醜男さんの菜の花,ナノハナ,菜花の投稿画像

の画像 by 醜男さん | 菜の花とナノハナと菜花とナバナとセイヨウアブラナと西洋油菜とスマホ撮影と野草と山野草と帰化植物と雑草

2021/03/14

135回いいねされています

西洋油菜(セイヨウアブラナ)/菜の花(ナノハナ)/菜花(ナバナ)

アブラナ科アブラナ属の1~越年草。明治時代初期にヨーロッパから入り、菜種油をとるために栽培され野生化した帰化植物。花期は2~5月。春になると畑や空き地、河原や土手などに群生し『菜の花』として春の訪れを知らせる。野生のカブとキャベツの自然交雑種で、立派なものではカブやダイコンを思わせるサイズにまで根が太くなるが、かたくて食べられない。茎や葉には白粉をまぶしたような特徴がある。蕾は『菜花(なばな)』と呼ばれ、食卓にも春を運ぶ。花は鮮やかな黄色で花弁は十字形に並ぶ。萼片は開かないで目立つ。果実は長角果で長さ5~10㎝、先は細いくちばし状になる。種子は暗褐色、ほぼ球形で果実の中に1列に並ぶ。

菜の花とよばれる植物は多数あり、製油用に栽培もされる本種や、最近は見かけないが弥生時代に中国から渡来したといわれる油菜(アブラナ)、観賞用に栽培される花菜(ハナナ)、縮緬白菜(チリメンハクサイ)とアブラナを交配したチリメンアブラナなどがある。

よく似た西洋芥子菜(セイヨウカラシナ)とは葉で見分ける。本種の葉は基部が耳状に張り出して茎を抱くが、西洋芥子菜の基部は茎を抱くことはなく、花がひとまわり小型。

弥生時代に中国から渡来し、種子を絞って灯油などの油にしたアブラナが名前の由来。本種も外国から渡来した種で、頭にセイヨウがつき、ほかのアブラナの仲間と区別されている。

出典『野に咲く花』『散歩の草花図鑑』『野草の名前』

2021/03/14

このみどりを撮った人

醜男

醜男

コメントのやり取りは苦手です。 同名IGer。

場所

キーワード

スマホ撮影 野草 山野草 帰化植物 雑草

植物

菜の花 ナノハナ 菜花 ナバナ セイヨウアブラナ 西洋油菜

投稿に関連する植物図鑑

投稿に関連する花言葉

投稿に関連する商品

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

雑草に関連するカテゴリ

開催中のフォトコンテスト

雑草のみどりのまとめ

メマツヨイグサの剪定

ヒメムカシヨモギの剪定

艶カタバミ

雑草の関連コラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード