警告

warning

注意

error

成功

success

information

🆖⚠️肥料関係でやってはいけないという事⚠️🆖

投稿の削除

この投稿を削除しますか?
こんにちばんは♪ GreenSnap肥料アンバサダーのキラーと申します🌱 今回はお花を育てる上で、気をつけた方が良い事や、やってはいけない肥料の与え方をまとめて行きます😊 基本的に水やりは土が乾いてから、たっぷりと与えるのは大事な事ですね😊 元気に育てたい🌱キレイにお花を咲かせたい🌸と皆さま肥料を与えていると思います😊 そこで、やってはいけない肥料の与え方とポイントをご紹介致します😊 それでは!レッツ園芸👍 SNAPは基本ジョジョ立ちでパシャリしておりますが「みどりのまとめ」に置きましては割愛させていただきます🤭
🆖肥料焼け😖
🌱肥料やけとは、多量の肥料成分によって根が害を来たし、萎凋、場合によっては枯死する現象を言います。
植物の根と土中の肥料の間には浸透圧があります。浸透とは、濃度の薄い溶液と濃い溶液が共存している場合、濃度を均一にしようという働きが生じて濃度の薄い溶液が濃いほうへ移動する現象を言います。
その圧力が浸透圧です。肥料を過剰に与えた場合、土の中の肥料の濃さを薄めようとする浸透圧の関係で根中の水分が土壌に流出し根がしなびてしまいます。これが肥料やけの原因です。植物が元気でない事を理由に、規定量以上の肥料を与え続けると植物は逆に枯れてしまいます。

🌸ポイント
肥料を与える際には、植物が植わっている場所や鉢、根の状態などをよく確認することが大切です。肥料やけを起こしてしまった場合は、大量の水を与えて土の中から肥料を流し出すか、場合によっては新しい土に植え替えて様子を見るなど、なるべく早めの対処が必要です。

(一部ハイポネックスHPより抜粋)
花苗を植えてすぐに肥料を与えると、調子が悪くなります。

最悪の場合には枯れてしまいます🆖

ポイント🌸
植え付け後にはリキダスなどの活力剤を1000倍に薄めて与えてあげると元気に育ちます♪

🆖切り戻しのあとや鉢増しの後も濃い肥料を与えると枯れてしまう場合があります

ポイント🌸
切り戻し後は肥料を与えてあげた方が良いと思いますが、与え過ぎは厳禁です。
リキダス1000倍水のみでも良いと思います♪

ウチでは微粉ハイポネックスを2000倍に薄めてリキダス1000倍を混ぜて与えています。




モリモリに咲いていたチェリーピンク。
切り戻し後500倍+リキダス250倍水で液肥を、与えてしまいました🆖

最初なぜ枯れたのか分かりませんでしたが、調べてみると、肥料焼けから枯れてしまった様です😖

失敗例です😖

🆖液肥(追肥)の与え方🆖
⚠️液肥(追肥)を与える時に花や蕾にドバドバと与える🆖と花や蕾が傷みます😖

🌸ポイント
一度水やりして、土に水分を含ませてから液肥を与える様にしましょう♪

株元からウォータースペースいっぱい位まで与えます。(鉢底から流れ出るくらいが目安です)

いきなり液肥を与えるよりも浸透率が上がります😊

🌱肥料は時期や気温にもよりますが生育期ですとハイポネックス原液を500倍に、リキダス250倍水を週1回混ぜて与えています。
真夏ですと薄い目の肥料を週に2回あげるのも良いですね🤭

🌱花が咲いてない苗や元気の無い苗にはハイポネックス微粉にリキダスを混ぜて与えています🤭

液肥の配合などは別途「みどりのまとめ」に掲載させていただきました🤭

🆖置肥(追肥)の与え方🆖
植え付け後すぐに置肥を与えると肥料焼けを起こすかもしれないです。

植え付け時には元肥を混ぜているため、植え付け後、2週間〜1ヶ月は追肥は要りません。

ポイント🌱
植え付け時にマグァンプKを規定量混ぜ込みます♪

小さな鉢で1ヶ月見守ってから鉢増しする人(私です)には元肥にマグァンプDがオススメです♪

殺虫剤配合で効果が1ヶ月あります😊
鉢増し時にマグァンプKを配合します。

その後はマグァンプDを殺虫剤配合の追肥として使います😊
マグァンプD

嫌なニオイもしません😊
置肥の定番 🌱プロミック🌱

花苗にはピンクのプロミックを使っています。

🌸ポイント

🌱植え付け後2週間以上空けて置く事

🌱茎に触れない様に置く事

⚠️水やり時に流れて土に隠れて見失い、さらに追肥を置いてしまわない様に注意してください😖

⚠️水やり時に流れて茎の周りにくっついてしまう事があります😖

🌸🌱さらにポイント🌱🌸

キラー式プロミック管理法

👍置いた日をテプラで貼り付ける。
(ノートにメモでもOK)

👍水やりの前に鉢の外に出す。水やり後に土に押し込みます。効果が気になる方は霧吹きで湿らせて下さい。←やってます。

👍ボロボロになったら替え時って覚え方もあります(メモつけ忘れた時🤭)
ハイポ液肥とリキダスの混ぜ方
ハイポ液肥にリキダスを直接混ぜるとゼリー状になって固まってしまいます😖

水に溶かしたハイポ液肥にリキダスを、後から混ぜましょう😊

おまけ
🪴植物の三大栄養素🪴
N(窒素)-P(リン酸)-K (カリ)


🌱N-窒素
葉の色を濃くしたり、枝・茎を太く丈夫にするなど、葉や枝・茎の生育を促すのが主な役割です。葉肥とも呼ばれています。窒素が不足すると葉の色が薄くなる、枝・茎の生育不良に繋がります。ただし、窒素が多すぎるとかえって抵抗力が弱まり、病気になりやすくなるので注意が必要です。

🌱P-リン酸
実肥と呼ばれるリン酸は、その名の通り実・花のつきを良くする働きを持っています。そのため、リン酸が不足すると花つきや実なりが悪くなり、さらには根や葉、枝などの生育にも影響を与えます。実がなる植物を育てる際には特に必要となる栄養素なのです。

🌱K-カリウム
カリウムは根や茎を丈夫に生育するために必要な栄養素で、根肥とも呼ばれています。根・茎を丈夫にするだけでなく、乾害・寒害などから植物を守る耐病性を身につける働きもあります。不足すると根の生育が悪くなり、葉焼けのような枯れ方をすることがあります。


覚え方🤭

N 葉っぱを育てる
P 花を育てる
K 根を育てる

🌱葉-花-根  バカね🤭

バカねと覚えています。

写真は微粉ハイポネックスです。
N6.5-P6-K19
株を育てつつ、茎や葉、花を育てるモンスター級の肥料ですね😊


最後まで読んで頂きありがとうございました😊
こんにちは☀️
昨年けっこう枯らしてしまった枯れ方がキラーさんのチェリピンによく似てます😲
肥料焼けの可能性があるんですね😃💡
切り戻し後は肥料あげたくなっちゃうけど、薄めがいいんですね‼️
参考になりましたー😆
2023/04/12
@こうこう さん
こんにちは♪
ありがとうございます😊

一緒に切り戻したバターポップコーンとプチホイップは大丈夫だったんですが😅

こうこうさんの様に挿し芽取っていたら良かったです🥹
実は冬越ししたペチュニアで、何か分からなくなっている子が何本かいます🤭

チェリピンだったら嬉しいな😊

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

植物の栄養・効能に関連するカテゴリ

植物の栄養・効能のみどりのまとめ

いいね済み
141
2024/02/20

春の楽しみ🎵柑橘ピールの砂糖菓子作り🍊

香りの良い春柑橘、皮ももったいないのでお菓子にします。レシピを紹介します
いいね済み
22
2024/01/31

身体にいい! 手作り発酵食品

立春の頃、実家では毎年自家製味噌の仕込み作業があります 今年はその作業の
いいね済み
228
2024/01/28

漢方薬

勉強会の覚えです

植物の栄養・効能の関連コラム

大豆の栄養|効果・効能や保存方法、旬の時期や選び方は?の画像
2022.09.30

大豆の栄養|効果・効能や保存方法、旬の時期や選び方は?…

日本人になじみ深い大豆は醤油、豆乳、枝豆、豆腐など何かしら大豆製品と関わっていることが多いです。そんな大豆にはどんな栄養が含まれているのでしょうか。 このページでは大豆の栄養が効果…
オリーブの収穫時期|実がならない原因は?食べ方、効果、栄養は?の画像
2022.09.20

オリーブの収穫時期|実がならない原因は?食べ方、効果、栄…

オリーブは古くから平和の象徴とされていて、日本でもシンボルツリーとして人気があります。オリーブの実は、西洋料理などで使われ、原産国であるイタリアではポピュラーな食材の一つです。オリーブオイルが有…
エシャレットの栄養|効果・効能や保存方法、食べ過ぎには注意?の画像
2022.08.19

エシャレットの栄養|効果・効能や保存方法、食べ過ぎには注…

エシャレットはらっきょうを早い時期に収穫した野菜です。エシャレットらっきょうよりも食べやすいため、サラダや炒め物、そして天ぷらなどで楽しむことができます。栄養も豊富なので、ぜひとも料理に取り入れ…
ローズマリーの効能、香りや精油にはどんな効果がある?の画像
2022.06.23

ローズマリーの効能、香りや精油にはどんな効果がある?…

紫色の可愛らしい花を咲かせるローズマリーは、爽やかな香りが特徴のハーブですね。花や葉の観賞を楽しむのはもちろんですが、ローズマリーは料理やアロマなどで使用することができ、私達の生活でも活躍してい…
サツマイモの栄養|成分表やカロリー、効果・効能や旬の時期は?の画像
2022.06.15

サツマイモの栄養|成分表やカロリー、効果・効能や旬の時期…

サツマイモと言えば、食欲の秋には欠かせない食材ですね。ホクホクしたサツマイモは寒くなる時期にはぴったりで、石焼き芋はもちろん、煮物やみそ汁などに入れておいしく頂けます。そんなサツマイモですが、ど…
枝豆の栄養|成分表やカロリー、効果・効能や旬の時期は?の画像
2022.06.02

枝豆の栄養|成分表やカロリー、効果・効能や旬の時期は?…

暑い夏の時期になるとよく食べられる枝豆は調理も簡単で食べやすく、食材としても使いやすいです。何気なく食べている枝豆ですが、実は栄養が豊富な野菜であることをご存じでしょうか。おいしいだけでなく栄養…

人気のコラム

いいね済み
510
2024.02.14

春に咲く花といえば?4〜6月に見頃を迎える春の花一覧…

いいね済み
424
2019.10.16

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!…

いいね済み
330
2022.08.31

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にも…

いいね済み
327
2020.01.29

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ…

いいね済み
286
2020.01.15

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!…

いいね済み
271
2024.02.14

冬に咲く花といえば?寒い時期を彩る人気の冬の花一覧…

いいね済み
257
2022.12.07

ミニトマトの育て方を徹底解説!プランター栽培の方法は?水やりのコツや、苗…

いいね済み
315
2022.12.09

バラの花言葉|色や本数で怖い意味にもなる?愛を伝えるなら100本がおすす…

いいね済み
250
2023.01.05

【色・本数別】ひまわりの花言葉には怖い意味もある!花束におすすめの大きさ…

いいね済み
240
2022.08.05

ユリ(百合)の花言葉|色別で怖い意味があるの?花の特徴は?…

開催中のフォトコンテスト