警告

warning

注意

error

成功

success

information

シンジュの一覧

いいね済み
150
醜男
庭漆(ニワウルシ) ニガキ科ニワウルシ属の落葉高木。中国原産で明治時代初期に成長の早い有用樹として導入され街路樹や公園などに植えらた。また、シンジュサンという蛾の幼虫が好む食草なので、養蚕のために各地に植えられた。今では河原や土手、空き地などに野生化している。繁殖力が強く、根からも萌芽する。葉は大形の奇数羽状複葉でウルシに似るがウルシ科ではなくかぶれる成分はない。小葉の基部には鋸歯が1~2対あり、鋸歯の先に蜜腺があるのが特徴。葉に触るとごまのような独特の香りがする。花期は5~6月。雌雄異株で花は雌雄とも径7㎜と小さく緑白色で地味だが、甘い蜜と独特のにおいを出してハチを集める。雌株にできる果実は緑色から段々と赤みを帯び、秋に褐色に熟す。冬も枝に残り花のように見える。果実は翼果で2~5個の分果に分かれる。薄い翼を大きく広げたほぼ中央に種子があるが、きまって重心は少しずれ、翼の端がキャンディーの包みのように軽くねじれる。その結果、縦方向に回転しながら大きくらせんを描いて飛ぶという複雑な飛行をする。果実の形や落ちる角度によってはひらひら舞うこともある。 名前は、ウルシに似ていて、観賞用に庭に植えられたことに由来する。成長が早く高木になることから、英語では『tree of heaven(天の木、神の木)』、ドイツ語では『Gtterbaum(神樹)』という。別名の神樹(シンジュ)は英名の直訳。 出典『里山の花木 ハンドブック』『身近な草木の実とタネ ハンドブック』『樹木の名前』
いいね済み
136
醜男
庭漆(ニワウルシ)/神樹(シンジュ) ニガキ科ニワウルシ属の落葉高木。中国原産で明治時代初期に成長の早い有用樹として導入され街路樹や公園などに植えらた。また、シンジュサンという蛾の幼虫が好む食草なので、養蚕のために各地に植えられた。今では河原や土手、空き地などに野生化している。繁殖力が強く、根からも萌芽する。葉は大形の奇数羽状複葉でウルシに似るがウルシ科ではなくかぶれる成分はない。小葉の基部には鋸歯が1~2対あり、鋸歯の先に蜜腺があるのが特徴。葉に触るとごまのような独特の香りがする。花期は5~6月。雌雄異株で花は雌雄とも径7㎜と小さく緑白色で地味だが、甘い蜜と独特のにおいを出してハチを集める。雌株にできる果実は緑色から段々と赤みを帯び、秋に褐色に熟す。冬も枝に残り花のように見える。果実は翼果で2~5個の分果に分かれる。薄い翼を大きく広げたほぼ中央に種子があるが、きまって重心は少しずれ、翼の端がキャンディーの包みのように軽くねじれる。その結果、縦方向に回転しながら大きくらせんを描いて飛ぶという複雑な飛行をする。果実の形や落ちる角度によってはひらひら舞うこともある。 名前は、ウルシに似ていて、観賞用に庭に植えられたことに由来する。成長が早く高木になることから、英語では『tree of heaven(天の木、神の木)』、ドイツ語では『Gtterbaum(神樹)』という。別名の神樹(シンジュ)は英名の直訳。 出典『里山の花木 ハンドブック』『身近な草木の実とタネ ハンドブック』『樹木の名前』
いいね済み
95
なる
ニワウルシ(庭漆) 別名:シンジュ(神樹) ニガキ科 ↘️葉は大きな奇数羽状複葉で小葉の基部に数個の鋸歯があります。これがニワウルシの特徴だそうです。 ↗️その鋸歯の裏に腺点があります。 特徴あるこの部分だけ(↘️↗️)📷写して😲 しまった(・_・;全体の姿を写してない🤦🏻 次何処で逢えるのだろうか🤷🏻 後日🚗信号待ちの時に横向けばこの木(⬅️)の小葉基部に鋸歯が見えました👀 道路の中央分離帯に生えているのを見つけ急いでiPhone📱取り出してパシャリ!まさかこんな所で逢えるとは😁 葉がウルシに似ていて、庭に植えられる木ということから名付けられたそうですが、ウルシ科とは別の仲間であり、かぶれることもないそうです。また庭木には不向きだとか😳 樹木の苦手な私はひとつづつ覚えています😁 その木と何処かで出会い何の木かわかると本当に楽しいです♬ 追記❗️ ⚠️ ニワウルシは侵略的外来植物だそうです😱 その旺盛な繁茂により在来の生態系を破壊し、動植物に悪影響を及ぼしており、環境省も駆除すべき「特定外来生物」に指定しているようです‼️ 知らなかった😱 別名「神樹」名前の由来… 「天にも届く高木」。 英名の「Tree of Heaven(天の木)」をを訳したもの。 樹高が10~25m
いいね済み
148
醜男
庭漆(ニワウルシ)/神樹(シンジュ) ニガキ科ニワウルシ属の落葉高木。中国原産で明治時代初期に成長の早い有用樹として導入され街路樹や公園などに植えらた。また、シンジュサンという蛾の幼虫が好む食草なので、養蚕のために各地に植えられた。今では河原や土手、空き地などに野生化している。繁殖力が強く、根からも萌芽する。葉は大形の奇数羽状複葉でウルシに似るがウルシ科ではなくかぶれる成分はない。小葉の基部には鋸歯が1~2対あり、鋸歯の先に蜜腺があるのが特徴。葉に触るとごまのような独特の香りがする。花期は5~6月。雌雄異株で花は雌雄とも径7㎜と小さく緑白色で地味だが、甘い蜜と独特のにおいを出してハチを集める。雌株にできる果実は緑色から段々と赤みを帯び、秋に褐色に熟す。冬も枝に残り花のように見える。果実は翼果で2~5個の分果に分かれる。薄い翼を大きく広げたほぼ中央に種子があるが、きまって重心は少しずれ、翼の端がキャンディーの包みのように軽くねじれる。その結果、縦方向に回転しながら大きくらせんを描いて飛ぶという複雑な飛行をする。果実の形や落ちる角度によってはひらひら舞うこともある。 名前は、ウルシに似ていて、観賞用に庭に植えられたことに由来する。成長が早く高木になることから、英語では『tree of heaven(天の木、神の木)』、ドイツ語では『Gtterbaum(神樹)』という。別名の神樹(シンジュ)は英名の直訳。 出典『里山の花木 ハンドブック』『身近な草木の実とタネ ハンドブック』『樹木の名前』
31件中 1-24件 を表示

人気のコラム一覧

2021.02.12

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

by.GreenSnap編集部
2019.10.16

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

by.hana (a piece of dream*)
2020.01.29

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

by.mokutaro(杢太郎)
2022.08.31

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にも...

by.GreenSnap編集部
2020.01.15

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

by.内田アリ
2021.11.25

【冬の花図鑑30選】冬に咲く花の名前や花言葉はなに?鉢植えや花木でよく見...

by.GreenSnap編集部