アエオニウム・アルボレウムの画像

アエオニウム・アルボレウムの育て方

  • ベンケイソウ科
  • アエオニウム属
アエオニウム・アルボレウムの育て方の画像

ガーデニング初心者にとって、世話いらずで成長してくれる植物ほどありがたいものはありません。最近人気の多肉植物は、そんな植物の一つです。

インテリアとしても楽しめ、ガーデニング初心者におすすめのアエオニウム・アルボレウムの育て方についてご紹介します。

アエオニウム・アルボレウムの育てる場所

原産地が地中海などの温暖な気候に自生する植物ですので、地植えで育てるよりも温度管理がしやすい鉢植えで育てるのがおすすめです。

その時の気温によって、鉢の置き場を気軽にかえることができます。2月~6月にかけては花を咲かせますので、室内のアクセントとしてインテリア代わりに育てて愉しむこともできます。

アエオニウム・アルボレウムをベースにして品種改良された黒い葉が特徴の黒法師も育て方は一緒です。色の変化を楽しむには、日なたにおいてよく葉に日を当てるときれいな黒あるいは紫色になります。緑と黒のコントラストを楽しみながら育てるのもよいでしょう。

アエオニウム・アルボレウムの水やり

季節によって水やりの頻度を考えます。霧ふきなどで、葉が乾燥した時や土の表面が乾いている時に、湿らしてあげる程度でよいです。逆に水をやりすぎて、多湿になったりするほうがこの多肉植物にとって良い環境ではありません。

肥料

植物の成長期や、元気がないと感じた時に液体肥料をあげます。この多肉植物の生育期は、冬になります。冬頃に元気がない場合は肥料をあげます。普段は肥料なしでも問題なく育ちます。

用土

多肉用に販売されている多肉植物用培養土を園芸店で購入します。基本的に水はけのよい土なら問題なく育ちます。

病害虫

虫が出たら、その都度除去をします。葉の裏、枝の分かれ目、地下茎などをよく観察します。害虫や病気によっては、他の植物に感染する可能性もあるので、素早い対応が必要です。

乾燥によってコナカイガラムシが発生してしまいます。季節によっては、乾燥に注意して育ててましょう。

アエオニウム・アルボレウムの植え付け・植え替え

植え付け・植え替えですが、購入した苗がポリポットの場合は、底から取り出し鉢植えに植えてあげます。

植え付けてから一年程たち鉢のサイズが小さいと感じたら植え替えを行います。秋から冬にかけての涼しい時期に株分けも兼ねて植え替えをします。

アエオニウム・アルボレウムの増やし方

この手の多肉植物の増やし方はとても簡単で、株分けか、挿し木で簡単に増やすことができます。植え替え時期に株分けを行い、増やすのがおすすめです。

その他、10cmほどに切り、乾燥した場所で芽がでるのをまちます。その多肉向けの土に植えます。

アエオニウム・アルボレウムの手入れ

お手入れをあまり必要としません。もともとの原産地の環境を考えて、適切な温度管理と水のあげすぎに注意するとよいでしょう。

まとめ


多肉植物を育てたいと考えている人は、世話いらずで簡単に育つアエオニウム・アルボレウムあたりから始めてみましょう。アエオニウム・アルボレウムに限らず、多肉植物はガーデニング初心者むけです。慣れてきたら異なる品種の多肉を買いもとめ、寄せ植えを楽しまれると良いでしょう。その際は、品種によって耐寒性が異なりますので、原産地の環境が同じものを選ぶのがおすすめです。

※トップ画像はたらこまるさん@GreenSnap

アエオニウム・アルボレウムの基本情報

ジャンル
多肉植物
形態
多年草
学名
別名
原産地
地中海西部

アエオニウム・アルボレウムの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
普通
耐暑性
やや強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

アエオニウム・アルボレウムの新着投稿画像

みんなのアエオニウム・アルボレウムの育て方

アエオニウム・アルボレウム 'ツヴァルトコップ'(黒法師ツートン)

アエオニウム・アルボレウムの新着コラム

多肉植物・サボテンの種類

カランコエ

小さな花を沢山咲かせる。小鉢向きの鉢花として世界的に出回っている。 カランコエ の育て方へ

金のなる木

非常に丈夫で世界中に分布する植物。 金のなる木 の育て方へ

シャコバサボテン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 シャコバサボテン の育て方へ

アデニウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アデニウム の育て方へ

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 ゲッカビジン の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード