クラッスラ・ソシアリスの画像

クラッスラ・ソシアリスの育て方

  • ベンケイソウ科
  • クラッスラ属

クラッスラ・ソシアリスの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Crassula socialis

別名

クラッスラ・雪の妖精

原産地

南アフリカ

クラッスラ・ソシアリスの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

普通

耐暑性

やや弱い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
クラッスラ・ソシアリスの育て方の画像

クラッスラ・ソシアリスはベンケイソウ科クラッスラ属の常緑多年性草本。原産地はサハラ以南のアフリカ(サブサハラ/熱帯アフリカ)です。クラッスラ・ソシアリスは別名で「雪の妖精」とも呼ばれます。「クラッスラ雪の妖精」と言った方がピンとくる方も多いかもしれません。

クラッスラ・ソシアリスは三角形の葉がバラの花びらのような配列で生える多肉植物です。生長しても高さ6cm程度と小型ですが、子株が脇から出てマット状に広がり、春には小さな白い花を咲かせます。
今回はこの雪の妖精と呼ばれるクラッスラ・ソシアリスの栽培方法を紹介します。ぜひ育て方の参考にしてください。

クラッスラ・ソシアリスの育てる場所

クラッスラ・ソシアリスは春秋型種の植物です。気温10~15度の過ごしやすい時期に生長期となり、暑すぎる・寒すぎる時期は休眠期に入ります。

春と秋は日当たりと風通しが良く、雨の当たらない場所で育てます。暑さに弱いので、夏の強い日差しは避けてください。冬は凍害を防ぐため、室内の日当たりの良い場所で育てましょう。室内でも5度以下にならない場所に置いてください。

  • 生長期:4~6月、9~11月
  • 休眠期:7~8月、11~1月

クラッスラ・ソシアリスの水やり

春と秋の生長期には土の表面が乾いたら水をたっぷり与えます。夏と冬の休眠期の水やりは控えめにしてください。夏の暑い時期には水をたっぷりやると思ってしまいがちですが、クラッスラ・ソシアリスの場合は例外です。特に梅雨の時期には水やりを控えめにしましょう。

肥料

クラッスラ・ソシアリスは肥料をそれほど必要としません。与えるときは生長期にじっくり効く固形タイプの肥料か薄めた液体肥料を少量で十分です。

用土

市販の多肉植物用の培養土など、できるだけ水はけの良い用土を使いましょう。

病害虫

乾燥するとカイガラムシが付くことがあります。予防を兼ねて薬剤を散布するか、見つけ次第ピンセットや歯ブラシなどで取り去ってください。

クラッスラ・ソシアリスの植え付け・植え替え

植え付け・植え替えは春と秋、3~5月と9~11月が適期です。植え付けの場合、鉢底に底石か鉢底ネットを敷いて水はけの良い土に植えてください。植え替えの場合、根鉢の土を半分ほど落としてから新しい土を入れた鉢に植えてください。

クラッスラ・ソシアリスの増やし方

クラッスラ・ソシアリスは子株がたくさん出るので株分けで増やせます。植え替えの時に子株を分けて植え付けましょう。

クラッスラ・ソシアリスの手入れ

下の方の枯れた葉は早めに取り除きます。また、花後は花茎を切り戻してください。

まとめ


雪の妖精という別名のあるクラッスラ・ソシアリスの育て方について紹介しました。クラッスラ・ソシアリスは暑すぎる・寒すぎる時期は休眠期に入る春秋型種の多肉植物です。育てるポイントは夏と冬に水を枯らしぎみにすること。この点が他の植物と違うので戸惑うかもしれませんが、上手に夏越しと冬越しをしてあげてください。

※トップ画像はポムさん@GreenSnap

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの種類

紅笹

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 紅笹の育て方へ

アエオニウム

冬生育型の多肉植物で、耐陰性のある種が多いです。ドドランタリス、オーレアなど春秋生育型のものもありま... アエオニウムの育て方へ

鬼退治

日当たりがよく、乾燥している環境を好みます。 鬼退治の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード