警告

warning

注意

error

成功

success

information

神(=大家さん)にアパートの前庭を好きにしていいと言われたのでガーデニングライフはじめました④

投稿の削除

この投稿を削除しますか?
タイトルの通りです。おしゃれな庭を目指しているのになんだか迷走中。
2022.8.18お盆も明けて
今年のお盆は3年ぶりに親族揃って墓参りに行き、その翌日には関屋記念でビリとブービーを紐で当てるという素敵な思い出ができた。以来我が家では風呂上がりに「ウインカーネリアン!」「ディヴィーナ!」などと叫びながら襖を開けて登場する遊びがプチ流行している。某ゲームからのにわかエンジョイ勢なので安心してほしい。次は2歳Sだ。粗品の予想は二度と参考にしない。でも見る。

ーーそんな4足歩行の競争の話をするためのまとめではなかった。
しかし④ともなると庭づくりとしてはそれほど大きな変化はないかもしれない。
でもまだ試してみたいことが色々あるので一緒に面白がってもらえたらうれしい。そんな園芸記録です。
前まとめで紹介した、勝手に生えてきたマルバルコウソウ。あれから2週間でもう天井まで届いた。
スカスカだったのが段々モサモサしていく様子は毎日観ていて楽しい。
雑草扱いだからかこんな風に庭で育てている画像は見当たらない。でもこうしてちゃんと仕立てればなかなか悪くないのではないだろうか。
水抜きパイプに素直に絡まってくれるので紐などで誘引する必要もない。ただなるべく均一に絡むようにちょこちょこ手を加えてはいる。それが楽しい。
パイプと柱の隙間が狭いため、時々つるが迷子になっている。これを放置するとつる同士が絡みついて見苦しくなる。
隙間を通るように誘導してやるだけで綺麗に絡んでくれる。
生育は非常に旺盛で、想定通りにモサモサになってくれてうれしい。毎日水遣りしながらテラスライム®︎だと言い聞かせてきた甲斐があった。

神「すごいじゃない。これアサガオ?」
私「マルバルコウソウという赤い花が咲く…まあ雑草ですね」
神「😆」

神から笑いがとれたので私としては大満足だ。
ただ、アパートの玄関口なのであんまり繁って見苦しくなったら切るつもりでいる。

それにしても、新たなまとめで初っ端から雑草の話ばかりしているのはいかがなものだろうか。
ちなみに並んで生えている青じそとマツバボタンも勝手に生えてきたものだ。どれも元気でかわいい。困る。かわいい。
お盆前からの雨で種から育てたマリーゴールドがすっかり元気を取り戻した。
葉っぱばかりだった苗も切り戻しをしたら花がつくようになった。これも旺盛なので混み合ってきたなと思ったらすぐ切っている。
一方イタリアンパセリは様子がおかしい。
白い斑点は育苗トレイの時からあり、さらに新葉に黒いシミのようなものが見られるようになった。モザイク病だろうか?
苗から育ててうどんこ病になったから種をまいてみたけれど今年もうまくいかない。
モザイク病はアブラムシが原因らしいのでベランダ組に期待している。
今回は緑ばっかり。
種からのバジルは地植え組が元気だ。
植え込みのサツキは丸く刈り込んだ。何年もかかるが徐々に形を整えていきたい。
コキアは暑かったせいかなかなか大きくならない。神の家ではもう隣同士がぶつかるほど大きくなっているそうだ。まああまり大きくなられても困るのでゆっくりでいい。
壁際花壇はアガパンサスが完全にバラの陰に隠れてしまった。ちょっと見通しが甘かった。寒くなったら掘り起こして右の方に移植してやりたい。
バラは見ての通りの伸びっぷり。秋にはようやく花を沢山咲かせられるので楽しみだ。
クレマチスが2番花の花芽をつけ始めている。誘引に失敗して2本ほど折ってしまった。何事も経験だから仕方ない。いつかは慣れるだろう。

それにしても春まで何もなかったこの場所も大分にぎやかになったものだと思う。
思い通りにいかないことも多いけれど、それも含めて園芸は楽しい。
今後もこの小さな庭でできる限界を探りつつゆるゆる楽しんでいきたい。
2022.9.7残暑と雨と虫
今年ももう9月だ。
春からずっと暑くて空梅雨だったのに8月からは雨の日が多い。
おかげで庭の植物たちも今は元気だが、そのうち日本の気候も雨季と乾季に分けられる時代が来るのかもしれない。

マルバルコウソウは今ここまで伸びてきた。
横方向には巻き付かないので毎日脚立に登って誘引しているが、実は結構面倒な高所作業だ。首も痛い。
「危ないことは気をつけてやれ」が親の教えだったので、この手の作業は子供の頃から沢山経験してきた。
でも本当に気をつけるべきなのは「自分は慎重派だから大丈夫」と慢心しないことだと思う。だから私はいつも一歩ずつそろりそろりと欄干を登り降りしている。
ひとつ前の写真にもいるが、うちの庭ではよくちょうちょが飛んでいる。
毎日見かけるモンシロチョウは、先日蛹の抜け殻を見つけたので多分この庭で羽化したのだろう。実はこのまとめ④の最初の写真にも写り込んでいる。
おそらくスイートアリッサムがいい餌場になっているのだろうけれど、まあいいか。
空きスペースに矮性キキョウとニチニチソウとケイトウを植えてみた。
どうしてもおしゃれな洋花よりも昔から馴染みのある花を選んでしまう。
あと何故かうちにはつる性植物が多い。
自分でも気づいていなかったけれど、これが私の好みなのだろう。
クレマチス流星の2番花が咲いた。
春より色が薄いけれどこの色も涼しげで綺麗だ。
室外機はどうやってもおしゃれに見えないので来年できればどうにかしたい。
現在養生中のクローバーティント。
どんどん葉が枯れていくと思ったら根本に沢山のダンゴムシがいた。すぐオルトラン粒剤を撒いて鉢周りにナメトールも撒いた。(ダンゴムシも食べる)
ダンゴムシによる被害は初めてだったので驚いたが、この庭も生き物が増えて以前よりも土壌が豊かになってきたのを感じる。枯れ葉を分解して土に還してくれるのも彼らだから必要以上に駆除するのも良くない。
庭仕事をしていると本当に色んなことを考えさせられる。
2022.9.13もしかして…!?
昨日水遣りの後庭を眺めていたら、ご主神(=神のご主人)が通りかかって声をかけてくれた。

主「綺麗にしてるねえ」
私「ありがとうございます😊春にお世話になった所ももうすぐバラが咲きますよ〜」
主「写真撮ってSNSにアップしたりできるねえ」

⁉️ ∑(゚Д゚)

私「あはは〜それもいいですね〜」

………これ、もしかしてバレてますか?(敬語)

いや、そもそも迷惑かかるようなことはしてないし読まれて困ることも書いてないけれど……。
賃貸だから大きくなるのは植えられないし(植えてるけど)普通の園芸記録にしても面白くないだろうから、ここで起きた出来事やその時の気持ちも一緒に書いておけば後でいい思い出になるかなーと思って書き始めたけれど……。

こんなノリノリで書いてるやつリアル知人に読まれるのめちゃくちゃ恥ずかしい!!!

夫にも読ませたことないのに!

しかもこれ、バレてなかった場合ただの自爆になるので私の方からは訊けない。
つまりこの先ずーっとモダモダすることになるパターンじゃないか…。

神、もしバレてたら今度優しく肩を叩いて教えてください(敬語)
2022.9.28初秋の庭
夏から秋への季節の変わり目に体調を崩す人は多いだろう。
私も毎年この時期は咳喘息に悩まされる。長びく咳に体を揺すられるダメージが蓄積し、骨や筋肉を痛めてしまうのだ。
いつもは肋骨だったのでまだ動けたが、それが今年は腰の筋にきた。咳き込む度に激痛が走るため、最近は昼も夜も横になっている。(よって神とも会ってない)
腰以外は問題ないので正直暇である。だから先日撮った写真でお茶を濁しておくことにする。

前回と変わり映えしない写真だが、マルバルコウソウは世話ができなくなった頃に成長を止めた。
お気に入りだった緑の柱も黄色く枯れ始めている。
上の方を見上げると種がびっしり出来ている。こうならないように毎日脚立をかけてむしっていたのだが、これが腰痛の遠因となった可能性もあるので笑えない。
もっともこれだけの数なので健康であっても諦めたかもしれない。
種が落ちる前に撤去しなくては、と思っていたら既に落ちて芽を出していた。やばい。
毎年健気に生えてくるのでどうにか園芸に使えないものかと思って育ててみたが、この爆発的な繁殖力と成長力は人間にとっても他の植物にとっても脅威だろう。この週末に夫の力を借りて撤去する予定だ。
私のような物好きでもなければ育てたいと思う人もいないだろうけれど、本当に全くおすすめできない植物である。
でも健やかに伸びていく様子は見ていて楽しかったし、つるも葉も花も自然の美しさがあった。何よりも平凡なアパートの一室がジャングルになったみたいで面白かった。
そういうのが全部わかったので、育ててみてよかったと思う。
話変わって、種から育てたマリーゴールド。
葉っぱが多くてすぐにモサモサしてしまう。小まめに剪定をくり返し、ようやく花を咲かせるようになった。苦労が報われてうれしい。
同様に種まき組の白いカワラナデシコが二番花を咲かせている。虫に食われてるのは今気づいた。
もう、来年は植えないんだから!
クローバーティントがだいぶ回復してきた。
夏の植え替えからダメージを受け続けたせいか、四つ葉🍀が沢山見られる。
押し花にしてしおりでも作りたいところだが、今はそんな元気もないので写真に残して眺めるだけにする。
バラ・ホワイトメイディランドが秋の花を咲かせ始めた。
蕾を摘み続けて迎えた最初の秋。
病気にもかからず元気に育ち、こうしてまた花を見せてくれた。まずはそれを喜びたい。
ベランダ下に自生する青じそ。
一度醤油だれに漬けて食べたら美味しくて、夏の間に何度も収穫した。
ちょっと硬くなった葉でも漬けてしまえば問題なかった。
毎日のようにメイガやヨトウムシを駆除しながら、この植物にとって一番の害虫は私の方なんだろうなと思った。
私はこの庭という生態系の頂点にいて、でも水遣りをしたり肥料を撒いたりしているから生態系の一部になっているのかもしれない。
そんな事を考えさせられた夏だった。

投稿に関連する植物図鑑

アガパンサスの育て方|増えすぎたときの株分け方法は?日陰や種からでも育つ?
アンゲロニアの育て方|寄せ植えのコツは?冬越しすれば宿根草になる?
イタリアンパセリの育て方|収穫時期はいつ?種まきや苗植えの方法は?

投稿に関連する花言葉

アガパンサスの花言葉|白やピンクなど色別で怖い意味はある?花の特徴、種類は?
アンゲロニアの花言葉|種類や由来、花の特徴は?
ガザニアの花言葉|種類や由来、花の特徴は?
2022/09/07
頑張ってね😆
2022/09/07
@まつもー さん
ありがとうございます😊
今後とも楽しくやっていきます♫
2022/09/13
オンリーワン 👏👏👏
ワン&オンリー 唯一あてたダービー🐎 忘れませんね
庭づくり たのしんでいますね ゆっくり自然に ばれないように がんばってくださいね😆
2022/09/13
@ゆうさん
ありがとうございます♫
関屋記念は馬券的には外しましたが今となってはいい思い出です🏇
既にバレているかもしれませんが😅今後も庭づくりを楽しんでいきたいと思います

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

小さな庭に関連するカテゴリ

小さな庭のみどりのまとめ

いいね済み
39
2022/09/29

神(=大家さん)にアパートの前庭を好きにしていいと言われたのでガーデニングライフはじめました④

タイトルの通りです。おしゃれな庭を目指しているのになんだか迷走中。
いいね済み
2
2022/09/27

セイヨウニンジンボク 最強かも

小さな鉢植え(40cm位)を地植えにして4、5年で2m以上に成長し、7月
いいね済み
10
2022/09/25

枯れたシマトネリコの抜根

2年前に枯れたシマトネリコ。 根本で切って放置すること2年。 腐ってなく

小さな庭の新着投稿画像

人気のコラム

いいね済み
502
2021.02.12

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!…

いいね済み
404
2019.10.16

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!…

いいね済み
324
2020.01.29

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ…

いいね済み
324
2022.08.31

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にも…

いいね済み
279
2020.01.15

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!…

いいね済み
264
2021.11.25

【冬の花図鑑30選】冬に咲く花の名前や花言葉はなに?鉢植えや花木でよく見…

いいね済み
252
2022.01.13

ミニトマトの育て方|プランター栽培の方法は?水やりのコツや、苗の植え方は…

いいね済み
250
2022.07.06

ヒマワリの花言葉|怖い意味もあるって本当?色や本数別の意味は?…

いいね済み
244
2022.04.14

バラ(薔薇)の花言葉|色や本数別、怖い意味とは?花瓶に長く飾るコツは?…

いいね済み
237
2022.08.05

ユリ(百合)の花言葉|色別で怖い意味があるの?花の特徴は?…

開催中のフォトコンテスト