銀波錦の画像

銀波錦の育て方

  • ベンケイソウ科
  • コチレドン属
銀波錦の育て方の画像

白い粉に覆われ、銀白色に見える葉が、波打っていることから「銀波錦」と名付けられた多肉植物

成長するにつれて葉の頂点に葉が密に集まった姿となり、上から見るとそれだけで花のようです。

今回はそんな銀波錦について、育て方を中心に簡単にご紹介します。

基礎情報

日当たり

銀波錦は、真夏を除いて春〜秋にかけて成長する多肉植物です。そして他の多肉植物と同様に、適度な日当たりを求めます。

そのため、夏場以外は強烈でなければ直射日光に当たっても問題ありません。

ただし梅雨の晴れ間や夏場は、直射日光を避けて、明るい半日陰などに置いてあげるほうがいいでしょう。

ただ暑さには耐性があるので、長時間の強烈な日光浴でなければ問題はないともいえます。

この過程を越えることで、秋の深まりとともに株がきゅっと丈夫に引き締まり、葉の紅葉を見ることができるので楽しみにしましょう。

なお日光不足になると紅葉もせず、また元気な株ではなくなります。紅葉が最も見られるのは冬です。

日差しが強すぎない冬では、屋内もしくは寒風を避けられるベランダなどで、日光浴をさせてあげるといいでしょう。

冬をずっと室内に取り込んで育てていると、日光不足状態となります。

そして、そのまま春をむかえた際に、屋外で日光浴させてしまうとと葉焼けの原因となります。

したがって、冬でも可能な限り屋外で日光浴をさせましょう。

 

置き場所

日差しについては、夏場以外は直射日光による日光浴が適しています。ただ、その他に注意するべき点として、雨があります。

多肉植物であるため、雨に当たりすぎると腐る可能性が高まります。

なので梅雨時期や夏場は特に、雨の当たらない風通しのいい場所に置くの適切だです。

ただ春・秋ならば、1、2日程度の雨ならば、過剰な水やりをしていなければ、濡れても問題ありません。

冬も日当たりがよい室内か、3〜5℃以上の場所で強い寒風などさえ当たらなければ大丈夫でしょう。

 

水やり

銀波錦は多湿が苦手であり、むしろ乾燥を好む気質です。

そのため、生長期に当たる春・秋の水やりも、土が完全に乾いているのを確認したうえで、たっぷりと水を与えてください。

水を与えた分だけ成長する時期でもあるので、よいタイミングをきちんと狙って鉢の底穴から水があふれるぐらいにやるといいでしょう。

夏は、初夏の梅雨時期は半月に1回程度、真夏は断水を心がけてください。

葉が萎びてきたら、夕方になってから土の表面を濡らす程度に水やりをします。

なお夏場の水やり注意点として、ロゼット状の葉の隙間に水が溜まりやすくなっています。

水が溜まった部分が傷んでしまわないように、株の根元に給水をするといいでしょう。

耐寒性がそれなりにあるので寒さには多少強いですが、霜に当たると枯れてしまいます。

そのため、半月〜1ヶ月に1回という頻度で少量の水を与えます。

過剰に与えると根腐れの原因ともなるので、1週間以上湿り続ける土壌づくりは控えてください。

葉の乾燥状態については、葉に多少のシワができるぐらいに乾燥しても、問題ないです。

 

肥料・追肥

事前に用土に肥料が混じっていれば、それ以上は基本必要ないでしょう。

数年に1回の頻度で、肥料を加えた新しい用土に植え替えるだけで問題ありません。

もしも与えておきたいのならば、濃度を薄めた緩効性の化成肥料か液体肥料を少量加えるだけにします。

 

用土

多肉植物ということで、水はけのよい土壌を好みます。

市販のサボテン・多肉植物用の培養土で構いません。

もしも配合土を使う場合には、赤玉(小粒)3・鹿沼土(小粒)3・軽石2・腐葉土2の割合で混ぜて利用してください。

 

植え替え・植え付け・種蒔

銀波錦の植え替えに適しているのは、春と初夏(4〜5月)です。2年に1回の頻度で行います。

取り出す際には、枯れた葉や茎、根をしっかりと取り除いて、根鉢の3分の1を落としてから植え付けましょう。

そうすることで、より早く成長し、新しい土壌に根付かせることができます。

その際に元肥として、緩効性の化成肥料もしくは液体肥料を少量加えておくとベストです。

 

増やし方

銀波錦を増やす方法として適切なのは、挿し芽でしょう。

先端から適当な長さで切った茎を、切り口を乾燥させてから土に挿してください。

そして明るい日陰に、2週間前後水を与えずに置いておきましょう。時間が経ったら徐々に水やりをすすめてください。

適切な時期は、春・秋です。ただ秋は休眠期の冬の直前ということもあり、根が張りきれない可能性もあります。

したがって10月中旬までにはカットして、挿し芽を完了させましょう。

茎が古くなると木質化する性質のため、コンパクトな姿で挿し芽を楽しむこともできます。

 

病気・害虫

銀波錦は、他の多肉植物と同様、気をつけるべき病気に「黒斑病」と「カビ類の侵食」が挙げられます。

どちらも湿気等が原因で起きるので、しっかりと風通しのよい場所に置いてあげて、未然に防ぎましょう。

また気をつけるべき害虫は、カイガラムシ、ワタムシ、夜盗虫、アブラムシといった種類です。

季節の変わり目の時期に、浸透移行性の殺虫剤を播いて、予防と駆除をします。

もしも手元に駆除剤がない状態で発見したら、手で潰しておきましょう。なおアブラムシには、牛乳入りの水をかけても有効です。

ただ植物にかける際は、忘れず拭き取ってください。

でなければ植物の呼吸が困難な状況になるほか、他の虫等が寄ってくる可能性もあります。

 

管理温度

銀波錦は、耐寒性・耐暑性ともにあまりありません。

そのため冬越しも5℃以上、20℃前後を維持した環境においてあげる必要があるでしょう。

どちらかというと耐暑性の方が高いので、温度の多少の上昇は耐えられます。

 

種類・品種

銀波錦の仲間として人気なのが、クマの手のよう中たちの葉をもつ「熊童子」とふっくらとした銀白色の葉をもつ「福娘」でしょう。

どちらも多湿と寒さに弱い性質です。そのほか、赤い縁取りのある「紅覆輪」と呼ばれる種もあります。

ちなみに銀波錦を含むコチレドンの仲間の特徴としては、葉が肉厚な点です。

全ての種に通じているのが、乾燥に強く、高温多湿には弱いという点です。

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

銀波錦の花は、福娘と同様に、釣り鐘状のオレンジ色の花を咲かせます。

ユリに似た形状をしていて、花びらの先がくるんとカールしています。ここで注目したいのが花びらの色です。

花の内側部分はオレンジですが、外側は葉と同じく白い粉に覆われて白っぽくなっています。

 

トリビア

由来伝承

肉厚の葉がフリルのように波打っており、さらには白い粉によって銀白色に見える葉から、「銀波錦」と呼ばれるに至ったと言われています

日本には昭和初期に入荷されていて、長い間育てられてきました。

ただ「錦」というワードが入っていることから、斑入りの植物を連想しがちですが、そうではないということを忘れないでおきましょう。

 

まとめ

非常にユニークな波打った葉をもつ銀波錦の特徴は、なんといっても形と葉の色味との組み合わせでしょう。

そこに、オレンジ色のオニユリのような花が咲くのですから、とても魅力的とです。

銀波錦のほかにも、コチドレンには様々な種類があります。

組み合わせて飾る、育てることでより楽しい園芸になると思うので、興味のある方は是非育ててみてください。

成長スピードは遅いですが、上へ上へと伸びていくので、見ていて面白く、秋が深まると葉がどんどん紅葉していくのも育てる醍醐味となります。

 

銀波錦の基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
別名
ギンパニシキ
原産地
南アフリカ

銀波錦の性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや強い
耐暑性
やや強い
耐陰性

銀波錦の新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。 カランコエ の育て方へ

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。 金のなる木 の育て方へ

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 シャコバサボテン の育て方へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アデニウム の育て方へ

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 ゲッカビジン の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード