料は、根を傷めてしまう可能性も高くなります。健康な葉を育てるには、見えない根っこ部分が重要となります。

またアロエ・ベラは、害虫にも強いので、農薬の使用などは以ての外です。

植え替えをする際に、発酵済みの有機肥料を元肥として与えるようにします。

アロエ・ベラの生育期は、5〜7月と9〜10月頃です。

ですから成長期の始まる前の4月と8月には有機肥料を追肥として施します。効果は約2周間程度です。

その際、必ず根っこから離して、土の中に埋め込むようにして下さい。そして発酵が進みやすいように土を被せるようにします。

 

用土

アロエ・ベラには、水はけが良い土が向いています。

しかし酸性の土には弱い性質がある為、石灰を使って調節するようにして下さい。

今では、排水性に優れているアロエ専用の用土も販売されていますのでそういうのを利用しても良いでしょう。

自分で作りたい場合には、「腐葉土:2〜3:赤玉土7〜8」の割合で配合して作った土を使うのがおすすめです。

 

植え替え・植え付け・種蒔

アロエ・ベラは、種蒔ではなく、子苗か挿し木苗から育てる事が一般的です。

用意するものは、アロエ・ベラの苗、プラスチック鉢、用土、軽石、肥料などです。

用土は、植え付けを行う前に均等に混ぜてから、水をやって手がべとつかない程度まで湿らせておきます。

湿らせた用土に苗を植え付けるのがポイントです。

鉢底には大きめの軽石を数cmの厚さにまで入れて水はけを良くしましょう。

アロエ・ベラの植え替えには春が適しています。植え付けてから1〜2年経過したアロエ・ベラは今よりも一回り大きいサイズの鉢の中へ丁寧に植え替えるようにします。

植え替え時の用土には、自作した混合土ではなく、市販で販売されている培養土(花・野菜用)を利用した方が、アリなどの卵の心配がありませんのでおすすめです。

植え替え時には、元肥としての有機肥料を施すようにしましょう。

 

増やし方

アロエ・ベラは、子株で増やします。アロエ・ベラというのは、だいたい3年目の秋頃に根元部分から多くの子株が芽を出してきます。

翌春までは親株と一緒にそのまま育てます。湿気には注意しましょう。

翌春になったら、子株は小さめの鉢もしくは庭に植え替えるようにします。

子株はサイズが10〜15cm程度に生長してから植え替えるようにしないと根が十分に生長しませんので注意して下さい。

 

病気・害虫

アロエ・ベラはとても丈夫なので特に病害虫の心配はありません。

 

管理温度

アロエ・ベラの生育の適温は、15〜25℃くらいです。

冬など5℃以下になったら防寒対策が必要となります。

日中の気温が10℃前後くらいになれば、戸外から室内へと移動するようにします。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

アロエ・ベラの花は黄色で、花芽がいくつか分岐して単一の軸に付きます。

花芽の茎が伸びてきて、下の方から段々と開花をしますが、すぐに花びらは散ってしまいます。

 

トリビア

花言葉

アロエ・ベラの花言葉には、「健康」「信頼」「万能」が」あります。

 

由来伝承

アロエ・ベラの名前の由来ですが、「ベラ」というのはラテン語で「真実」という意味があります。

世界的に有名な植物学者が「真実のアロエ」という意味で名付けたと言われています。

アロエ・ベラはアラビア半島南部などで自生しています。

日本のキダチアロエよりもサイズが大きいのが特徴で、美容や健康にも良い事で知られています。

ジュースなどにも利用されています。またキダチアロエよりもゼリー質部分は多くなっています。

 

まとめ

今回は、アロエ・ベラの育て方についてご紹介してきました。

殺菌&消毒、火傷、美容効果など様々な薬効がある事でも知られているアロエ・ベラ。ジュースも人気があります。

ぜひこの記事を参考にして、ご自分で育てたアロエ・ベラで、色々と楽しんでみてはいかがでしょうか?

丈夫ですのでポイントを押さえれば初心者にも育てやすいのでおすすめです。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

モリムラマンネングサ

晩春に黄色い小さな花が咲きます。丈夫で環境耐性のある植物なので、グランドカバーに最適です。 モリムラマンネングサの育て方へ

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。 金のなる木の育て方へ

福娘

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 福娘の育て方へ

ミドリノスズ

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良... ミドリノスズの育て方へ

ベルム

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 ベルムの育て方へ

アロエ・ディコトマ

日当たりがよく、乾燥している環境を好みます。 アロエ・ディコトマの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード