警告

warning

注意

error

成功

success

information

【公式】一人一花運動さんの福岡,園芸,マリーゴールド♡の投稿画像

【世界アルツハイマーデー!花を使った取り組みをご紹介】

9月21日(木)は「世界アルツハイマーデー」。
この日を中心に認知症の啓発が行われ、9月は「世界アルツハイマー月間」として、さまざまな取り組みが行われています。

福岡市でも世界アルツハイマーデー・月間に関連した取り込みが開催され、今回は花に関する活動をピックアップしてご紹介します♪

東区のアイランドシティ中央公園(9月8日)、東区の福岡市総合体育館(9月14日)、西区の西部運動公園(9月16日)の3箇所にて、認知症の方が花壇のお世話をする「らく楽ガーデン活動」が開催されました。

これは「福岡オレンジパートナーズ企業」でおもてなし花壇の協賛企業でもある「ニリチウ永瀬」が実施する事業の一環であり、園芸に触れることでうまれる生きがいづくりや、「老いることを楽しむ」社会の実現に向けて始められました。


■福岡オレンジパートナーズとは
認知症の人と企業が双方向で関わりを持ち、共に暮らせる共生社会を構築するとともに、認知症の進行を遅らせ、長く自分らしく活躍することにつなげる仕組みです。

認知症啓発のテーマカラーがオレンジ色であることから、花壇にはコスモスやマリーゴールドなどのオレンジ色の花が植えられ、可憐な姿を見せていましたよ♪

福岡市総合体育館では花の他に、野菜も植えられました^^

参加者からは「お花がかわいいね」「これから育っていくのが楽しみ」といった声が聞かれ、水やりの際に「お花が“ありがとう”と喜んどるよ」とお話ししながら、ニコニコ笑顔で花のお世話をされている姿が印象的でした。

福岡市は、認知症とともに住み慣れた地域で安心して自分らしく暮らせるまちづくりをオール福岡で推進する「認知症フレンドリーシティ・プロジェクト」に取り組んでいます。

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

開催中のフォトコンテスト

福岡市では,花と緑で未来のまちづくりを進める,「一人一花運動」に取り組んでいます。 「一人一花」,「一企業一花壇」を合言葉に,みんなで花を育てて,花で暮らしを彩り潤すことで,心の豊かさや人のつながりも生み出し,まちの魅力や価値も高めていこうという取組みです。

キーワード