オノマンネングサの育て方|植え替え時期や水やりの頻度は?

  • ベンケイソウ科
  • セダム属

寒さ、暑さに強い多肉植物であるオノマンネングサは、その丈夫さからグランドカバーとして育てる植物として人気があります。青々としたオノマンネングサはどのように管理してあげればよいのか、その育て方を見ていきましょう。

オノマンネングサの日当たり

オノマンネングサは、明るい場所を好む多肉植物です。日光の当たりやすい場所で育ててあげます。ただし、少々の日陰でなら、育てても大丈夫です。多少の生育環境の悪さでダメにならない、タフな植物であるのが魅力です。

オノマンネングサの置き場所

風通しのよく、また日光のよく当たる場所で育ててあげましょう。多肉植物に共有する弱点として、夏場の高温多湿に弱いのですが、オノマンネングサは少々の悪条件で育てても、強健な性質なのでへっちゃらです。

だからといって、ほったらかして育てていい訳ではありません。直射日光の厳しいときには、風通しのよい日なたで育ててあげましょう。

冬も多少の寒さであれば耐え抜くのですが、霜の対策として軒下において管理してあげるのがおすすめです。

オノマンネングサの水やり

春・秋の水やり

オノマンネングサの水やりの仕方は、ほかの多肉植物と共通です。

鉢植えの場合は、春・秋の成長する時期には、土が乾いてきたと感じたら、水を土からしみ出るぐらいにたっぷりと与えます。ただし、過度な水やりには注意が必要です。

夏の水やり

初夏の時期に差しかかると、オノマンネングサは生長期から休眠状態に移ります。過度に水をあげてしまうと根から吸収できないため、注意する必要があります。半月に1回程度の目安で水をあげる程度で大丈夫です。

夏になったら、できるだけ乾かし気味に育ててあげるように心がけて下さい。

冬の水やり

冬場は防寒対策も兼ねて、できるだけ乾燥気味になるように育ててあげます。水やりは、半月から1ヶ月に一度程度を目安として、土の表面が濡れるかどうかぐらいの量を土に与えます。

あまりたくさん与えてしまうと、土が乾きにくくなってしまい、根腐れを起こす原因となります。

オノマンネングサの肥料・追肥

オノマンネングサは肥料をとくに与えなくても、しっかりと育ちます。もし肥料をあげる場合には、薄めた液体肥料を春から秋にかけての生長期に与えることで、青々とよく茂ります。

オノマンネングサの土

乾燥に強い性質を持つオノマンネングサには、水はけのよい多肉植物用の土を使います。

自分で配合をする場合には、通気性と排水性に優れるよう混ぜるのがポイントとなります。赤玉土、日向砂、鹿沼土を配合するのが基本となり、そこに排水性を重視して、軽石と日向砂をさらに加えます。

種まき、挿し木をして増やす場合には、土はバーミキュライトを選ぶのがおすすめです。

オノマンネングサの植え替え・植え付け

春秋型の多肉植物であるオノマンネングサは、生長期で苗が土に根付きやすくなる、春または秋に植え替えをするのがおすすめです。

花が咲くのが5月から6月であるため、花の鑑賞を目的として育成しているときは、3月頃までに植え替えを済ませてしまいます。鉢の底側から根がだんだんと出始めてきたら、植え替えの時期になる目安となります。

植え替えをしないと根詰まりが起こり、水が行き渡らなくなり、苗の調子が悪くなってしまいます。そのため、1〜2年に一度程度、植え替えをすると良いでしょう。

古くなった土や根っこがあれば、植え替えの時に取ってしまって構いません。むしろ、古い部分がそのまま残っていると、そこから病気や虫が湧き出てしまい、苗が弱る原因となります。

オノマンネングサの増やし方

花が咲いても結実しないので、オノマンネングサを「種まき」育てるということはありません。茎がどんどんと伸びていくオノマンネングサは、「挿し芽」で殖やしていくのがおすすめです。

挿し芽

挿し芽の手順としては、まず土に挿すための部分を1cmほど残して、茎をカットします。その後、日陰で管理して切り口を乾かします。このときに下についている葉っぱはカットしておきます。

1週間ほどかけて乾燥させたら土に挿して、明るい日陰で管理してあげます。1週間から10日ほど経ってから、水やりを始めます。挿し芽をする時期は、生長期である春にしてあげましょう。

穂が土に根付きやすいためです。休眠状態にさしかかる夏、冬はあまり根付きやすくないため、避けてあげましょう。繁殖力の高い植物であるため、増やす事自体はさほど難しくはありません。

オノマンネングサの育て方で注意すべき病気・害虫

オノマンネングサにつきやすい害虫は、アブラムシ・カイガラムシ・ヤトウムシ・ワタムシといった小さめの虫であることが多いです。これらの虫は非常に小さいので、肉眼での確認だと見落としてしまいがちです。

風通しの良い場所に置くことを心がけたり、季節の変わり目になったら、浸透移行性のある殺虫剤をまいておくと、これらの害虫がオノマンネングサに寄り付くのを防げます。

また、オノマンネングサを風通しの悪いところへに置いてしまうと、水はけが悪くなって根腐れを起こしてしまいます。根腐れが起きてしまうと、カビ類が発生して苗が侵食されてしまいます。

オノマンネングサの効能

日本では観賞用としての用途が高いですが、海外ではオノマンネングサが民間薬として利用されています。花、茎、根、葉っぱの全てを使えるそうです。

オノマンネングサの管理温度

オノマンネングサは暑さ、寒さに対して比較的強い植物です。できるだけ日光に当たるように心がけましょう。多少の悪条件でも大丈夫ですが、健康的に育てるのであれば、夏の直射日光や、冬の霜には注意してください。

オノマンネングサの種類・品種

ベンケイソウ科、マンネングサ属に属しているオノマンネングサですが、様々な仲間がいます。

ムカゴと呼ばれる栄養繁殖器官を持つコモチマンネングサ、葉っぱが3枚輪生しているツルマンネングサ、葉っぱが4枚輪生しているメキシコマンネングサなどです。

オノマンネングサの花

オノマンネングサの花の開花時期は5月から6月頃です。黄色の1.5cmほどの小さな花を、びっしりとつけます。

オノマンネングサの花言葉

オノマンネングサを含むベンケイソウ科セダム属(マンネングサ属)の植物は、「セダム」という総称があります。

セダムの花言葉には、「記憶」・「静寂」・「落ち着き」・「枯れることのない愛」などがあります。

オノマンネングサの名前の由来

メスのマンネングサ(メノマンネングサ)と対となって、それよりも長く生育して、大きくなることが名前の由来となっています。

漢字表記では「雄之万年草」です。マンネングサというと、主にオノマンネングサのことを指します。これは小野蘭山という人物が「本草綱目啓蒙」という本でまとめたことが由来となっています。

また、葉っぱが鋭く尖っていることから、別名にタカノツメとも呼ばれています。

オノマンネングサの学名は「Sedum lineare」です。セダムという学名は、ベンケイソウ科のマンネングサ属に属している植物を総称してつけられている名前です。ラテン語の座るという意味を持つ「sedere」(セデス)が語源となっています。岩壁や地面に張り付いて育っていた特性を持つことに由来したといわれています。

オノマンネングサを庭で育ててみよう!

オノマンネングサは丈夫で手間をかけさせないことから、グランドカバーとして活用されています。

さびしい印象の庭に植えてあげることで、季節ごとの変化や彩りを添えることができます。

この記事を参考に、一度オノマンネングサを育ててみてはいかがでしょうか。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

オノマンネングサの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
Sedum lineare
別名
原産地
日本

オノマンネングサの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや強い
耐暑性
やや強い
耐陰性

オノマンネングサの新着投稿画像

みんなのオノマンネングサの育て方

いいね
84

ベンケイソウ科セダム属斑入りオノマンネングサ

ガーデニング 耐寒やや強 耐暑やや強 耐陰❔
by.maii0316
いいね
0

セダム オノマンネングサ

明るい場所を好む多肉植物。日光の当たりやすい場所で...
by.こっつぶ

多肉植物・サボテンの種類

カランコエの画像

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。
金のなる木の画像

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。
シャコバサボテンの画像

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。
アデニウムの画像

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...
セダムの画像

セダム

リトープスの画像

リトープス

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に...