唐印の画像

唐印の育て方

  • ベンケイソウ科
  • カランコエ属
唐印の育て方の画像

カランコエの仲間で、冬に小さな花を咲かせることから鉢花としても流通している唐印(デザートローズ)という品種があります。

秋には葉っぱが紅葉し、ローズのように見えるゴージャスな唐印(デザートローズ)の育て方についてご紹介します。

基礎情報

日当たり

日当たりの良い場所を好みますので、極力日のよく浴びせられる場所を選んで下さい。

春から秋にかけても、直射日光に当てても構いません

しかし真夏の日差しは強いので、葉焼けなど起こさせないように直射日光に当たらない明るい日陰で管理するようにしましょう。

冬は、寒さに弱い性質ですので日当たりの良い場所という条件は変わりませんが、室内に移して育ててください。

1年の中で晴れて温かい日であれば、日光浴をさせて元気をチャージさせてあげるよいいですよ。

 

置き場所

花が咲いた後から秋には、雨の当たらない所で育てていくようにしましょう。

梅雨の時期は特に軒下などの屋根のある場所へ運ぶようにしてください。

唐印(デザートローズ)は寒さに弱いので冬は室内管理になります。

室内の日光の良く当たる場所で育てられるようにしておいてください。

 

水やり

唐印(デザートローズ)は多肉植物ですので、葉の中に水を貯めておける性質があります。

基本的には乾燥していても枯れることがありません。水やりは土の表面が乾いてから与えるようにしましょう。

耐乾性がありますので、唐印にとっては、水やりが少々忘れられているぐらいが快適です。

唐印は過湿が嫌いですので、水を与えすぎには注意してください。

冬でも土の表面が乾燥してから水を与えますが、断水していても構いません。

気になるようでしたら1ヶ月に1度は水分を蓄えさせてあげてください。

過湿が嫌いな植物ですので、水をたくさんあげてしまうと根腐れになってしまいます。

 

肥料・追肥

唐印は、夏真っ盛りと冬がピークに達している時以外に肥料をあげてください。

定期的に緩効性化成肥料や液体肥料を施します。緩効性化成肥料は、2か月に1回与えるか、元肥のみに使用します。

液体肥料でも、1・2か月に1回、または元肥のみに使用しましょう。液体肥料を水で1000倍に薄めて、少量を施肥してください。

元肥のみでも十分育ちますが、春に一度だけ追肥しても良いでしょう。それぞれの育ち具合を見て判断してください。

 

用土

用土は水はけの良い土質であることが条件です。

多肉植物用の培養土か、水はけがよいタイプの草花用の培養土を用いましょう。

資金に余裕があるなら、植え替えのときに使う大粒の赤玉土と軽石も用意しておきましょう。

 

植え替え・植え付け・種蒔

唐印(デザートローズ)を植え替える時期は、3月から5月が最適です。

同じ鉢で何年も育てていると、鉢全体に根がいっぱいになり窮屈になっています。

そのまま放置してしまうと、根詰まりを起こして最終的には枯れてしまいます。

目安としては1年〜3年の間に植え替えを行いましょう。

植え替えの手順は植え付けと同じですが、鉢は元に育てていた鉢よりも一回り大きい鉢に植え替えてください。

唐印の植え付けを行う前に、用具に準備と苗自体にも下準備がありますので説明していきます。

植え付けに必要なものは、唐印(デザートローズ)の苗・鉢(プラ鉢やテラコッタ鉢)もしくは苗が入る器・用土(今回は多肉植物専用)・ピンセット・はさみ・新聞紙・(鉢の底に穴が開いている場合は鉢底ネット)です。

次に苗の下ごしらえに移りましょう。根を乾燥させる作業が必要になります。

乾いていない状態で植えてしまうと、傷のある部分から菌が入りだして弱まって枯れます。

鉢底に穴が空いている鉢であれば、まず鉢底ネットを敷きます。

その上から土を半分か3分の1入れて、中心に唐印の苗を入れます。

鉢の縁から1cm〜2cmのところに、苗の生え際が埋まるように土を加えてください。

植えた後に3・4日経ってから水やりを行います。

 

増やし方

唐印は「株分け」という方法で増やすことができます。唐印は生長していくと子株(新しい芽)をたくさん生やします。

子株には根も生えてくるので、切り離して植え替えることで継続して育てることが出来ます。

切り離す際に、それぞれの芽に根が付くようにしてください。

はさみやナイフなどを用いて、親株からカットしていきます。切り口を数日間乾燥させておいてから、鉢に植え付けてください。

 

病気・害虫

唐印(デザートローズ)は、生育に適した環境で育てていれば病気や害虫の被害を受けることはほぼありません。

過湿状態ですと、根腐れを起こして軟腐病にかかる可能性があります。

この症状は水のやり過ぎが主な原因であることが多いので注意しましょう。

市販には根腐れ防止剤という薬剤も販売されていますので、そちらを鉢底に敷いて育てることで防ぐことが出来ます。

心配なようなら使っておきましょう。風通しが悪く、埃っぽい場所に発生しやすいコナカイガラムシにも要注意です。

コナカイガラムシは、葉について養分を吸い取ってしまいます。植物の成長を妨げてしまいますので早急に駆除していきましょう。

さらにそのまま放置していると、すす病という二次被害にあう可能性もありますので、早めに取り除いておくことが大事です。

殺虫剤を撒いたり、歯ブラシでこすり落とすなど対策方法はたくさんあります。

 

管理温度

耐寒温度は5度前後ですので、冬は室内に取り込んで越冬させるようにしましょう。

生育温度は15度〜25度となっています。

 

種類・品種

葉の大きさと生え方に特徴のある唐印は、ベンケイソウ科カランコエ属に分類される多肉植物です。

冬に花が咲くため、冬の鉢花として親しまれています。唐印自体は南アフリカを原産地とする寒さに弱い品種です。

長い間育てていくと50cmにもなる植物で、秋には葉っぱが赤く紅葉します。

その紅葉が園芸愛好家の中では絶賛されています。葉っぱの表面には、白い粉がかかっているように見えて、銀色に輝きます。

紅葉を楽しみたい場合は、植え替えや株分けなどを行わないようにしましょう。また、寒さに晒すことでより葉が赤くなります。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

唐印の花は、2月〜3月が満開の時期です。冬に花を咲かせるので空間をおしゃれに演出してくれます。

唐印は、茎をどんどんと上に伸ばしていき頂点付近に沢山の蕾を付けます。そして白っぽい黄色の花を咲かせます。

 

トリビア

風水

観葉植物は風水上、邪気を払ってくれるという効果が期待されています。

唐印も観葉植物ですので部屋に飾ってみてください。

植物には関係ありませんが、「デザートローズ」と呼ばれる悪習慣や悪厄などを払ってくれるパワーストーンもあります。

 

花言葉

唐印(デザートローズ)には、カランコエの花言葉で「幸福を告げる」「おおらかな心」「あなたを守る」「たくさんの小さな思い出」という意味があります。

 

由来伝承

唐印は、別名「デザートローズ」と呼ばれています。

さらに「砂漠のバラ」という呼称もあり、デザートローズをそのまま直訳した名前になっています。

日本には1950年代に導入されました。唐印という名前は和名でもあり「とういん」と読みます。

フラップジャップという名前で呼ばれていることもあります。

学名はKalanchoe thyrsifloraとなっていましたが、最近ではKalanchoe luciaeと表記されるようになっています。

 

まとめ

唐印という、バラのような形をした葉っぱが特徴的な多肉植物の育て方についてご紹介しました。

見た目にインパクトのある多肉植物で、秋に紅葉をするので楽しめる要素が満載です。

寄せ植えにも合いますので育ててみてください。

 

唐印の基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
別名
銀盤の舞,ティルシフローラ
原産地
南アフリカ

唐印の性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
やや強い
耐陰性

唐印の新着投稿画像

みんなの唐印の育て方

唐印

カランコエ デザートローズ (唐印)

唐印 デザートローズ

唐印の新着コラム

多肉植物・サボテンの種類

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。 カランコエ の育て方へ

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。 金のなる木 の育て方へ

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 シャコバサボテン の育て方へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アデニウム の育て方へ

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 ゲッカビジン の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード