植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営するGreenSnap株式会社(東京都千代田区、代表取締役:西田貴一)は、このたびユーザー約600名を対象に業界調査を実施しましたのでお知らせ致します。

GreenSnapとは

GreenSnap社が運営する「GreenSnap」は、30~40代女性をターゲットとした植物に特化したSNSアプリです。植物の名前や育て方を調べたり、植物写真のタイムライン投稿やアルバム記録、ブログなどの機能を備えており、植物好き同士の活発なコミュニティも存在します。ユーザー数はGreenSnap社運営メディア全体で最大月間500万人、投稿数は300万枚を達成し、いま注目を集める植物メディアです。
当社では、GreenSnapユーザーの中で業界関係者がどの程度活用しているのかを明らかにするため、2019年2月アンケート調査を実施いたしました。

「GreenSnap業界調査アンケート」結果

ユーザーの約20%がGreenSnapを仕事で利用していると回答!

「GreenSnapを仕事で利用していますか?」という質問に対して20.4%の人が「はい」と回答。業種としては、ホームセンターや店舗などの小売・流通が32.1%と一番多い割合になりました。

▼Q:GreenSnapを仕事で利用していますか?

▼Q:携わっている業種を教えてください

利用方法は「花・植物に関するトレンドをつかむために利用」と回答した人が72.4%、「自社で使うための情報収集として利用」と回答した人は45.5%、「自社での販促のヒントとして」と回答した人は43.1%という結果になりました。(※複数回答可)

集客など販促ツールとして活用頂いている他、直接仕事に役立つ情報を仕入れるために活用している人が多いことが分かりました。

▼Q:どのように利用していますか?

調査結果の総括

今回の調査では、単に植物や花の写真を投稿して楽しむユーザーだけでなく、その中には多くの業界関係者に活用して頂いていることが新たに分かりました。
300万枚を超す投稿写真からは旬な花や植物だけでなくトレンドなどユーザー動向をリサーチすることができ、2018年7月にはショップページを開設したことでプロのアレンジなどの投稿も増加。このようなことから、業界関係者にとってはより販促活動や日頃の業務の参考に使って頂けるツールになっていると考えます。

GreenSnapはこの結果を踏まえ、今後も植物に関わる業界関係者にとってさらに価値ある情報を伝えられるよう取り組んで参ります。

調査概要

調査主体:GreemSnap株式会社
調査方法:アンケート回答
調査時期:2019年2月13日~2月18日

2+