醜男さんのクスノキ,楠(クスノキ),スマホ撮影の投稿画像

の画像 by 醜男さん | クスノキと楠(クスノキ)とスマホ撮影と野草と山野草と花木と樟(クスノキ)と雑草と木の花

2021/06/01

165回いいねされています

楠/樟(クスノキ)

クスノキ科ニッケイ属の常緑高木。古い時代に中国から渡来したとも、九州の低山に自生していたともいわれる。暖地の野山に生え、幹回り20mを超す大木になる。古くから神社や寺に植えられ樹齢1000年を超す巨木も多い。樹皮は黄褐色で短冊状に裂ける。葉は互生し、光沢があり縁が波打つ。三行脈(さんこうみゃく)といい3本の主脈がはっきりしている。脈の分岐は膨らんで部屋のようになっていて、中には肉食性の小さなダニが住んでいる。クスノキに有害なダニから身を守っていると考えられる。葉の寿命は約1年。新しい葉が出ると古い葉は赤く色づいて落葉する。花期は5~6月。葉の基部から花序が伸び、黄白色の小さな花が集まって咲く。果実は液果。径8㎜ほどの球形で秋に黒紫色に熟す。種子は球形で灰褐色。緑色の果肉はオイルを含み、触ると指先がクリームを塗ったようになる。断面はアボカドに似る。

葉をちぎると芳香がある。これは樟脳(カンフル)という精油成分で防虫剤や薬品に使われる。葉や樹皮から樟脳を採るために各地に植林された。葉を燃やして蚊遣りとして用いられた。アオスジアゲハの幼虫の食草。トトロの棲み家。

古くからクスノキの巨木は人々の注目を集めてきたことから、珍しい木を意味する『奇し木(くすしき)』が語源。他に、『薫ずる木(くんずるき)』、つまり香りがすることが語源とも、薬や防虫剤になることから『薬の木』に由来するともいう。

出典『里山の植物 ハンドブック』『身近な草木の実とタネ ハンドブック』『樹木の名前』

2021/06/01

なるほど、なるほど! えッ、葉っぱに肉食性のダニ? 葉っぱ拾わんとこ💦 へぇ~トトロの住処なんだ…詳しい説明に感心しきりです。ありがとうございます😄

2021/06/01

いいね!1

@ららのひげ さん
読んでいただきありがとうございます🙇
トリビアの泉へようこそ🙋

2021/06/01

いいね!1

くすのきの花を見ないうちに花が終わってしまい来年こそと思っていたので、見ることができて嬉しいです🌸

2021/06/01

いいね!1

@滝山こまち さん
見ていただきありがとうございます🙇
花が枯れはじめていて、間もなく終わりといった感じでした🤔

2021/06/01

いいね!1

近所の楠見てみます。赤や黄の葉はよく見ます。

2021/06/01

いいね!1

@このはなに さん
秋に所々紅葉するのもきれいですね☺️

2021/06/02

いいね!0

トトロまで登場する🙆💕素敵な解説文、楽しかったです💞🙌💕

2021/06/02

いいね!1

やっぱり❗️
トトロの住まいは「奇し木」が語源とは😍‼️
クスノキ~~~😃😄と叫ぶとトトロが来てくれる気がしますね😉😘!

2021/06/08

いいね!1

@やっぺちゃん さん
そうですね☺️
トトロの棲み家と聞くと親しみがわきますね🙆

2021/06/08

いいね!1

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

雑草に関連するカテゴリ

開催中のフォトコンテスト

雑草のみどりのまとめ

東西対決(試合終了)

Photo By pinocchio

根鉢が固まっていた雑草たち

ダンボールでマルチング

雑草の関連コラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード