ヒーちゃんさんのお出かけ先,岡本太郎,太陽の塔☆の投稿画像

お出かけ先の画像 by ヒーちゃんさん | お出かけ先と岡本太郎と太陽の塔☆と万国博覧会と万代美術館

2021/01/16

63回いいねされています

岡本太郎さんと太陽の塔
太陽の塔は、1970年に開催された日本万国博覧会のシンボルとしてつくられました。
この顔を見て大人は縄文土器の進化系と呼び、外人は弥勒菩薩と言い、自分達の世代はウルトラマンのおじいちゃんと呼んでいた記憶があります。
塔の頂部には金色に輝き未来を象徴する「黄金の顔」、現在を象徴する正面の「太陽の顔」、過去を象徴する背面の「黒い太陽」という3つの顔を持っています。
内部は空洞になっており、生命の進化の過程を示す展示空間でしたが、博覧会閉幕後約50年近く、公開してきませんでした。
「太陽の塔」は過去・現在・未来を貫いて生成する万物のエネルギーの象徴であると同時に、生命の中心、祭りの中心を示したもので、博覧会開催期間中、博覧会来場者(約6,400万人)に多くの感動を与えました。
なんと今なら「岡本太郎展 太陽の塔の道」が新潟県万代美術館で開催されています!
岡本太郎さんが太陽の塔に何を込めようとしたのかを考える展示になっていますのでお近くの方は是非ご覧になってくださいネ!

2021/01/16

このみどりを撮った人

ヒーちゃん

ヒーちゃん

花と太陽が好きで写真を撮ってます。 花も太陽も一期一会。 その瞬間を撮れる事に感謝、感謝です。

場所

お出かけ先

キーワード

岡本太郎 太陽の塔☆ 万国博覧会 万代美術館

植物

投稿に関連する植物図鑑

投稿に関連する花言葉

投稿に関連する商品

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

お出かけレポートに関連するカテゴリ

開催中のフォトコンテスト

お出かけレポートのみどりのまとめ

こちょアルバム(過去撮り・1日1枚)

こちょアルバム(睡蓮)

こちょアルバム(蓮)

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード