鉄甲丸の画像

鉄甲丸の育て方

  • トウダイグサ科
  • ユーフォルビア属

鉄甲丸の基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

低木

学名

Euphorbia bupleurifolia

別名

テッコウマル

原産地

南アフリカ

鉄甲丸の性質

栽培難易度

普通

耐寒性

普通

耐暑性

弱い

耐陰性

あり

鉄甲丸の育て方の画像

鉄甲丸の育て方

「鉄甲丸」といういかにも強そうな名前の植物を知っていますか。

見た目はパイナップルのような、ソテツのような外観をした植物です。

そのユニークな姿は多肉植物愛好家だけでなく、一般にも人気があります。少し管理が難しいので、詳しくみていきましょう。

基礎情報

日当たり

南国を思わせる見た目通り、日光が好きな植物です。春と秋の生長期には、直射日光によく当てるようにしましょう。

ただ真夏の直射日光は強すぎるため、遮光材などで光を遮ります

生育期にできるだけ日に当てるようにすると、花つきがよくなります。

 

置き場所

日当たりがよく、風通しのよい場所が適しています。鉄甲丸は蒸れにとても弱い植物です。

室内で管理する場合は、特に蒸れに注意し、梅雨の時期などは小さな扇風機やサーキュレーターで室内の空気を循環させると効果的です。

屋外で管理する時は、真夏の直射日光に当たらない場所を選びましょう。

強い日差しは鉄甲丸の葉が焼けてしまう原因にもなります。

 

水やり

春や秋と比べ、生長がやや衰える時期です。

春秋は、土が中の方まで十分に乾いたらたっぷりと水をやるのですが、夏はそれよりももう少し水やりの間隔をあけましょう。

土の中まで乾いたのを確認してから、2〜3日後が目安です。

土の中を確認するには、割り箸のような細長い棒を土に挿してみます。

割り箸に湿った土がつくようなら、まだ水やりは控えておきます。

冬は休眠期に入ります。ほとんど水は必要としません。月1回程度、たっぷりではなく土の表面が湿る程度に水をあげます。

1ヵ月たっても、土が湿っているようであれば水やりは控えましょう。

低温時に多く水をあげてしまうと根腐れを起こし、腐りやすくなってしまいます。

ただし完全に乾かしてしまうと、葉っぱが落ちてしまうことがあります。しっかりと様子を見ることが大事です。

 

肥料・追肥

春と秋の生育期に与えます。それほど肥料を必要としませんので、緩効性の肥料を1〜2回与える程度で十分です。

また春に与えた肥料が、夏の高温期に残っていないか確認もしましょう。肥料の与えすぎは、逆に株を弱らせてしまいます。

 

用土

水はけをよくするために、赤玉土と鹿沼土をそれぞれ4割、腐葉土を2割で配合します。

園芸店やホームセンターなどで購入が可能です。

山野草向けの用土が安心ですが、サボテン・多肉植物用のものでも利用できます。

 

植え替え・植え付け・種蒔

適期は5〜6月までで、10月頃まで適期です。植え付ける際は、過湿を防ぐ配慮をしなければなりません。

屋外でしたら石垣の上などが適していますが、有効なスペースがない場合は、レイズドベッドを作るとよいです。

レイズドベッドとは庭土の上に盛り土をして周りをレンガなどで固定したもののことです。

これですと庭土の状態が悪くても根腐れを起こす確率が大分低くなります。

植える際は土をあまり深く掘らず、浅植えにして株元を砂利やパークチップなどで覆いましょう。

また植え替えは庭植えですと数年は必要ありません。鉢植えの場合は根詰まりを起こしていたら植え替えます。

2〜3年が目安です。一回り大きな鉢を用意し、古い土を落としてから新しい土に植え替えましょう。

 

増やし方

挿し木で増やすことができます。まず頂芽を切ります。

切り口からは白い樹液が出ますので、それをよく洗い流してから乾燥させます。

この時注意しなければいけないのは樹液です。直接肌についてしまうと、人によっては炎症を起こす場合もあります。

液が手につかないように気をつけるか、作業中は手袋を使用するなどして工夫しましょう。

切って出てくる白い液が、固まってしまうと根が出にくくなってしまう可能性がありますのでしっかりと洗い流しましょう。

洗っても白い液が滲み出てくるときは水に浸けておいてください。

切り口が完全に乾いたら用意したパーライトや鹿沼土の入った挿し木用の容器に挿します。

挿してから1週間程度は水をやる必要はありません。その後、霧吹きなどを使って土の表面を軽く湿らせます。

 

病気・害虫

葉っぱの裏側にコナジラミが発生することがあります。

そのままにしてしまうと、葉っぱが黒っぽく汚れたようになってくるので、見つけたらすぐに薬剤を散布しましょう。

また蒸れてしまうとさび病やうどんこ病などにかかることがあります。なるべく風通しをよくしてあげることが必要です。

 

管理温度

寒さにはそれほど強くないですが、5℃以上あれば冬を越すことができます。

ただし、室内でも深夜から早朝にかけては気温が下がるので、5℃を下回るようであればなんらかの寒さ対策が必要です。

地域によって寒さが異なりますが、室内でも寒いと凍傷になる可能性があります。

小さな鉢でしたら、発泡スチロールの箱や保温バッグなどに入れると、夜の冷え込みを和らげることができます。

大きな鉢はダンボールや紙袋をかぶせるだけでも大分違います。

ただそのままにしてしまうと、日光に当たらなくなってしまうので、朝になったら外してあげるのを忘れないようにしましょう。

 

種類・品種

鉄甲丸は、トウダイグサ科のユーフォルビアに属しています。

このユーフォルビア属は2000種以上もあり、一年草や多年草、多肉植物とその形態も様々です。

鉄甲丸は多肉植物に分類され、日本でも古くから知られており、人気種の一つです。

また鉄甲丸を元に生まれた品種に「蛾眉山」があります。

こちらは鉄甲丸よりも丈夫な種になっています。鉄甲丸と蛾眉山を交配させた「蘇鉄麒麟」という品種もあります。

鉄甲丸はいろいろな品種と交配されており、区別が難しい場合もあります。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

頭頂部に杯状の小さな黄色い花が咲きます。

この花はサイアチアと呼ばれ、ユーフォルビア属に共通した特徴です。しかし株が大きく育たないと花はなかなか咲きません。

 

トリビア

風水

風水では葉っぱが垂れ下がり、下に向いて育つ植物には気を静める効果があるとされています。

寝室などにおくと、質のよい睡眠が得られる効果があります。

また「長く垂れ下がる」ことで恋愛運がアップするともいわれています。

 

花言葉

鉄甲丸の花言葉は残念ながら定かではありませんが、鉄甲丸が属しているユーフォルビアには「控えめ」「明るく照らして」などの花言葉があります。

ユーフォルビアの和名である「トウダイグサ」をもとに「明るく照らして」という花言葉が生まれたとされています。

 

由来伝承

「鉄甲丸」とは和名であり、学名は「ユーフォルビア・ブプレウリフォリア」です。

セリ科の一年草植物「bupleurum」、葉「folium」を合わせた言葉で、その意味は「ブプレウラムのような葉の」になります。

ブプレウラムの葉っぱの形は細長く反っていて、鉄甲丸の葉っぱもそれに似たような形になっています。

bupleurumを分けると「bous」という雄牛の意味と「pleuron」という肋骨の意味を合わせた言葉から作られています。

この言葉の意味の通りの形をしています。鉄甲丸の葉っぱが落ちた跡に、松ぼっくりのようなあの独特の凹凸ができます。

「鉄甲丸」という和名の由来は定かではありませんが、この凹凸はなんとなく鎧を連想させるので、鉄甲丸という和名がつけられたのかもしれません。

 

まとめ

そのごつごつした姿といい、鎧を連想させる和名といい、鉄甲丸はどこか男気を感じさせる植物です。

単純かと思いきやその反面、気難しい性質や弱い部分もあり、なかなか一筋縄ではいきません。

花を咲かせるのも少し苦労しなければならないです。管理がやや難しい面もありますが、それもまた魅力の一つです。

ぜひ、長く育ててみてください。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『鉄甲丸の育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 ゲッカビジンの育て方へ

紅司

赤い筋の模様が美しい品種。 紅司の育て方へ

星美人

風通しと日当たりの良い場所で育てます。 星美人の育て方へ

ビアホップ

形状が玉つづりに非常に似ているが、玉つづりに比べると葉の先が丸く葉っぱが落ちにくい。 ビアホップの育て方へ

ムスコーサ

細長い姿がユニークな多肉植物。 ムスコーサの育て方へ

マハラジャ

柱状に育つユーホルビア・ラクテアが帯化し、葉要素が抜けるようになった品種です。タイで栽培された物が多... マハラジャの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード