n i eさんのお出かけ先,白菜の花,黄色いお花❤の投稿画像

お出かけ先の画像 by n i eさん | お出かけ先と白菜の花と黄色いお花❤とコマツナのお花と楽しくhappyにとアラクダクキタチのお花と♡優しさに感謝♡とミズナのお花と植物に感謝とアブラナのお花とタアサイの花と野菜の花とチンゲンサイのお花とスティクセニョールの花とどんな時も笑顔とアブラナ科アブラナ属とスティックセニョールのお花

2021/03/26

99回いいねされています

菜の花集合🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼

アブラナ科アブラナ属

外側左上から時計回りで。
外側↖️白菜(ハクサイ)
    カブとパクチョイの交雑とされる。西アジア原産のBrassica rapaを原種とする。日本では冬野菜として好まれている。日本に定着したのは明治から大正にかけての比較的新しい野菜。
3タイプあり、結球タイプ 半結球タイプ 不結球タイプがある。
外側↗️スティクセニョール(茎ブロッコリーとも呼ばれる)
    ヤセイカイランという野草から生まれた改良種で、当初はブリコリーニという名称だったが、アメリカでブレーク、スティックセニョールで再ブレイクした。
外側↘️小松菜(コマツナ)
    原種は白菜と同じ。ほうれん草よりもアクが少なく同様に使える。11月から3月が旬。3月頃に出荷される同種の鶯菜のいうのがある。

外側↙️青梗菜(チンゲンサイ)
    白菜と同じ原種。茎の青い物を青梗菜、茎の白い物をパクチョイと呼ぶ。

内側⬆️タアサイ(2月頃に収穫出来るので如月菜とも呼ばれる)
    原種は白菜と同じ。ロゼット状に地面に葉を広げて育つ。パクチョイの変種ともされ、葉に縮がある。
内側➡️水菜(ミズナ)
   白菜と同じ原種。壬生菜と並んで京都の伝統野菜。葉にギザギザがあるのがミズナ。冬が旬の野菜。
内側⬇️油菜(アブラナ)
   日本では、弥生時代から利用されていた。種から油を取るので菜種の名をもつ。堤防や河川敷に見られるのはカラシナや西洋アブラナ。
内側⬅️荒立田茎立(アラクダクキタチ)
   ハナナ、ナバナとも呼ばれる。
会津発祥の伝統野菜。とろりとした食感と甘みが特徴。

お花だけ見たら全部同じに見えます。

2021/03/26

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

お出かけレポートに関連するカテゴリ

開催中のフォトコンテスト

お出かけレポートのみどりのまとめ

2021.9.17 西方寺 彼岸花

鳥居山(743m)に行ってきました②

l

一切経山から東吾妻山⛰(令和3年9月12日)

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード