グリーンスナップ公式サイト

【GreenSnap】初心者でも植物を枯らさない!「育て方アシスタント」をアプリ内で提供開始 ~知識がなくても植物の環境や季節に応じた「最適な育て方」を実践できるよう支援する新機能をリリース~

植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営するGreenSnap株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:西田貴一)は、初心者でも植物を枯らさずに育てられるよう支援する「育て方アシスタント」機能を開発し、アプリダウンロード数300万のGreenSnapアプリ内での提供を開始いたしました。

 

■開発の背景

コロナ禍を経て、植物を育て始める初心者の方が増加しました。しかし、水と光さえあれば植物は育つというイメージを持つ方が多く、知識をつけずに育て始め、枯らしてしまうという結果が少なくありません。
植物に関する知識がなくても正しい方法で植物を育てられる機能を提供し、初心者の「枯らす」体験をできるだけ少なくしたいという想いから、この度の開発に至りました。

 

■「育て方アシスタント」とは

「育て方アシスタント」とは、初心者でも植物を枯らさずに育てられるように支援するGreenSnapアプリ内で提供される機能です。
例えば、植物の置き場所について画面上で問診を行い、知識がなくても正しい置き場所が特定できる「置き場所診断」や、アプリの誘導に従うだけで、その環境に適切な水やり間隔を知ることができる「水やり診断」などがあり、植物の種類や環境、季節に応じた最適な育て方を知ることができます。

 

<置き場所診断>
置いている場所についてチェックを行い、西日やエアコンの風など枯れる原因となる問題がないか診断する機能です。

 

<水やり診断>
植物の水やりで基本的なポイントとなる「鉢底から流れるくらいたっぷりあげる」「しっかり乾かしてから次の水をあげる」などが実践できるように、イラストで解説したり、実際に乾くまでの期間を測れるようにサポートする機能です。

※「育て方アシスタント」では他に「水やりアラーム」や「植え替え診断」等の機能も提供しております。

 

■今後の展開

GreenSnap社は『次代の「みどりのインフラ」をつくる。』をミッションとし、デジタルの力で植物の育て方を変革する様々な取り組みを行っております。
昨年12月のチャットボットに続きリリースされたこの度の「育て方アシスタント」機能は、現在では観葉植物の一部の品種に対応しており、順次対応品種を増やし規模を拡大していく予定です。また、進行中のビッグデータプロジェクト「PlantsDATA」とも連携を図り活用を進めてまいります。

 

■GreenSnapとは

GreenSnap社が運営する「GreenSnap」は、ユーザーの70%以上を女性が占める植物に特化したSNSアプリです。植物の名前や育て方を調べたり、植物写真のタイムライン投稿やアルバム記録、ブログなどの機能を備えており、植物好き同士の活発なコミュニティも存在します。
ユーザー数はGreenSnap社運営メディア全体で最大月間1,200万人、アプリダウンロード数300万、1日最大40,000枚、累計1,800万枚もの投稿がされている、いま注目を集める植物メディアです。

▽GreenSnap Webサイト
greensnap.jp/

▽植物のオンラインショップ「GreenSnapSTORE」
greensnap.co.jp/

▽【土を使わず育てる観葉植物】Table Plants(テーブルプランツ)
tableplants.jp/

▽植物情報サイト「horti」
horti.jp/

▽GreenSnap株式会社について
greensnap.jp/company/