GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料

レポート!サフィニアが私たちの手に届くまで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

華やかなサフィニアが、どのように生産されているかご存知ですか?
春になるとお店でたくさん並ぶサフィニアのポット苗、
実は生産者さんが冬の間に3ヵ月以上もかけて丁寧に作っています。

サフィニアは、サントリーフラワーズさんが研究に研究を重ねて出来上がった特別な品種なので、
生産者さんの元で苗になるまで大切に育てられてから店頭に並び、私たちの手元に届くようになるのです!

サフィニアの生産者さんはどうやって育ててるの?

サフィニアは毎年3月上旬から6月下旬まで出荷されていますが、
今回は3月上旬に出荷される場合の工程をサントリーフラワーズさんに聞いてきました!

①生産開始【12月下旬】

プラグ苗と呼ばれる小さい苗を、縦横約3cm、深さ約6cmの穴が開いたトレーに植えます。
1つのトレーに128本ものサフィニアが植えられることになります。

②鉢上げ【1月中旬】

プレグトレーで2~3週間管理した後、製品として出荷する9cm四方のポットに鉢上げします。
今まで小さなプレグトレーにいたサフィニアが、土の量が増えたことによりどんどん大きくなっていきます!

③摘芯(ピンチ)【1月下旬】

伸びてきた枝を摘芯します。
こうすることで枝数が増え、お客様の手元でたくさん花が付くようになるのです!
生産段階で摘芯をしない花苗もありますが、
サントリーフラワーズの花苗は基本的にほぼすべての品種で1~2回実施しています。

④出荷【3月上旬】

摘芯(ピンチ)後、一気に枝数が増えて葉がたくさん茂ってきました。
製品ラベルを挿した後、ダンボールに入れて全国各地の園芸店やホームセンターに産地から直送されていきます。

私たちの手元に届くまでには、生産者さんの丁寧なお手入れ工程があったんですねっ(*’∀’人)♥*+

苗を買った後も長くサフィニアを楽しんでほしい、というサントリーフラワーズさんと生産者さんの想いが凝縮された苗だったんですね。

GreenSnapでは引き続き、サフィニアコンテストを実施中!
お庭や公園などのサフィニアを是非投稿してください。

サフィニアの植栽場所は特設サイトから調べることができますよ♪
\サフィニアの植栽場所検索はコチラから!/

サフィニアフォトコンテストも実施中!

【supported by サントリーフラワーズ】

0

人気記事

企業のご担当者様へ

GreenSnapは2014年のサービス開始以来、”植物特化型の写真共有SNS”としてユーザー数を拡大、現在は1日に約3,000枚もの植物写真が投稿され、投稿累計数は100万枚を突破し、大規模コミュニティに成長しています。

詳しい事例や資料を用意しております。広告の掲載をお考えの方はこちらからどうぞ。

法人向けサービスについて

植物・お花写真40万枚!
植物もっと好きになるアプリ

GreenSnap投稿画像

GreenSnap公式アプリ

★★★★★

みんなの『育てている植物』や『おうちで飾った素敵なお花』の写真が毎日たくさん投稿されるので、一日中飽きずに見れること間違いなし😉

今すぐ無料ダウンロード