警告

warning

注意

error

成功

success

information

よっちゃんの*野鳥観察*の一覧

いいね済み
186
よっちゃん
♡オオハクチョウ🕊♡ 氷🧊の上を黒のブーツ🥾🥾?で歩く滑稽ない姿、今日は横からの姿。オオハクチョウを調べてみました。 ● カモ科 ハクチョウ属 全長140㌢翼開長205 - 275㌢体重オス7.4 - 15Kg、メス8.2- 9.2Kg。全身が白い。春季から夏季に鉄分の多い環境では頸部の羽毛が暗色になることがある 虹彩は褐色。眼先に羽毛がなく黄色い皮膚が裸出し、この黄色部は鼻孔下部まで達する。気管は長い紐状で、胸骨内で上方に向かう。 主に水生植物の葉や茎・根を食べるが、昆虫や貝類などの無脊椎動物を食べることもある。 岸辺や中州に枯草やトクサやスゲの根・ミズゴケを組み合わせた直径2メートル・高さ50㌢に達する円錐形の巣をつくり、3 - 5個の卵を産む。抱卵期間は約31日。雛は孵化してから、78 - 96日で飛翔できるようになる。生後4年で性成熟する。 長距離を飛翔する鳥としては最大級で、身体が重いため、離陸時は助走を必要とする。鳴き声は大きく、「コォー」と鳴く。 シベリアやオホーツク海沿岸で繁殖し、日本には越冬のため千島列島を経由し渡来する。 食性は草食性が強く、水中や水面の水草を採餌したり、陸上で落ち穂や青草を食べる。 2019年に北海道別海町にて、放鳥から25年10カ月経過した雌の個体が確認されており、国内の最高齢記録とされている。 雛の綿羽は、淡灰白色[2]。幼鳥は灰褐色。 個体によっては鉄分の多い湖沼で水中の水草などを採食する際に頭部や首が錆色や黄褐色を帯びることがある。 ●オオハクチョウとコハクチョウコブハクチョウの違い コハクチョウ カモ目カモ科 全長約132cm 本州の湖沼や広い川で冬を越す。本州では冬鳥であるが、北海道では冬を越すものは少なく、南下する秋と北上する春に見られる旅鳥であることが多い。オオハクチョウはよく似ているが首の形状やくちばしの模様、分布に違いがある。声はコハクチョウのほうが低く、オオハクチョウはより甲高い。 北のものほど南に渡る? お堀で飼われていることが多いコブハクチョウは、額にコブがあることで見分けやすいのですが、ロシアから飛来するコハクチョウとオオハクチョウはよく似ています。全長約140cmとされるオオハクチョウは並べば大きいことがわかりますが、2種が一緒に見られるとは限りません。ここでは、2種の分布の違いに注目してみましょう。 コハクチョウは北極圏で繁殖しますが、オオハクチョウはそれより南で、カムチャツカやサハリンでも繁殖しています。ところが、越冬地は逆のようで、コハクチョウは西日本まで渡るのに対して、オオハクチョウは関東以北、主に北日本で冬を越します。このように、より北で繁殖するものほど南に渡る傾向は、カモメの仲間でも見られます。ロシアで繁殖するセグロカモメの多くは、北日本で繁殖するオオセグロカモメよりも南西の地域で冬を越します。 🏷オオハクチョウ 🏷水辺の風景 🏷ほんわか❤️ほんのり 🏷白い水曜日♡ 🏷水辺の水曜日 🏷野鳥観察 🏷野鳥のいる景色 🏷自然は面白い
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
21件中 1-21件 を表示

人気のコラム一覧

2024.02.14

春に咲く花といえば?4〜6月に見頃を迎える春の花一覧

by.GreenSnap編集部
2019.10.16

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

by.hana (a piece of dream*)
2022.08.31

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にも...

by.GreenSnap編集部
2020.01.29

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

by.mokutaro(杢太郎)
2020.01.15

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

by.内田アリ
2024.02.14

冬に咲く花といえば?寒い時期を彩る人気の冬の花一覧

by.GreenSnap編集部