亀甲竜の画像

亀甲竜の育て方

  • ヤマノイモ科
  • ディオスコレア属

亀甲竜の基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

つる植物

学名

Dioscorea elephantipes

別名

キッコウリュウ,ツルカメソウ,キッコウ

原産地

南アフリカ

亀甲竜の性質

栽培難易度

普通

耐寒性

やや強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

水やり

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
亀甲竜の育て方の画像

南アフリカ原産の亀甲竜(きっこうりゅう)は、塊茎や塊根を持つディオスコレア(ヤマノイモ属の植物)のひとつです。

亀甲竜は半球形の塊茎を持ち、その名のとおり、表面がまるで亀の甲羅のように割れています。

ここでは、そんな亀甲竜の育て方についてご紹介します。

亀甲竜の育てる場所

亀甲竜は、日当たりがよく風通しの良い場所で育てます。もともとディオスコレアは熱帯から温帯に分布する植物で、栽培に適した気温は15度から20度くらいです。

そのため、日当たりのよい室内の明るい場所に置くのがよいでしょう。秋以降も5度から10度以上を保って越冬させましょう。

亀甲竜の水やり

鉢土の表面が乾いたら水やりをします。なお、越冬させている間は水やりは控えます。

肥料

ディオスコレアは、それほど肥料を必要としませんので、植え替えのときに鉢底に有機質肥料を少し入れておけば充分です。

用土

亀甲竜は、水はけのよい土を好みます。

市販の土を使う場合、園芸用培養土1:盆栽用土1で混ぜて使うのがおすすめです。鉢底に多めに軽石を入れておくと水はけがよくなりますよ。

病害虫

それほど病害虫の心配はありませんが、新芽にはアブラムシ、葉裏にハダニが付くことがありますので見つけたらすぐに駆除しましょう。

亀甲竜の植え付け・植え替え

土を半分程度落としたら、傷んでいる根っこを取り除いて、ひと回り大きい鉢に植え付けて水やりをします。

植え替えてから1週間程度はデリケートになっていますので水やりをせずに管理しましょう。

亀甲竜の増やし方

亀甲竜は種まきで増やします。

種まきに適している9月頃に、赤玉土・鹿沼土・バーミキュライトの混合土に種をまきます。

鉢皿に水をためて、土に吸水させながら管理しましょう。すると、2~3週間後には発芽が見られるでしょう。

亀甲竜の手入れ

亀甲竜にはこれといって特別なお手入れはありませんが、過湿が苦手なので水やりのし過ぎには充分注意しましょう。

年間を通して乾燥気味に育てますし、休眠期には断水して大丈夫です。

また、亀甲竜はツルが伸びてきますので、支柱を立てるなどしてあげてください。

まとめ

ここでは、亀の甲羅のような塊茎を持つ、亀甲竜の育て方をご紹介しました。

亀甲竜は過ごしやすい気温を好みますので、日当たりのよい室内で育てるのがよいでしょう。乾燥に強く、肥料もそれほど必要なく、特別大変なお手入れもありませんので、初心者にも育てやすい植物だといえます。

※トップ画像はyueさん@GreenSnap

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの種類

小夜衣

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 小夜衣の育て方へ

ムスコーサ

細長い姿がユニークな多肉植物。 ムスコーサの育て方へ

七宝樹

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当... 七宝樹の育て方へ

クジャクサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 クジャクサボテンの育て方へ

亀甲竜

一年を通して日当たりの良い場所で育てます。 亀甲竜の育て方へ

オーロラ

虹の玉の園芸品種。艶のある赤に紅葉する。 オーロラの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード