夕映え パート4

何ヶ月もパンデミック閉鎖されたHCでボロボロの夕映えを再開店初日に連れて帰り、今では元気一杯になりました😊。
パート1~3の続きです。
皆さんと一緒に考えていきましょう〜🙋。
宜しくお願いします🙏。

2021.07.10

97

早優さんからシェアして頂いた、かねしろクリニックからのお話です。
早優さん、いつもありがとうございます🙋。
真実を語るお医者さんの声が突然ネット削除になるので、ここに残す事が貴重だと実感しました😔シミジミ。

全部で7スクリーンショット。
Let's Go👍

1

2

3

4

5

6

7

picのサイズの関係で、ナチスのmeme入れました。
翻訳すると、

「奴隷はどうやって作るのか」
75年前、ニュルンベルク裁判で裁判官がヒットラーの右腕ハーマン・ゴーリングに訊ねた、「こんな狂気をドイツ(国民)に、どうやって受入れさせたのか?」と。
ゴーリング曰く「ドイツ政府が自国民を奴隷にするのに必要なのは、恐怖心だけ。国民が恐がる事を見つけ、それを提供すれば、国民は我々の思うようになる」
(ニュルンベルク裁判記録より)

HCで沢山のお花を見てリフレッシュ🍵😊。

早優さんから今日の川崎市の記事をご紹介頂きました。
痛ましい記事です...。
「接種券が届いた時には一緒に喜んだ」というのが、辛いですね😢。
心より、ご冥福をお祈り致します🙏🕊。

ご遺族の真実リサーチを応援すべく、このケースをここに記録用で残します。

そして🏥名、「総合高津中央病院」ですよ💢、皆さん。記事になくとも、picに出ていますね。
こんな紙切れ一枚で、人の命を何と思っているんでしょうか😠。
このデリカシーのない文章にも腹が立ちますね💢。

文春オンライン⬇️
https://bunshun.jp/articles/-/47030?page=1

☝のpicでは、小さ過ぎて読めない方達の為に拡大写真。

VAERS(🇺🇸ワクチン調査報告)
7月7日時点: 438,440件

❲内訳❳
死亡: 9,048件
入院: 26,818件
救急病院🚑: 56,970件
来院: 80,269件
アナフィラキシー: 2,152件
ベル麻痺: 2,486件

流産: 985件
心臓発作: 3,324件
心筋症/心膜炎: 2,200件
血栓症/低血小板: 2,226件
危篤: 7,823件
重度アレルギー: 19,105件
身体障害: 7,463件
耳鳴り: 5,118件


注: 国営VAERSは、少なく報告する事でよく知られています。多くの動画で、医師達が言うのによると、実数の1割〜2割程度だと云う事です。
少なくとも上記の数字は、🇺🇸政府機関であるVAERSが、ワクチンが原因と認めた件数です。

[2021年7月10日]

本日はSucharit Bhakdi医師のお話を翻訳してお届けします。免疫学の教授です。教授はドイツのオーバルメディアとコラボしてドキュメンタリーを制作するそうで、その前にインタビューに答えて下さったビデオより。

◆◆◆◆◆

先ず、抗体はどう作られるのか。
ヒトの免疫機能は2つの侵入者に備えます。
1) ウィルス
2) バクテリア

ウィルスが身体に入ると、免疫がウィルスを学習して抗体を作ります。この時にウィルスが潜む細胞を始末してくれるのが、リンパ球です。

バクテリアが身体に入ると、バクテリアを学習して抗体を作ります。バクテリアが血液に入るのをジッと待ち伏せ、入った途端に退治してくれる(食べてくれる)のが、白血球です。

犬は飼い主さんが家に近付くだけで、直ぐ感知しますよね。ああいう感じかな、侵入者が近付いただけでも免疫は感知する事が解っています。凄いですよね。
ヒトの身体はこの2つの軍隊、喩えれば空軍と海軍を持っていると思って下さい。普段は静かにしていますが、侵入者が近付くとたちまち活発になります。

ウィルスの方ですが、3種類の抗体を、免疫が作ります。ig-Mとig-Gとig-A、です。
ig-Mは初モノで作られる抗体で、抗体を作るのに多少時間(2〜3週間)がかかります。
ig-Gとig-Aは、以前学んだお馴染みウィルスなので別名リコール(思い出し)と呼ばれ、抗体がたった数日ででき上がります。

ここで良いニュースがあります。
🇺🇸の3つの違う研究所がボランティアの人々で調べたところ、全ての変異株に、ボランティア全員の自己免疫が、ig-Gとig-Aだと認識しました。これは凄い事なんですよ。
つまり、コロナ感染の自覚症状もない人々はコロナに以前感染をしており、既に抗体ができていた、という事なのです。

実は、コロナは何も新しいウィルスではなく、今回出たコロナはスパイク(とげとげ部分)付きで、昔のコロナよりは感染しやすい形ですが、元がSARS COVIDであり、このSARSというウイルスは、インフルエンザ ウイルスと違い、極端に形がコロコロ変わらない特徴があります。
デルタ株やら色々変異株があっても原型は保っており、自己免疫にとっては全てお馴染みさんですから、抗体ig-Gとig-Aが起動したワケです。
つまり、わざわざワクチンを打たなくても、変異株もあなたの免疫にとっては、お任せコースだと云う事です。

ワクチンは無駄なだけでなく、逆に問題があります。
それを今からお話します。
先程のウィルスと戦うリンパ球と、バクテリアと戦う白血球のお話になります。
ここからは接種済みの方へのご注意になります。

このmRNAワクチンが身体に入ると、自己免疫は混乱します。mRNAワクチンは、ウィルスでもバクテリアでもありませんが、勝手に体内でウィルスを作るのですから、自己免疫も黙って放っておくわけにはいきません。

この表を見て下さい。
ig-Gとig-Aは直ぐに認識され、数日で抗体が上昇します。途中から2~3週間は横ばいになりますが、ブースターや2回目接種で、その後再び一気に上昇します。
ええ、mRNAワクチンやブースターはその為に作られたんですから当たり前ですよね。
でも、自然体の免疫はというと、この横ばいの所で仕事を完了し落ち着いていくです。よって後からの急上昇するこの部分は余計な力なのです。

そこで懸念されるのが、本来なら力強い味方のリンパ球と白血球です。

こちらの図は血管内です。
先ずリンパ球が血管壁、つまり細胞にmRNAが作った疑似コロナが潜んでいるのを見つけ出します。そしてリンパ球が血管壁(細胞)を攻撃します。

次に、mRNAが血管に入って血流に乗り全身に広がるのが今回判明したのですから、血液を守る白血球も黙ってはいないでしょう。白血球も血管壁(細胞)を内側から攻撃します。

1回目接種が終わった皆さん、よく聞いて下さい。
2回目接種やブースターショットはいけません。今後、一切mRNAワクチンやブースターを打たないと約束して下さい。

そして、私と同業者の医師の皆さん、もう人々にワクチンを打つのを止めて下さい。それよりも、接種が終わった人々を助ける改善策を一緒に研究して備えましょう。

【2021年7月16日】

ハイテク産業は発言の自由と民間企業の立場を利用して、セクション230という条令に守られて何でもパスされています。この「何でも」に問題がある為、🍔🍟がずっと反対していた条令です。
セクション230は民間企業のみに許された特権で、ハイテク産業はそれに甘んじて、保守派の声を消し、事実を語る医者や医療関係者をネットから抹殺していきました。

が、この度、サキ報道官が記者会見で、「ホワイトハウスとソーシャルメディアはタイアップして、ワクチンやコロナの『デマ』を一掃している」と言いました🤯。
政府とソーシャルメディアがグルになっていると認めたのです。
これは🇺🇸憲法違反になります。
国が国民の発言権利を奪っているのですから、🐼と何も変わらない事になり、民主主義国家では大罪です。
当然ながら、🇺🇸国民の怒りはネットであちこち炎上中🔥。

そこに持ってきて、今日はシーデンが「ソーシャルメディアのデマが人々を殺している」と言いました。
ワクチンの事です。

本当にそうなら、ワクチンを打った人達だけが守られて、非接種者だけが死んでいっているのでしょうか?
いいえ、接種者も亡くなっています、コロナ感染で、プラス、副作用で...。

CDCやWHOですら、あのファウチ🐒ですら、ワクチンを打っても感染すると言っていますよね。
なら、なぜ接種する必要があるのでしょうか?
という、そもそも論になるワケです。
そして、なぜ接種をしていれば軽症で済むという、これこそデマを言い、実際にコロナで亡くなる接種者がいるのでしょうか?
副作用で亡くなるケースも含めば、危険はダブルです。

このネットでのデマ呼ばわりされる『真実』を消すキャンペーンが、大掛かりに始まりました。
とある大金持ちがこのキャンペーンに$13.5ミリオン💰を寄付すると発表し、本日ホワイトハウスがそれを報告しました。

👁ロックフェラー財団です。

[2021年7月17日]

🇬🇧Dr.ジェーン・ルビーがStew Peter's showに出てワクチンの打たれた血液の画像を紹介しました⬇️。

https://rumble.com/vjw5kq-breaking-discovery-what-covid-injections-do-to-your-blood-doctor-releases-h.html

一番上のpicの左が非接種の血液で、その右が接種のものです。
左では丸い赤血球がプカプカ泳いでいますが、左のは何かが赤血球をブロックして活動を邪魔しています。
これが典型的な副作用の原因であり、懸念されているギランバレー症候群の原因だろうと話していました。

下中央のpicですが、電気をあてると何かが反応して、白く発光する様子です。
ルシフェラーゼ🤔?

下の右picでは、赤血球の形が変形し、グシャリと塊になって、滞っている感じですよね。

下の左picでは、赤血球が見当たらず、一体何ですか⁉️というようなモノが一杯です😥。

【2021年7月21日】

CDCの運営するVAERS(ワクチン報告サイト)によると、去年の12月14日から一昨日の7月19日までにワクチンで亡くなった🇺🇸人の合計が12,313人と報告しました。
これでいくと、先週と比較し、1週間で6000人増えた事になります💦。
約2倍という事です‼️

CDCのサイトでは相変わらず『ワクチンが原因とも限らない』としていますが、接種者であり、死因が副作用の典型的なことより、無関係と思う方が難しい状況です😕。

尚、VAERSは、実数の1割〜2割しか報告しない事で有名です。

[2021年7月22日]

何処かのクリニックで看護婦さん達が撮ったビデオのスクリーンショットです。
ワクチンの入った冷蔵庫を開けて、新品のワクチンの箱を開け、ワクチンと一緒に梱包されている注意書き(法律で義務付けられています)を、世の中の人々に見せる為に撮られた動画です。

通常ここ🇺🇸では、薬そのものよりも箱のスペースを取った注意書き(きっちり折られて透明フィルムで括られています)が処方箋にはついてきますが、こんな小さな文字を誰が読む🙄?と思うほど🐜のような文字が、裏表ビッシリ!!なんです。後に訴えられないようにの準備です。
しかし、このコロナ ワクチンの注意書きは折った表面だけに文字が、ちょっとあるだけです.....😰。もし注意が少ないのなら、こんな注意書きスペースは不要です。明らかに、注意書きの「フリ」をして梱包されています。

これは何を意味するのでしょうか❓

私なりに思いつくのは、
🔸治験ゆえ、訴えられない自信がある
🔸まがい物
🔸注意する気がない

【2021年7月24日】

今日は🇬🇧David Bauerデイビッド・バウアー博士を紹介します。
オックスフォード大学で博士号を取り、インフルエンザ感染の研究医であり、ゲノムとRNAの研究をしています。ロンドンThe Francis Crick Institute研究所で研究チームのリーダーをしています。

今週の火曜日頃に出回った博士の動画です。実際、ビデオが出たのは6月下旬でした。
今ではネット検索しても直ぐに出ません。マイクロソフトのMSNでニュース記事一覧から入ると📰サイトに行き着き、若干出ます。尚、Youtubeからは消されています。

博士のお話のあらましは、早優さんがコメしてくれたのでpicに入れました。

実際のお話は、最後の最後に「だから高齢者はブースターを打て」と、99%のお話の内容とは矛盾して終わっています。こう言うように言われていたのかも知れませんね。

「私たちからの重要なメッセージは、ファイザーワクチン接種者は、抗体(自己免疫)の量が(非接種者に比べて)約5〜6倍少ないことを発見したということです。 これは、ウイルスが最初に細胞に侵入するのを阻止する、免疫系の一種のゴールドスタンダードと呼ばれる個人の抗体です。
そして、(1回目より)2回接種をしている人の方が、抗体が少ないことが解りました。 また、ファイザー接種を1回しか使用していない人の場合も、血中にこれらの抗体が高レベルで含まれている可能性が『低い』ことも解りました。
おそらくこれからの私たち全員にとって最も重要なことは、接種者が歳をとると共に(自己免疫)レベルが低くなる可能性が高く、2回目接種をしてからは、その時間が経つにつれ、自己免疫レベルが段々と低くなることです。
(ワクチン接種により)高齢者など脆弱な人々がまもなく増えるであろうと予想されております。特に新型ウィルスが今後広がる事を鑑み、(ワクチン)ブースターを彼らに優先する必要があることを示しています(←この部分が話全体との矛盾点)。

バウアー博士

🔸🔸🔸🔸🔸
余談ですが、🇺🇸国会議員のロン・ジョンソン氏(共和党ウイスコンシン州)は、変異株の🇺🇸人感染の84%はワクチン接種者である事を受けて、メディアが報道しないと怒っていました。

【2021年7月26日】

多分🇯🇵では報道されていないかも知れませんので、オーストラリアはシドニーからのニュースをお伝えします。

🇦🇺では141人の🐼コロナ感染者が出て、うち43人が重症で集中治療室に運ばれました。その内1人目30代女性と2人目70代女性が亡くなりましたが、30代の女性は持病が一切なかったとの事です。

43人は10代〜80代と年齢幅が広く、43人【全員】がワクチン接種者であった事が発表されました(PICは記者会見の様子)。43人中42人は2回接種済み、1人は1回接種済み、でした。

尚、シドニーでは今ロックダウンに反対するデモが起こっていますが、このニュースを受けて、ますますワクチンを半強制した政府に多くの国民がキレているもようです。

今日ご紹介するのは、カナダ🇨🇦BCの小さな街リトンで28年開業医をしていたDr. Charles Hoffeホーフィ先生です。

自分の患者さん6人がワクチン接種後に異常な神経性の病にかかり(うち1人は心臓発作で亡くなりました)、ワクチンの副作用を色々と調べ始めました。血管が詰まる事を調べる為にDダイマーテストというのを行い、彼の接種済み患者さんの62%に凝血が発見されました。
更に調べを進め、mRNAワクチンの副作用の原因を医師組合に報告したところ、医者の免許を奪われました。その後、ネット📺のインタビューに出て先生は脚光を浴びるのですが、その直後、リトンの小さな街が山火事によって90%燃えてしまいました。彼のクリニックも全焼でした。
これで開業医生命が完全に終わってしまいました😔。

しかし、亡くなった患者さんや副作用に苦しむ患者さんの事を思うと、このまま泣き寝入りしてはいけないと検査を進め、小さな街の町医者とは思えないほどの立派な資料を、同じようにワクチンと闘うお医者さん達に提供し、大変役に立っているようです。

ちょっとCGIがグロいかもですが、先生のお話の一部をお伝えします。

先生の患者さんはモデルナのワクチンを接種していました。ここではモデルナとかファイザーとかというブランドではなく、mRNAワクチンに起こる事として説明されています。

1回の接種で40,000,000,000,000ものmRNA分子が体に入ります。そして打たれた腕に滞るのは、そのうち25%のみで、残りの75%はリンパに吸収され、血流に乗って全身に拡散されます。
1つのmRNA分子から、いくつものスパイク タンパク質が作られます。あのトゲトゲのあるタンパク質で、疑似コロナ ウィルスですね。
本来、血流に乗って全身に運ばれる予定ではなかったと、以前mRNAを作ったマーロン博士が話していたアレです。

CGIは、拡散されたmRNA分子が体内の細胞に宿り、細胞の形を変えていく様子です。動画で見ると、硫黄がこびりついて柱になっていくような、岩肌でサンゴが育っていくような、そんな感じで形を変えていきます。

血管の内壁にイカリを下ろしたように滞ります。スパイク部分が余計に引っ掛かりとなって、これが血管を詰まらせてしまい、血管の一部がパンパンに💦。その圧迫で血管に亀裂が生じるというより、mRNAが血管をこじ開けて外に出ようとします。これも以前お話したマーロン博士の説明と同じですね。

CGIでは脳内で起こった状態を説明しています。
頭痛を訴える患者さんには、この詰まりが起こっていると説明していました。幸い、詰まりが血液に押し流され、血管がこじ開けられずに済んだ人達もいます。
尚、脳内の血管の修復は手術で可能ですが、自然治癒はありませんとの事でした。
こういう状態ですから、家で頭痛薬を飲んで済む話ではありません。場合によっては、1分1秒を争います。

上3枚のCGIは肺で起こったケースです。先生は息切れがするという患者さんに、これが起こっていると説明していました。

下3枚は心臓のケースです。
心臓のベンが凝血の塊で閉じなくなりますが、塊で蓋をしてしまい、心臓に血液が滞った状態です。先生は胸が苦しいと訴える患者さんに、これが起こっていると説明していました。
尚、心臓の右房で起こるようです。

これらの凝血は先生の患者さんの62%で起こっていました。
ただの頭痛や胸の痛みや息切れではないのです。この事から、政府やマスコミ言う「まれ」というのは著しく間違っており、少なくとも6割以上に起こっている事だと先生は言っていました。

バーベナ休憩🍵。

投稿に関連する植物図鑑

投稿に関連する花言葉

『夕映え パート4』のみどりのまとめをみんなに紹介してみましょう

97

ユキリンさん

1ヶ月経ってもご遺体を火葬出来ないとは、とてもお気の毒です。これが、実情なのでしょうね。


《ワクチン接種翌日に急死》「主人は泡をふいて搬送先で息絶えた」遺族が訴える厚労省“副反応調査”の問題点
7/10(土) 10:12 Yahoo!ニュース 118

新型コロナウイルスのワクチン接種の翌日に亡くなった岡部哲郎さん(仮名・71)の妻と三男 Ⓒ文藝春秋/撮影・宮崎慎之輔
「ワクチンが危険だと言いたいわけではありません。ただ、私たちの父がワクチンを打った翌日に息を引き取ったこと、そしてその後の警察や行政の対応に翻弄されたのも事実なんです……」

【画像】家族が渡された診断書には…

 そう語るのは、6月10日に急性の「虚血性心疾患の冠状動脈硬化症」で亡くなった川崎市在住の岡部哲郎さん(仮名、71)の三男だ。哲郎さんは亡くなる前日の6月9日、川崎市の大規模接種会場で1回目のモデルナ製ワクチンの接種を受けていた。

「ワクチンの接種と父の死に関連があるのでは?」という疑念

「ワクチンの接種と父の死に関連があるのではないか?」と遺族は不安に思い、警察もまた哲郎さんの死因について外部の医療機関に委託して、検査を行った。その結果、哲郎さんの死とワクチン接種との間には「関連がない」と結論付けられたが、遺族にはその検査の詳細については知らされなかった。

 また、遺族側は「哲郎さんの死因を調べた検査結果」が厚労省の「ワクチンの副作用について検証する」部会で活用されるよう望んだが、担当した医師は当初「報告するケースに当たらない」として、遺族側の要求を拒んだという。哲郎さんの三男は、文春オンラインの取材にこう訴えた。

「多くの人の命を救うワクチンは大事なものだからこそ、ワクチンを打った後に人が亡くなるケースが生じた場合には、それがワクチンの接種と関連があったのかどうか遺族が十分に納得できるまで検査することが必要だと思うんです。そうでないと私たち遺族は何時まで経っても『父はワクチンを打ったから死んだのではないか』という疑念を拭い去ることができません。そういった観点からも、国はもう少し手厚い体制を整えるべきではないでしょうか。残された家族が抱える大きな負担についてもぜひ広く知ってもらいたいです」

『接種した部分の腕が痛いなあ』とずっと言ってた

 川崎市内のアパートで暮らす哲郎さんの妻が、哲郎さんが亡くなった当時の状況を語ってくれた。

「6月9日の14時ころ、川崎市が設置している大規模接種会場のNEC玉川ルネッサンスシティホールに夫婦2人で接種に行きました。横に並んでそれぞれワクチンを打ってもらって接種はすぐに終わり、15分様子をみましたが問題はなくそのまま帰ることになりました。主人は『接種した部分の腕が痛いなあ』とずっと言っていましたが、私も痛かったのでそれほど気にはしていませんでした」

 哲郎さんはもともと血圧が高く持病もあり病院にかかっていたが、かかりつけ医からは5月20日に「ワクチンを打つのは問題ない」という診断を受けていたという。しかし、一夜明けても哲郎さんは腕の痛みを訴え続けた。

「翌日になっても、痛みを紛らわすためか趣味の将棋のゲームをずっとやっていました。それでも痛みがおさまらないようで、接種の案内の紙に書かれていた川崎市の問い合わせ先に主人が『湿布でもした方がいいのか』と尋ねる電話をしました。担当の女性は専門家ではなかったようで『後で折り返します』と言われ、主人も電話番号を伝えたのですが、その後今に至るまで折返しの連絡は来ていません。

主人は泡を吹いていて、救急隊が懸命に心臓マッサージを…

 昼に主人が好きなアイスの『ガリガリ君』を食べて、夕方には日課の散歩に行きました。その間もずっと『腕が痛い』と言い続けていました。それでも食欲も普段どおりで、夕飯の里芋の煮っころがしとアジの干物も私の分までペロリと食べていました。20時半頃にまたアイスを食べて、寝る前にトイレへ行ったのですが……」

 しばらくして妻が部屋を出ると、哲郎さんがトイレの前で仰向けに倒れていたという。

「最初は寝ているのかと思い『こんなところで寝ていたら風邪ひくで』と言ったのですが、反応がない。慌てて隣の家の方にも助けを求めて、救急車を呼んでもらいました。そのときには主人は泡を吹いていて。救急車の中では救急隊の方が懸命に心臓マッサージをしてくれましたが、搬送先の病院で23時43分に死亡が確認されました。あまりにも突然でその時は何も考えられなかったんですが、徐々に『もしかしたら前日に打ったワクチンが原因だったのでは』という思いが大きくなっていったんです」

「一方的に100%と言われても…」

 死因を詳しく調べるために、哲郎さんの遺体は11日の未明に神奈川県警が委託する県内の医療機関に移送された。哲郎さんの三男が続ける。

「その日のうちに『死因は心臓によるものです。詳しく検査するため、3~4日後に連絡します』と警察から伝えられました。遺体は葬儀屋さんからすぐに病院に送り返され、医療機関はCTや血液の検査をしたようです。解剖などはありませんでした」

 最終的に、検査に当たった医師から死因について電話で説明を受けたのは2週間後の6月25日だった。

「先生から死因は『虚血性心疾患の冠状動脈硬化症』と説明された上で『ワクチンと岡部さんの死亡には100%因果関係がない』と聞かされました。詳しい検査結果も見せてもらえず、ただ一方的に100%と言われても……。もっとできる検査があるのではないかと納得がいかなかったし、せめて直接先生と会って、お話を伺いたいとお願いしました」(哲郎さんの三男)

 さらに今度は神奈川県警高津署から連絡があり、哲郎さんの遺族は「岡部さんの死亡事例は厚生労働省に報告されない」という説明を受けたのだという。

新型コロナワクチン接種後に死亡した事例は累計556件

 新型コロナのワクチン接種は予防接種法上の公的接種にあたるため、法律に基づき、接種後の副反応が疑われるケースは医療機関から報告され、外部の専門家でつくる厚労省の部会で安全性を検討することになっている。高津署が言う「厚労省への報告」とは、この部会への報告のことを指している。

 大手紙社会部でワクチンについて取材する記者が解説する。

「部会では、安全性を検討することになる『接種後の副反応の疑い』について、『接種による副反応』と『接種と因果関係のない偶発的な事象』のどちらかすぐに判断できないものと定めています。全国から報告される『副反応の疑い』があるケースについては、詳細に調査が行われており、7月7日に開かれた厚労省の部会では、新型コロナワクチン接種後に死亡した事例が累計556件あったと報告されました。

 このうち大部分はファイザー社製のワクチンを接種した後に死亡したケースで、5月22日に接種が始まったモデルナ社製のワクチンを打ったあとに死亡したケースは2件のみでした。556件のうち、死亡と接種の因果関係が『認められない』とされたのが7件、現在『評価中』だったのが101件、情報不足などで『評価できない』としたのが451件でした(重複を含む)。また、この報告の中でファイザー社製ワクチンの2回目接種を行った7日後に死亡した80歳の女性について『(死亡が)接種との因果関係が否定できない』と踏み込んだ認定をされたことも注目を集めました」

厚生労働省への報告対象にすら入らなかった。

 接種の副反応を調べるために「国は接種後に亡くなったケースについてはできるだけ厚労省に報告をあげるよう各医療機関に働きかけている」(同前)という。しかし、哲郎さんの死は「接種後の副反応が疑われる」ケースにすら該当しないと判断されたのだ。

 哲郎さんの三男が続ける。

「警察は『報告をあげる基準に達していない』というのですが、肝心の基準が何なのかは教えてもらえませんでした。疑問に感じて調べてみると父と同じ『動脈硬化症』で亡くなった方について厚生労働省に報告され、因果関係が『評価できない』という結果になったケースもありました。接種後に自殺で亡くなった方さえ『接種後の死亡』ということでワクチンの副反応を調べる調査に含まれていたんです。それなのに父のケースが報告されないだなんて、とても納得できませんでした」

 7月8日には、高津署で遺族と警察、哲郎さんの遺体を検案した医師とで「話し合い」の場がもたれた。そこで医師は「ワクチンによるアナフィラキシー反応(臓器などにアレルギー反応が出る症状)は確認できておらず、厚労省に報告をあげる必要はない」と再び説明したという。遺族側が「アナフィラキシーではなくても報告されているケースもある」などと説得すると、医師は当初は「医者によって判断は違う」と答えていたが、最後には「遺族がそこまで言うなら」と厚労省に報告することに決まったという。

「ワクチンの副反応を調べているはずなのに、遺族がお願いしないと報告さえされないのはなぜかと思いました。厚生労働省に報告されたことで、父の死がせめてワクチンの副反応を調べるための何らかの助けになることを望んでいます」(哲郎さんの三男)

1カ月が経った今も遺体を火葬できていない

 哲郎さんの家族は、死亡から約1カ月が経過した現在もまだ哲郎さんの遺体を火葬できずにいるという。

「父の死因について、やっぱりまだ納得できない部分がありまして……。死因について詳しく知りたいと思い、警察側が行った(遺体の)検査記録の詳細をもらおうとしたのですが、警察は『先生に聞いてくれ』、医者は『警察に聞いてくれ』とたらい回しにされてしまいました。いま私たちの手元にあるのは、“虚血性心疾患による冠状動脈硬化症”と簡単に死因が書かれた1枚の紙切れだけです。これでは父の体に本当は何があったのかわからない。どのような検査をしてどのような結果だったのか。このまま、警察から記録の詳細がもらえないままだったら、どこか別のところで改めて遺体を調べてもらうしかないのではないか。そう思って父の遺体を未だに火葬できずにいます」

 哲郎さんの妻が振り返る。

「主人は中学校を卒業してから50年間、大工一筋でした。昭和49年に知人の紹介で知り合って、3人の子供を一緒に育ててきました。喧嘩をすることもありましたし頑固なところもありましたが、本当に優しい人でした……。数年前に大工を引退してからは家の天井まで届くような大きな絵を描いたりして、二科展でも入選したんですよ。自慢の夫でした」

検証してもらってこそ、父の死も誰かの役に立てる

「ワクチンで救われる命がたくさんあるのも分かります。一方でワクチンに不安を持っている人もいるし、少ない症例かもしれないけれど副反応が強く出る人もいます。だからこそ、国にはしっかりとデータを集めて検証してもらいたいんです。因果関係があったにせよなかったにせよ、検証してもらってこそ、父の死も誰かの役に立てるのではないかと思うんです……」

 哲郎さんの三男は最後にこう語ると、静かにため息をついた。

「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班)

2021/07/10

いいね!5

なんて言って良いのか分からない、難しい問題ですねー💢いつになっても、解決出来ない、同じ事の、繰り返し犠牲者が増えるだけ!

2021/07/18

いいね!1

@クルリン さん、あのCDCですら、色々認めているのに、🇯🇵内閣のホームページでは相変わらず「リスクの報告がない」と言い張っているのが問題ですよね💢‼️
🇯🇵国民を馬鹿にし過ぎです。

2021/07/19

いいね!2

@ユキリン さん、そうですよね!何処でどうなっているのやらです。何の解決にもならないままですねー😂

2021/07/19

いいね!1

@クルリン さん、全てグレートリセットの為でしょう💢。

2021/07/19

いいね!1

@ユキリン さん、これから先がどうなるやら心配ですねー😂

2021/07/19

いいね!1

@クルリン さん、今から2~5年は気が抜けませんね😩。特に🇯🇵は押せ押せのペースが早いので大変だと思います。

2021/07/20

いいね!1

@ユキリンさん♡

わぁ〜分かりやすい映像ですね!
1回目より2回目の方が更に死に至るとか。
恐ろしい世の中です!
政府の言いなりになりたくないです!

ワクチン接種して安心ではないのですよ。
皆さん平気でうっていますが💦

2021/07/20

いいね!3

@nanairoF さん、そこまでは至らない事を願っていますが、健康障害が心配です。

2021/07/20

いいね!0

ユキリンさん

仙台の後藤医師のコラムです。

妊娠27週以内での接種で82%の流産
The New England Journal of Medicineに2021.6.17に掲載された論文
“Preliminary Findings of mRNA Covid-19 Vaccine Safty in Pregnant Persons”
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2104983
この論文をもとに、ルイ・パストゥール医学研究センターの犬房春彦先生は、
James Bailey氏の論説(下記)を引用して、流産率を出しました。
https://z3news.com/w/new-study-published-in-new-england-journal-of-medicine-finds-82-miscarriage-rate-among-vaccinated-pregnant-women/
流産率
20週以内に流産の総数       104/827 (12.6%)
妊娠27週以内にワクチン接種    104/127 (81.8%)
妊娠20週以降           1/725 (0.1%)
妊娠28週以降にワクチン接種  1 or 0 /700 (0.1%)
妊娠14週以内にワクチン接種  104/1132 (9.2%)
皆さんはこれをどう判断されますか?
記事の投稿日:2021年07月26日

2021/07/28

いいね!1

地植えに関連するカテゴリ

地植えのみどりのまとめ

紫陽花、地植え!

裏庭にユーカリを地植え

夕映え パート8

21.9.12風花

21.9.1 花遊園

21.9.10花遊園

地植えの関連コラム

地植えの新着投稿画像

じゃっく

73

p.ピンクアイス×ウエストリンギア×枝豆✨✨✨✨✨✨✨ ×焼酎(桜島)のハイブリッド🍶 花見🌸してます🤗♪♪♪

すずばら

143

まるで星ですね♪¨̮⑅*⋆。˚✩.*・゚🤍´- 🏷ちっちゃいものクラブ 応援しています📣

らみ

72

左:我が家のコスモス(全体に大きい) 右:実家に移植したコスモス(縦に一本にょきっと大きい) 咲きましたが…やはりでかい🤣2m級😵 三分の1くらいの大きさで咲いて欲しいでーす😆 比較対象として、...

Rt_style

77

この花の少ない時期にチェリーセージが頑張ってくれてます( ・ㅂ・)و ̑̑

Rt_style

67

我が家のガウラさん、狭い場所で広がりすぎるので 一旦短くカットして…次の2番花が咲きました( ˊᵕˋ* )♩この位がちょうどいい!

Rt_style

59

シュウメイギク…もうすぐだね😍

4番中田

29

ワクチン2回目射ってきました💉 雷ゴー⚡️ 帰ってきて庭に水溜りができていました😿 ヘンリーフォンダさんも雫たら〜っとこぼれています💧

あまのじゃく

35

今日も暑かったです💦 一休みするにはこの木の下がいい日陰です 作業の合間に この木の下で一服です🎵

人気のコラム

開催中のフォトコンテスト

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード