警告

warning

注意

error

成功

success

information

赤松の一覧

いいね済み
134
醜男
赤松(アカマツ) マツ科マツ属の常緑高木。海岸性の黒松(クロマツ)に対し、内陸の野山に広く分布しふつうに見られるほか、庭木や防風林、山崩れ防止のためにも植えられる。直立する赤茶色の幹と細く小柄な葉をもつ。老木になると、樹皮は亀甲状にはがれてクロマツに似て見えるが、木の上部を見ると赤いので本種だと分かる。乾燥地や貧栄養土壌でも生育でき、林の伐採跡にも真っ先に生え、高さ25mに育つ。葉は針状で、短枝に2本ずつ束生する。花期は4~5月。雌雄同株。雄花は緑色がかった黄褐色で長さ約1㎝、本年枝の下部に多数つき、雌花は紅紫色で2~3個つく。球果(松ぼっくり、松かさ)は卵形で長さ4~5㎝。開花の翌年秋に熟す。種子は種鱗の内側に2個つく。翼のある種子を風に飛ばす。粘りのある材が建材として使われるほか、燃料として火力が強いので、炭や薪が鍛治や焼き物などに使われる。樹脂はテレピン油やワニスの原料。また、マツタケ菌は本種と共生する菌根菌のひとつ。アカマツ林はマツタケが出ることで有名だが、マツタケはやせた土地を好むので、維持するためには落ち葉かきなどの管理が不可欠である。 樹皮が赤みを帯びるのが名前の由来。雄松(オマツ)、男松(オトコマツ)とも呼ばれるクロマツに比べると、本種はしなやかで、繊細な葉をつけた優美な姿から、雌松(メマツ)、女松(オンナマツ)とも呼ばれる。『松』の名前の由来は多説ある。松の木は、行事や祝い事に用いられた。門松のように正月を『待つ』木であったり、神の到来を『待つ』木であったりした。また、長寿を保つとか、常磐の色を保つなど、『保つ』がマツに変化したという説もある。 出典『里山の植物 ハンドブック』『葉っぱで見わけ五感で楽しむ樹木図鑑』
321件中 1-24件 を表示

人気のコラム一覧

2021.02.12

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

by.GreenSnap編集部
2019.10.16

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

by.hana (a piece of dream*)
2020.01.29

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

by.mokutaro(杢太郎)
2022.08.31

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にも...

by.GreenSnap編集部
2020.01.15

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

by.内田アリ
2021.11.25

【冬の花図鑑30選】冬に咲く花の名前や花言葉はなに?鉢植えや花木でよく見...

by.GreenSnap編集部