グリーンスナップ公式サイト

2024年 年頭のご挨拶

2024年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げるとともに、この度の令和6年能登半島地震により被災された方々、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。皆さまの安全と、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

2023年は長かったコロナ禍を超えて大きく生活様式が変わり、インフレ円安など大きな環境の変化もありました。また、生成AIの登場によりデジタルへの対応は待ったなしになっています。

「2025年の崖」という経済産業省から提示された言葉があるように、今後はDX化を推進できた企業とできなかった企業で大きな差が出ると考えられます。2025年にDX化が推進できていないと、世界はもとより国内でも大きな遅れをとることになりそうです。

花き業界はDX化が進んでいないとよく言われますが、逆にいうとDX化での成長の伸び代は大きく、2024年以降はまさにそういった事例や機会が多く生まれるのではないかと考えております。

 

弊社GreenSnapにおいては、2022年より植物におけるビックデータプロジェクト「PlantsDATA(プランツデータ)」を推進しており、テクノロジーに精通した経営陣やパートナー、スタッフが揃っています。

弊社は2024年よりプロモーション領域のみならず、本格的に花き業界のDX化を推進すべく、様々なサービスの提供や、様々な企業のパートナーとしての支援を行い、飛躍的な成長を遂げる一年にしたいと考えております。

本年も皆さまの一層のご指導とご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
本年が皆さまにとって輝かしい一年となりますよう祈念しまして、新年の挨拶とさせていただきます。

 

GreenSnap株式会社
代表取締役 西田貴一