醜男さんのクロモジ,スマホ撮影,野草の投稿画像

の画像 by 醜男さん | クロモジとスマホ撮影と野草と山野草と花木と黒文字と雑草と木の花

2021/04/07

182回いいねされています

黒文字(クロモジ)

クスノキ科クロモジ属の落葉低木。山の落葉樹林に生える。枝は黄緑色で折ると良い香りが立つ。葉は互生し長楕円形。花期は4月。花は淡黄色で透明感があり、葉が開くと同時に葉の下に球状に咲く。雌雄異株。雌株はひと回り小柄、雌花は仮雄しべが9個と雌しべが1個ある。雄花には雄しべが9個ある。果実は液果。球形で径6㎜ほどで光沢があり秋になると黒く熟す。種子は偏球形で長さ5㎜ほど。灰褐色で光沢はない。果実に種子は1個。

クスノキ科の植物は共通して芳香成分を含むが、中でも本種は香りが高く、枝を削って樹皮を残したまま高級品の楊枝にして和菓子に使う。香りが強いのは、リナロールやテルピネオールなどの精油を含んでいるから。枝葉から精製された精油成分はアロマオイルなどの薬用、化粧品に使われる。

樹皮の黒い模様を文字に見立てたのが名前の由来。また別の説として、かつて総楊枝(ふさようじ)は歯磨きの道具であり、樹皮を残したまま先を穂のように砕いて歯ブラシのように使った。香りがよく殺菌力のある成分を含むクロモジは総楊枝向きの材料だった。これを黒木の楊枝の意味で『黒楊枝』といった。宮中に仕える女性たちは衣食住に関する一般用語を直接口にすることをはばかり、言葉に『もじ』をつけて用いた。『鮨』はすもじ、『杓子』はしゃもじ、『そなた』はそもじなどの女房詞(にょうぼうことば)である。黒楊枝も『もじ』をつけて『黒もじ』と呼んだのが始まり。

出典『里山の植物 ハンドブック』『里山の花木 ハンドブック』都会の木の花図鑑

2021/04/07

我が家にも植えてあります。
枝を切ったりすると、良い香りがします。

これを読ませていただいて、お勉強になりました。
ありがとうございました😌😌

2021/04/07

いいね!1

@ハユ さん
読んでいただきありがとうございます🙇

2021/04/07

いいね!1

フォローさせていただきます😆
大変勉強になります!!!
黒文字は茶道でも使いますが、、、
黒文字の花の蜜のハチミツが今まで食べたハチミツの中でナンバーワンでした✨
美味しい理由がわかった気がします。
ありがとうございます✨
返信気にしないでくださいね👍

2021/04/08

いいね!1

@mimikomama さん
読んでいただきありがとうございます🙇

2021/04/08

いいね!1

このみどりを撮った人

醜男

醜男

コメントのやり取りは苦手です。 同名IGer。

場所

キーワード

スマホ撮影 野草 山野草 花木 黒文字 雑草 木の花

植物

クロモジ

投稿に関連する植物図鑑

投稿に関連する花言葉

投稿に関連する商品

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

雑草に関連するカテゴリ

開催中のフォトコンテスト

雑草のみどりのまとめ

アースガーデンさんの除草剤のモニターに当選しました

草刈り…機械試し運転

クラピアで、🌸裏庭が埋まるまでの記録 ①

雑草の関連コラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード