エレガンスの画像

エレガンスの育て方

  • ベンケイソウ科
  • エケベリア属

エレガンスの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Echeveria elegans

別名

月影,エケベリア・エレガンス

原産地

メキシコ

エレガンスの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや強い

耐暑性

やや強い

耐陰性

時期

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
エレガンスの育て方の画像

多肉植物の中で、エレガンス(月影)は丸みのある柔らかい葉っぱをしており、半透明のエッジが綺麗で人気です。

多肉植物エレガンスの魅力と育て方についてまとめました。かんたんに増やせます。

基礎情報

日当たり

春と秋は直射日光の下で日光浴をさせます。夏は半日陰で育てます。

雨水がかからない風通しが良い所が好ましいので、できれば軒下が一番夏越しに向いています。

暑さや蒸れには十分配慮しましょう。冬は、雪が降りそうな日は部屋の明るいところに取り込みます。

冬場に凍るからといって、屋内にしまい込むと軟弱になってしまいます。

ときには、日中の温かい日をねらって、屋外で日光浴をさせてやります。

そうすると、春に日に当てても葉焼けを起こす心配が減ります。

 

置き場所

日当たりと風通しのよいところで栽培します。春と秋は、日光に当たるところにおいておきます。

梅雨の時期から夏は、雨を避ける理由から、真夏は直射日光を避ける理由から、軒下に置くのがおすすめです。

霜の降りる前までは戸外で育てられます。冬場は最低気温が5度以下になったら、室内に取り込み、日の当たる場所に置きます。

長雨に当たらない場所であれば、冬と夏の季節にも外で育てることも可能ではあるので、庭植えもできます。

ただし、霜と雨には十分に気をつけましょう。

 

水やり

春の生長期には、用土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

エレガンスは葉が大きくて内向きになっているので、上から水をかけてしまったとこと、葉と葉の間に水が溜まって、根まで水が届かないという失敗を、園芸初心者はやりがちです。

また、このような水やりを続けていると葉焼けを起こしたり、菌が繁殖して葉が傷んでしまいます。

底面給水の方法をとると、鉢底から水を上げていくので、前述した状況を避けることができます。

底面給水は、夏でしたら比較的涼しい夕方に行います。20分程度水につけましょう。

夏場の水やりの回数は、春よりも減らして下さい。水やりの頻度は、2〜3週間に1回程度に留めます。

秋のエレガンスは、春同様に生長期ですので、たっぷりと水を与えます。土の中が完全に乾いたら、水をたっぷりと与えます。

慣れないうちは竹串や割り箸などを土に刺しておいて、必要になったら鉢に水を入れていく方法もあります。

心配で水をやりすぎるのは根腐りの原因となりますから、用土が乾いてから、もしくは少し乾かし気味で大丈夫です。

この時も葉っぱに水がかからないように、水を注ぐか底面給水をします。

冬の水やりは、生長が滞っていて給水ができない状態ですので、極力減らします。

葉に張りがなくなったと感じたら水やりをする程度です。夏同様に乾かし気味にします。

 

肥料・追肥

多肉植物であるエレガンスは、葉に栄養と水をためて育っています。そのため、たくさんの肥料を定期的に与える必要なありません。

4月〜6月、9月〜10月の生長期に、約15日に1回の頻度で、液体肥料を与えます。

真夏や冬は生長が止まっていますので、元気がないといって肥料を与えると根が腐って枯れます。

 

用土

一般的な多肉植物用の培養土を使うか、自分で土を配合したい場合は、小玉の赤玉土とピートモスの比率を7︰3で混ぜた用土にしましょう。

元肥として緩行性化成肥料を混ぜても構いません。

 

植え替え・植え付け・種蒔

多肉植物も、長い期間同じ鉢植えに植えておくと、密度が高まり水はけが悪くなります。

また、茎の部分が伸びで背が出てしまうと、せっかくの多肉植物本来の姿からかけ離れてしまいます。

頂芽から離れた葉が枯れてきたら、植え替えをするサインです。

植え替えするべきタイミングとして、他には鉢底から根が見えてきたり、下の方の葉が落ちてしまって、そこからまた株が育ってきている場合などです。

このような様子になったら、春か秋に植え替えをします。時期としては3月から4月がベストです。

以前植えていた鉢よりも、一回り大きい物を使って下さい。

植物を傷つけないように、また根についている土を剥がさないようにもして、元の鉢から引き出し、土をいれた鉢に植え替えます。

鉢の縁から2〜3cmほど下に土がくる高さにしたら、割りばしで鉢の際をつつき、根と土がなじむようにします。

苗が浮かないことを確認したら、明るい日陰で管理します。

すぐには水を与えず、5日ほどたって根が落ち着いてから水を与えるのが、他の植物と違う多肉植物の植え替えの特徴です。

コンパクトにしたいときは、根を短く切り取り、葉もその分減らし、小さい鉢に植え替えます。

 

増やし方

エレガンスの増やし方の代表的なものとして、「葉挿し」があります。

葉を剥がすように、付け根から途中で切れないようにそっと摘み取ったものを使います。

そして、バーミキュライトの上に付け根が軽く触れるようにして置きます。水やりはせずに、直射日光が当たらない場所で管理します。

10〜30日で根と新しい芽が生えてきたら、根をバーミキュライトに埋めて初めて水やりをします。

2〜3ヶ月経つと苗へと生長します。その他の増やし方に、「挿し木」「株分け」があります。

すぐに苗になるので、大きな株をいくつも揃えたい人に向いています。

 

病気・害虫

茎や葉には害虫カイガラムシ、アブラムシ、ハダニ、アザミウマなどが発生します。

根にはネジラミが発生します。見つけ次第取り除きましょう。

 

管理温度

春から秋にかけて、管理温度を気にすることなく育てられます。

冬の寒さには気を払い、5度を下回るときは必ず室内で管理しましょう。越冬の温度は0度から3度です。

越冬時期は水やりを極力減らすこと、日中は日に当たる屋外に出したり、窓際に置くようにして下さい。

 

種類・品種

アルビカンス」、「アルバ」、「ケッセルリンギアナ」、「ヒアリナ」、「ポトシナ」「雪影」は現在、Echeveria elegans (エレガンス)系に統合されています。

また、エケベリアエレガンスの園芸名が「月影」とされています。

「月影」は肉薄なのに対し、「アルバ」は肉厚です。「雪影」は「月影」よりも葉が細みです。

葉が白っぽいもの、紫っぽいものなど、エレガンス系の多肉植物にも少しずつ特徴が異なりますが、並べて見ないと判断が素人には難しいです。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

春から夏にかけて葉の間から花茎をのばし、花を咲かせます。色はピンク色掛かって見えます。

エレガンスの魅力は紅葉です。秋から春にかけて紅葉します。

春から夏にかけて、十分に日光に当たったものがきれいに紅葉します。なお、紅葉が始まったら肥料を少なくして下さい。

 

トリビア

風水

葉の向きが上向きになっていることから「陽の気」が蓄えているとされています。運気を上げる効果があります。

 

花言葉

エレガンスの花言葉は「優美」「たくましい」です。

 

まとめ

エケベリア属エレガンス(月影)は、大きなバラの花が咲くイメージを与えてくれるような、見た目が美しい多肉植物です。

春秋育成型の多肉植物として栽培します。春と秋が生育期となって、真夏と冬は休眠します。

高温多湿に弱く、梅雨時期には雨にかからないようにします。霜も同様に、弱る原因ですから当たらない場所に移動させます。

冬は部屋の中が良いでしょう。

直径10センチほどに生長し、葉の色は青緑色に白色がかっており、夏ごろピンク色の花を咲かせます。

秋には紅葉し、一年にいろいろな姿を見せてくれる多肉植物でも、特に観賞に優れたな品種です。

増やし方には「葉挿し」「挿し木」「株分け」があります。どれも簡単に根が出るので、どんどん増やすことができます。

 

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの種類

唐印

扇状の葉が特徴的で全体が白い粉で覆われる。カランコエとしてはめずらしく葉挿しが出来ない品種。 唐印の育て方へ

マハラジャ

柱状に育つユーホルビア・ラクテアが帯化し、葉要素が抜けるようになった品種です。タイで栽培された物が多... マハラジャの育て方へ

大雲閣

サボテンのような見た目で多肉性のユーフォルビア属です。成長し始めはまっすぐですが、休眠期には波打ちま... 大雲閣の育て方へ

神刀

刀の様な葉っぱを交互に展開するユニークな植物。夏に赤く鮮やかな色の花を咲かせる。 神刀の育て方へ

紅彩閣

基部から分岐して高さが1mほどになります。刺は生え始めが暗めの赤色で、だんだんと黒っぽい紫帯びた色へ... 紅彩閣の育て方へ

バイオエンシス

根元からたくさん茎を出し、新芽も芽吹きます。白い棘が印象的ですが、先端は赤っぽくなっていますが次第に... バイオエンシスの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード