福娘の画像

福娘の育て方|ふわふわしたキレイな多肉植物に保つコツは?

  • ベンケイソウ科
  • コチレドン属
福娘の育て方|ふわふわしたキレイな多肉植物に保つコツは?の画像

名前にぴったりなふっくらとした白味がかった葉をもつ多肉植物・福娘。春には上に向かって伸びた茎から、釣り鐘型の花を咲かせます。花びらの先がくるりと巻かれているのも乙女の髪のようで可憐です。今回はそんな福娘について、育て方を中心にご紹介します。

福娘の日当たり

福娘は日光浴を好みますが、強烈な日差しは得意ではなく、むしろ嫌がります。そのため春・夏・秋は、強烈な直射日光を避けた明るい場所に置いてあげるといいでしょう。

特に夏は明るい半日陰が好ましいかもしれません。9月の彼岸過ぎ以降からならば、直射日光に徐々に徐々に当てていくようにしましょう。

一方日差しがそれほど強くなることもない冬は、室内でも明るい場所に置いてください。

福娘の置き場所

福娘は耐暑性がそれなりにあるので、初夏や晩夏は屋外でも多少耐えられますが、真夏の温度では弱ってしまいます。そのため春・夏・秋は、基本日差しだけでなく、風通しのいい場所を必ず選びましょう。

ただ梅雨時期を含む雨の多い期間は、雨に当たりすぎると葉が腐るので、屋根のある場所などにしてください。なお雨ざらしの状態にしておくと、腐るほか、葉に付いている白い粉が落ちてしまい、汚れたようになって外見もよくなくなります。

一方、寒い冬には弱いので、屋外に置くのはおすすめできません。ただ日照不足になると、枝などが徒長してしまうので、日当たりの良い室内という条件で育てましょう。

福娘の水やり

春・秋の水やり

春・秋の水やりは、鉢の底穴から水が流れ出るくらいにたっぷりと与えます。水を与えた分だけ成長してくれる時期でもあるので、しっかりとした水やりが必要です。

水を与えていない間に萎びて見えることもありますが、適期に水を与えれば元に戻ります。

夏の水やり

福娘への水やりは、原則土が乾いてから行います。ただし、夏は断水を心がけるくらいがいいでしょう。葉が萎びてきたら、夕方に土の表面が濡れる程度に与えるという頻度で問題ありません。

福娘のもつロゼット状の葉の隙間に水が溜まりやすく、しかも溜まったままだと傷むので、株元に水を差し込むように与えるといいでしょう。もしも上からかけるように水やりをすると、溜まるほか、葉の白い粉が落ちて見た目が悪くなります。

冬の水やり

冬は福娘の休眠期にあたるので、水やりの頻度を減らす必要があります。ただし乾燥させっぱなしにもできないので、半月〜1ヶ月に1回の頻度で、土の表面を濡らす程度で水を与えます。

土が乾きにくい状態になってしまうと根腐れを起こすので、1週間以上湿り続ける状況は避けてください。

福娘の肥料・追肥

春(3〜5月)と秋(9〜10月)の福娘の生長期には、時折液体肥料を与えるといいでしょう。薄めの濃度で与えるだけに留めることで、葉が折れやすくなる状況を防ぎます。

福娘の用土

福娘は多肉植物なので、水はけのよい土壌を好みます。そのため市販のサボテン・多肉植物用の培養土で問題ないです。

もしも配合土を利用する場合には、赤玉土(小粒)3・鹿沼土(小粒)3・軽石2・腐葉土2といった配合が適しているでしょう。もしくは鹿沼土(小粒)2・赤玉土(小粒)2・ピートモス2・川砂2・燻炭2とするのも悪くないです。

福娘の植え替え・植え付け・種まき

福娘の植え替え・植え付け時期は、春・秋が適期でしょう。

夏場は初夏は特に春よりも成長が速いですが、休眠時期のために葉が落ちたりして弱々しい状態になるので、急激な環境の変化に耐えられる可能性が低くなります。

植え替えの際の注意点として、根をなるべく1センチ以下に切りそろえておき、1〜2日程断面部を陰干してから植え替えることです。根をカットしておくと、よりぐんぐんと成長していくからです。

また秋よりも春の方が、苦手とする冬になる前に絶対に寝を張らせることができるのでおすすめです。もし秋しか時間のない場合には、10月中旬までに済ませる必要があります。

福娘の増やし方

福娘の増やし方は「挿し芽」が一般的です。

春に葉を数枚すけた状態で切り取った茎を、1〜2日だけ日陰で乾燥させて、新しく清潔な用土に挿すだけで完了です。根が出てくるまでは、水を与えると茎から腐り落ちるので、一切与えずにいましょう。

福娘の育て方で注意すべき病気・害虫

かかりやすい病気

福娘はほかの多肉植物と同様に、気をつけるべき病気は黒斑病とカビ類の侵食です。両者ともに湿気等が原因となる問題なので、しっかりと風通しのよい場所に設置して未然に防ぎましょう。

つきやすい虫

また気をつけるべき害虫は、ワタムシ、アブラムシ、夜盗虫、カイガラムシといった種類で、季節の変わり目の時期に、浸透移行性の殺虫剤を播くことで予防と駆除がともに可能です。もしも手元に駆除剤がない状態で発見した場合には、手で潰しておきましょう。

なおアブラムシには、牛乳入りの水をかけても有効ですが、植物にかける際はきちんと拭き取ることを忘れないようにしてください。でなければ植物の呼吸が困難な状況になるほか、ほかの虫等が寄ってくる可能性もあります。

福娘の管理温度

高温多湿や、寒さ全般に弱い性質なので、極度の環境に晒さないように育てることがポイントになります。あまり神経質になる必要はありません。マイナス1℃から2℃くらいまでは耐えます。

福娘の種類・品種

福娘は、南アフリカが原産の「コチドレン・オーフィラ」の園芸品種名です。

ふっくらと厚みのある葉に、白い粉がふいているのが特徴となっています。ベンケイソウ科コチドレン属にある常緑多年草です。

近い仲間として比較的栽培されている品種には、「嫁入り娘」「輪廻」「福だるま(ふっくら娘)」などが挙げられます。

「福だるま」は、「嫁入り娘」と「福娘」の交配種となっています。成長すると高さが50センチにもなるので、低木としても利用できます。

そのほかのコチレドンの好例としては、「熊童子」「子猫の爪」などが、人気があるようです。

福娘の花

福娘は初夏から秋にかけた時期に、ロゼッタ状の葉の隙間から、ぐーんと花茎を伸ばします。その先に、数輪の細長いベル状の赤い花を下向きに咲かせます。

ユリの花のように、花びらの先がくるりとカールしているのも特徴です。なお株下の茎は、茶色く固く木質化していく性質ももっています。

福娘の風水

先端が丸みを帯びた葉を持っている福娘は、風水的にはその他の先端が尖った植物とは違い、空気に緊張感をもたらす作用がありません。そのため、気の流れを緩やかにする効果を期待できるかもしれません。

福娘の名前の由来

福娘を含むコチレドンは、南アフリカ、アラビア半島を生息地とする植物であり、原産もアフリカです。過酷な環境で育つために、雨を効率よく蓄えられる分厚い葉をもつようになったと言われています。

ベンケイソウ科の植物全般にいわれていたことですが、根の部分には消炎作用や解毒作用があるとされて、乾燥させたうえで伝統的な塗り薬として流通していた歴史があるそうです。

また、家畜の飼料として利用するも、毒性のある種類が混じり、家畜が死亡したという記録も残されています。

ふわふわ多肉植物の福娘を育ててみよう!

今回は「福娘」という名前にぴったりな、姿形と色味をした多肉植物について、育て方を中心にご紹介しました。

葉の表面が柔らかい毛のおかげで、ふわふわとして触り心地がいいのも魅力です。こんな福娘を含むコチレドンには、ほかにも魅力的な姿かたちをした仲間が多くあります。

例えば、葉先がフリルのように波打っている「銀波錦」やクマの手のような形をしている「熊童子」など、多種多様なうえ、どれもが愛らしいフォルムです。

興味のある方は、是非コチドレンを数種集めて育ててみてください。

福娘の基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
別名
オルビクラタ,オーフィラ
原産地
南アフリカ

福娘の性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや強い
耐暑性
やや強い
耐陰性

福娘の新着投稿画像

みんなの福娘の育て方

福娘(ふくむすめ)

福娘#2

徒長した?福娘??を育ててみる

yu

多肉植物・サボテンの種類

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。 カランコエの育て方へ カランコエの花言葉へ

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。 金のなる木の育て方へ 金のなる木の花言葉へ

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 シャコバサボテンの育て方へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アデニウムの育て方へ アデニウムの花言葉へ

リトープス

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... リトープスの育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード