クラッスラ ラプソディインピンクの画像

クラッスラ ラプソディインピンクの育て方

  • ベンケイソウ科
  • クラッスラ属

クラッスラ ラプソディインピンクの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

crassula rhapsody in pink

別名

青鎖竜錦

原産地

南アフリカ

クラッスラ ラプソディインピンクの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

普通

耐暑性

普通

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
クラッスラ ラプソディインピンクの育て方の画像

ベンケイソウ科クラッスラ属に分類される多肉植物は数多くありますが、その中に、一見針葉樹の葉っぱに見える、緑色の葉っぱがびっしりと規則正しく並んで棒状に伸びていく「青鎖竜」があります。

「クラッスラ ラプソディインピンク」は青鎖竜の枝変わり品種で、先端の方がピンク色にきれいに染まる品種で、「青鎖竜錦」として流通していることもあります。

青鎖竜の学術名は「Crassula  lycopodioides(クラッスラ リコポディオイデス)」とされることも、「Crassula  muscosa(クラッスラ ムスコーサ)」とされることもあり、「若緑」「緑蛇」 とも似ていて、区別がつきにくくなっています。

それもそのはず、「青鎖竜」「若緑」「緑蛇」の学術名は「Crassula  lycopodioides(=Crassula  muscosa)」で同じになっています。

緑蛇だけは葉っぱの先があまりとがっていないため、表面がつるんとした感じになり、見分けやすいのですが、若緑も青鎖竜も形がよく似ていて、「若干太めの方が青鎖竜」と区別されています。

クラッスラ ラプソディインピンクの育てる場所

クラッスラ ラプソディインピンクは、雨除けのある、明るい風通しの良い屋外で通年育てます。

夏の高温多湿が苦手なので、気温が高い時期は風通しの良い明るい半日陰に置き場所を変えましょう。

また、冬に霜に当たると枯れてしまうので、冬は簡易温室やフレームなどに入れて屋外で栽培します。

蒸れにも弱いので、温室やフレームは、暖かい日中に時々喚気しましょう。

クラッスラ ラプソディインピンクの水やり

クラッスラ ラプソディインピンクには、春と秋は表面の土がしっかり乾いたら、たっぷりと水やりします。

地上部分に水をかけても即枯れることはありませんが、蒸れが嫌いなので、あまりかけないようにします。

クラッスラ ラプソディインピンクは夏の高温多湿は苦手なので、夏の間も休眠気味になっています。

冬は寒さに耐えるために、休眠します。

夏や冬に元気がないときは、水をやらずに断水して涼しい半日陰で管理します。

肥料

植え付け時に加えた元肥だけで十分ですが、葉がぽろぽろ落ちてきたり、葉色が極端に悪くなってきたときは肥料不足になっているので、緩効性化成肥料を株元に一粒置くか、水やりの時に液体肥料を水代わりに与えるようにします。

用土

芝生の目土、赤玉土小粒、軽石砂、日向土小粒などに燻炭・バーミキュライト・肥料を少量加えてブレンドしたものや、市販のサボテンや多肉植物用の水はけのよい小粒状の土を用いましょう。

病害虫

まれにカイガラムシが付くことがありますが、ほとんど病害虫はつきません。

クラッスラ ラプソディインピンクの植え付け・植え替え

春に、根を傷めないよう気を付けながら、できるだけ古い土を手で落とし、新しい土で植えつけます。

植え替えは2年おきに行いましょう。

クラッスラ ラプソディインピンクの増やし方

好きなところでカットして、切り口が乾くまで乾かしてから挿し木して増やします。

取れた葉っぱを土の上に置いているだけでも芽吹くこともあります(葉挿し)。

クラッスラ ラプソディインピンクの手入れ

伸びすぎてバランスが悪くなったら先端を摘み取ると、枝分かれしやすくなります。

摘み取った枝は挿し木できます。

まとめ

クラッスラ ラプソディインピンクは、よく日の当たる場所で育てましょう。

暗いとピンク色が退色しやすく、茎が間延びして垂れてきます。

一年を通して肥料と水を控えめに育てましょう。

※トップ画像はbaz tools&plantsさん@GreenSnap

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの種類

セネキオ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当... セネキオの育て方へ

大雲閣

サボテンのような見た目で多肉性のユーフォルビア属です。成長し始めはまっすぐですが、休眠期には波打ちま... 大雲閣の育て方へ

ファング

仙女の舞と月兎耳の種間交雑種と言われている。 ファングの育て方へ

薄雪万年草

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 薄雪万年草の育て方へ

コーカサスキリンソウ

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 コーカサスキリンソウの育て方へ

ムスコーサ

細長い姿がユニークな多肉植物。 ムスコーサの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード