警告

warning

注意

error

成功

success

information

沈丁花 和堂の一覧

いいね済み
374
Kazyan
【万葉の中庭シリーズ:デンドロビウム編】 ♧デンドロビウム:Dendrobium ♧ジンチョウゲ:沈丁花:Daphne//Shen Dinghua(英)//shen ding hua Lyrics ♧オオタニワタリ:大谷渡: Asplenium antiquum (英)Oyawatari(米) ♧オタフクナンテン:お多福南天: Nandina domestica cv. Otafukunanten(学名) ♧グミの木:Silverberry//Oleaster tree ♡この写真画像は、わが万葉の中庭の真ん中に座す「石臼さま」の周辺の様子ですが、今回は、石臼の中に、「デンドロビウムの鉢植え」を入れて、いつものように「石臼遊び」として遊んで楽しんでいます🐶 📝このノビル系のデンドロビウムは、「スプリングポエジー:エトワール」というタグ表示があり、杉山洋ランオリジナル品種ということデス🐶 【詠歌献上】 『またまたや石臼遊び楽しけれ   ダフネを送るデンドロビウム』 @"I enjoy playing with "Ishiusu" again. Daphne: I'm about to say goodbye to the flowers of Daphne, so Dendrobium has arrived to see her off with me." 大意:またもや石臼遊びができて楽しんでいます。 ダフネ:沈丁花の花に別れを告げようとしていると、デンドロビウムが私と一緒に彼女を見送るためにやって来ました。 📝沈丁花の花はもう直ぐお別れデス🐶 画像でも分かるように、花の間から新芽🌱の葉っぱが出てきています😸 ♡デンドロビウム全般の花言葉: 「わがままな美人」「天性の華をもつ」「思いやり」 こんな女性と巡り逢えたら、男性としては嬉しい筈デス、少々のわがままならば、聞いてあげましょう…デス😸 ☆色別のデンドロビウム(デンドロビューム)の花言葉: ♧ピンクのデンドロビウムの花言葉 「官能」「誘惑」 着生し、生気を吸い上げるイメージを、想像せずにはいられませんデスね⁈ ♧白のデンドロビウムの花言葉 「純粋な愛」 花の見た目の美しさとピッタリの花言葉デス⁉︎ ♧紫のデンドロビウムの花言葉 「愛と美」「官能」 官能小説のような、大人の妖艶さを感じさせる意味を持っていデスょ⁈ ♧赤色のデンドロビウムの花言葉 「情熱と欲望」 この花言葉も、花の見た目と美しさから連想できますデスね⁈ [別名]デンドロビューム、デンドロビュウム、長生蘭(チョウセイラン)、石斛(セッコク)、デンフィレと称されているようデスら😸 【豆知識】 ♧「ジンチョウゲ:沈丁花」の"Daphne”は学名で、月桂樹と同じくして称されている。 英語的には"Shen Dinghua//shen ding hua Lyrics"などと称されているようです。 ♧「オオタニワタリ:大谷渡」の新芽は、沖縄県や八重山諸島や台湾などでは食材として、チャンプルーや炒め物の料理に使われているそうデス😸 ✍️小生も試しに一度、野菜炒め料理などに入れて、食してみますか? 食材は4本ある大小のオオタニワタリから一葉ずつ🌱新芽を頂いて作って、試食してみます🐶 ♧「オタフクナンテン:お多福南天」には英名は無いデスが、「チャセンシダ: spleenwort」と称されて訳されています。 ちなみに「ナンテン:南天」は"Nanten(米)//Heavenly bamboo(英会話)とされています。 ♧「グミの木:Silverberry//Oleaster tree」は、グミ(胡頽子)はグミ科グミ属(学名:Elaeagnus)の植物の総称で、果実は食用になる。 なお、グミは大和言葉であり、菓子のグミ:ドイツ語でゴムを意味する"Gummi"とは無関係である。 📝グミの果実は、真っ赤に熟していても甘味だけでなく酸味の強い味がします。 ✍️「石臼遊び」の投稿は沢山していますので、下記の【キーワード】選択で【石臼遊びシリーズ】をタップすると、色んな遊びが全てが観られます。 皆さま、どうぞ覗いて「石臼遊び」の様子をご覧くださいマシ(^_-)✨ ✍️Works:Poetaster Kazyan//筍歌人 藪中和堂 Artistic:Dendrobium with “Ishiusu” March 13,2022:past 18:00':📱shooting March 14,2022:past am 06:10’:upload by Kazyan’s Green Studio
いいね済み
443
Kazyan
🌸月間MVP賞:次点候補ノミネート❣️《新企画》 【万葉の中庭シリーズ:④沈丁花編】《連投》 ♧薄色沈丁花:Daphne odora Good early morning beautiful Wednesday🌸 今朝の散歩前5時丁度に撮影しました、八分咲きになった沈丁花の香りが、玄関先の中庭周辺で、甘く優しく艶美に芳香しています。 🌸もう直ぐ満開に咲いてくれるのが楽しみデス🐶 “My Birthday memorial: February 23,2022.,” "Abracadabra Chichin pui pui🪄  Deliver the scent to you❣️ 「栄光」「勝利」の花言葉を添えて、GSの皆さんの元へも香りが届きますように祈っています🙏 【詠歌】 『中庭に艶美な香り漂わす   赤紫の沈丁花なり』 @"What gives off a glossy scent in the courtyard, It’s a beautiful red-purple Daphne flowers. 大意:中庭で艶美な香りを放っている、 それは美しい赤紫の沈丁花です。 コロナの渦中で人生のパンデミックな状況は続きそうで、想定外の不安と怖さを感じます😸 📝三密励行、自粛、自衛、自己防衛するしか有りませんデスが、どうぞご自愛くださいマシ(^_-)✨ 今日は小生の誕生日でもあり、天皇陛下の誕生日も同じなので親近感を覚えまして、㊗️天皇陛下の御誕生日の御祝い❣️に、”Birthday card”のつもりで、自らの㊗️誕生日お祝い❣️を兼ねて投稿しています🐶 Have a good Wednesday and enjoy your happy flowers life with your families 💐 🌸Carpe Diem:Seize the day❣️ ✍️Works:Poetaster Kazyan//筍歌人 藪中和堂 Artistic:Daphne Feb 23,2022:past am 05:00’:📱shooting Feb 23,2022:past am 06:45’:upload by Kazyan’s Green Studio
いいね済み
532
Kazyan
 🌸月間MVP賞:候補ノミネート❣️《新企画》 【万葉の中庭シリーズ:③沈丁花編】《連投》 ♧ウスイロジンチョウゲ:薄色沈丁花:Daphne odora ♧お多福南天:Nandina domestica cv.Otafukunanten:学名(英名無し) ♧グミ:茱萸:goumi ♧ネコヤナギ:猫柳:pussy willow ♡この写真画像は、今朝:19日早々に玄関先の万葉の中庭の中央に座す石臼の傍らで開花し始めた「沈丁花」を主にして、「お多福南天」や「茱萸の幼木」と石臼に生けた切花の「猫柳」を撮影したものデス🐶 《一九献上》 『朝早に香りくるかな沈丁花』 @"When I went out to the courtyard and watched the flowers of Daphne *odora blooming, I could feel a faint scent." (*odora:odorare:scent:smell) 大意:起き抜けに中庭に出て沈丁花の開花している様子を見ていたら、微かな香りを感じることができました。 【詠歌献上】 『朝早く艶美に香る沈丁花   いと*麗しき香水の庭』 @"A glossary scented Daphne flower in the early morning, It's a very beautiful perfume garden." 『朝早く艶美に香る沈丁花    いと*嬉しかな香水の庭』 @"At the beginning of the morning when I just woke up, Daphne began to bloom in the courtyard of Manyo, I am very happy to have a faintly glossy beautiful scent. 大意:朝起きがけ一番に、万葉の中庭の沈丁花が開きはじめていました。 ほのかに艶美な香りがしてとても嬉しいです。 ✍️満開になったら、玄関を開けたら直ぐに香りを感じることが出来るようになります。 毎朝一番に観察していますが、まだ1週間以上先になりそうでとても待ちどおしいデスら😸 ♧斑入り沈丁花の方は、開花が少し遅れている様子でまだ1〜2個だけ開花が始まったばかりの様子デス🐶 ✍️Works:Poetaster Kazuan//筍歌人 藪中和堂 Artistic:Daphne ofora blooming Feb 19,2022:past am 05:00’:📱shooting Feb 19,2022:past am 05:15’:upload by Kazyan’s Green Shot
いいね済み
440
Kazyan
🌸月間MVP賞:次点候補:ノミネート❣️《新企画》 【万葉の中庭シリーズ:②沈丁花編】 ♧ウスイロジンチョウゲ:薄色沈丁花:daphne odora ♡この写真画像は、万葉の中庭に座す石臼の傍らで、今朝はじめて2〜3個が開花して咲きはじめたばかりの沈丁花の花を撮影したものデス🐶 そっと鼻を近づけて、花の香りを嗅いでみたら、ほのかに甘い艶美な匂いがしました😸 【詠歌献上】 『朝早く艶美に香る沈丁花    中庭嬉し香水の庭』 @"At the beginning of the morning when I just woke up, Daphne began to bloom in the courtyard of Manyo, and It has a faintly glossy scent, and I am very happy that the courtyard of Manyo has a perfume-like scent." 大意:朝起きがけ一番に、万葉の中庭の沈丁花が開きはじめていて、ほのかに艶美な香りがして、万葉の中庭に香水のような匂いがしてとても嬉しいです。 ✍️沈丁花が満開に咲いたら、石臼の周辺では甘くて爽やかで艶美な優しい香りが漂って来そうデスら😸 【豆知識】 ♡沈丁花(ジンチョウゲ)の花言葉: 「栄光」、「不死」、「不滅」、「永遠」 *沈丁花の花言葉の由来: 沈丁花は一年中緑の葉をつける常緑樹であることから、この花言葉がつけられたと言われています。 沈丁花の花色には白や薄い赤、黄色などがありますが、色別の花言葉は存在しないようです。 @沈丁花は白やピンクの可愛らしい花を咲かせ、花が満開になると甘く爽やかな香りを漂わせて、春の訪れを感じさせてくれますネ⁉︎ 💀沈丁花には毒が…取り扱い注意‼️ 沈丁花は木や実の全体に毒を持っていて、特に樹皮、樹液、根、果実が毒が強く、誤って口にしてしまうと下痢や嘔吐、ひどい場合は心臓にも障害が及びます。 ですが、薬用として使われることもあり、花を煎じた汁は、口内炎や喉の痛みに効果があるとされています。 ⚠️取り扱いには十分にご注意くださいマシ ♡沈丁花の甘くさわやかな艶美な香りが好きな方は多いようデスら😸 ✍️Works:Poetaster Kazyan//筍歌人 藪中和堂 Artistic:Daphne flowers Feb 16,3022:past am 07:00’:📱shooting Feb 16,2022:past am 07:35’:upload
いいね済み
393
Kazyan
【万葉の中庭シリーズ:石臼遊び:白梅の生花編】《連投》 ♧白梅:White plum…White plum flowers “Ikebana" ♧沈丁花:daphne…花蕾:からい: Flower buds 🌸 I want you to bloom early, "Abracadabra" Open the Daphne❣️ ♡この写真画像は、直前投稿の直ぐ手前の傍らの光景で、万葉の中庭の石臼に生花として活けている白梅と石臼の傍らの沈丁花の花蕾:からいの様子とのコラボの様子を撮影したものデス🐶 📝以下、直前の投稿の記事と同文デス🙏 《一九献上》 『愛でたくも紅白の梅散り始む』   @"I enjoyed it lovingly, but the red and white plums that bloomed in full bloom have already begun to fall." 大意:愛でて楽しんでいたのに、満開に咲いた紅白の梅の花たちがもう散り始めています。 ✍️満開期の梅の花、先に咲いた花たちは、既に散りはじめましたデス🐶 そんな様子だったので、俺流に散り際の美しさを、前回投稿と同様に記録写真として撮影したものデスら😸 📝その他の沈丁花の過去の投稿で花が咲いている様子などを、下記の【キーワード】選択で、【沈丁花シリーズ 和堂】【万葉の中庭シリーズ 和堂】などをタップするとご覧になれますので、どうぞ覗いてご覧くださいマセ(^_-)✨ お楽しみ頂けましたなら幸いデス🐶 🌸Seize the day:Carpe Diem❣️ Artistic:Red & White plums January 28,2022:past 15:30':📱shooting January 29,2022::past am 03:20':upload Presented:by Kazyan's Green Studio
いいね済み
297
Kazyan
【万葉の中庭シリーズ:春の色々編】 ♧アカシア:ミモザ:Acacia:mimosa ♧チゴササ:稚児笹:Swamp millet ♧沈丁花:Daphne ☆この写真画像は、左側の画像が2月27日に植栽した時のもので、右側の画像は今日4月15日現在の様子を撮影したものデス🐶 ♡稚児笹の🍃葉っぱの斑入りの紋様は、どれ一つとして同じものは無い⁈ ゲーム感覚で探していますが、なかなか見つかりませんデスら😸 【論より証拠】 📝同じ紋様の稚児笹の🍃葉っぱの柄を探して観てくださいマシ(╹◡╹) ♡アカシア:ミモザが無事に育ってくれることを祈っています🙏 ♡この写真画像は、今年の幼木のアカシア:ミモザの現在の様子デス🐶 植えた時には、チゴササはここまでは大きくはなく、この画像の半分位の大きさでした。 ☆アカシア:ミモザの木が大きくなって花をつけるようになったら、緑の葉っぱ🍃黄色い花が咲き、その下にはチゴササがグランドカバーのように敷き詰めて生えている様子を想像して、地植えしてみたものデス🐶 植栽した当初はアカシア:ミモザの方が背が高かったのデスが、今ではチゴササに追い抜かれてしまいましたデスら😸 2月27日に植栽してからまだ50日たらずデスが、その際、周囲にはチゴササはまだ芽が出ていませんでしたが、現在ではこのようになって囲まれてしまいましたデス。 今のところ何とか順調に育っているようデス🐶 唯、心配なのは、チゴササの成長は物凄い勢いがあり、このままでは、根がはびこってアカシア:ミモザの根負けしてしまいはしないか? との思いもあって、この写真撮影の後で、アカシア:ミモザの周辺のチゴササは根こそぎ取り除いてしまいました。 結果はしばらく様子を見て、アカシア:ミモザがある程度大きくなる迄は、同じような施しを毎年やる必要があるかも知れませんデス🐶   つい先日には、アカシア:ミモザに青虫🐛が5匹もいて新芽を喰いあさっていましたので、これらの駆除もせねば、大きくは育たないだろうと思われます。 先日の投稿でも紹介しましたが、多分紋白蝶か紋黄蝶の幼虫だと思われます。 3本別々な場所に植えたものにも、4〜5匹の青虫🐛が新芽を貪り喰っていましたデスら😸 ♧チゴササはいろんな黄色と緑色の組み合わせの縞模様があり、この画像に観られるように一つの枝でも葉っぱ🍃の文様がそれぞれに違い一定していませんがこのように美しい彩りで色々とあり、そこが魅力的な変化で、特異な異種だと思われます。 ☆我が万葉の藪庭にある笹竹が桜や桃の花たちと同じ時期に、いろんな形状の斑入りの葉っぱの色合いになって、とても綺麗で美しい縞模様の小さな笹竹です。 この写真画像のように、よく見比べて観ても同じ文様を探し出すのが難しく、色々な変化が面白く観られますデスら😸 これらは大きなものになると約30cm以上〜50cmほどのの高さになるものもありますが、直径は約3mmで、緑色が濃くなって秋になると葉っぱが枯れてしまいます。 毎年根元から剪定して新しい芽が出るようにしていますが、たった三葉しか無かった鉢植えを庭の片隅に植えていたら、毎年少しずつ増えて拡がっています。 根元から剪定しても、平気で翌年には新芽が出てきます。 竹特有の生育が早く、石臼の周辺一帯に拡がっていますデス😸 根こそぎしない限りは、どこまでも拡がりそうな勢いで、毎年増えていますデス😸 @小生としては、いずれも緑と黄色のコントラストが美しいので、順調に育つことを願っています🙏 by Kazyan's Green Shot Artistic:collaboration flowers 2021 Apl 15//past am 08:00':iPhone12Pro📱shooting 2021 Apl 15//past am 08:25':upload
いいね済み
292
Kazyan
ジンチョウゲ:沈丁花:daphne ♡この写真画像は、昨日投稿した「笹竹の徳利」に活けていたもの(3月7日撮影)と同じ🍃沈丁花の葉っぱたちの1週間後、昨日の様子デス🌱 🌱新しく芽吹いて勢いのある新芽の若い葉っぱたち🍃と前代の老いゆく葉っぱたち🍂は黄葉して散り始め一時代を終えようとしています。 ☆このような輪廻転生:世代交代:種の継承の営みを観ていると、人間も植物のように何度も、何年も花を咲かせて見せられるようになるといいのデスが…種の継承という自然のなせることでは、継承者に恵まれなかった吾輩のような種は、誕生した最初から絶滅危惧種の部類だったのでしょう⁉︎ 宇宙の神の仕業ならば、万事やむを得なし、狷介孤高の志士ならば潔ぎよく、逝く道の少ない時間を花華たちを愛でながら、共に楽しく過ごすことでありましょうか? 天に召されても、新たな花華たちに会えるかも知れないデスね⁈ *天国の花と地獄の花は、同じ物だということを聴いたことがありますが、今がその天国や地獄の花華たちを観ているのかもしれないけど…デス⁉︎ 🌸沈丁花:ダフネの花も小生の感じるところ、天国の花の一つではないかと思えます。 小生が天に召される際には、「*永遠の愛の証し」に沈丁花の花の月桂冠をつけて貰いたいほどデス…麗しきイイ香りに包まれて、きっと我が愛の魂もダフネのように永遠なるかな…夢をみているようデス❣️ 【豆知識:沈丁花】 ♡沈丁花の花言葉: 「*永遠」「不死」「不滅」「栄光」 daphne:ダフネ:ダプネーはギリシア語で月桂樹という意味。 欧米では女性の名前として名付けられることもあり(著名な例ではデュ・モーリア)、日本語ではドイツ語・フランス語経由で*ダフネと呼ばれている。 英・独:Daphne、仏:Daphnéとも呼ばれています。 ☆アポローンに求愛されたダプネーが自らの身を月桂樹に変える話は、ギリシア神話の物語の中でもポピュラーであり、この物語に由来する芸術作品や風習が数多く存在している。 ☆ギリシャ神話: ある日アポローンは弓矢で遊んでいたエロースを揶揄する。 そのことで激怒したエロースは相手に恋する金の矢をアポローンに、逆に相手を疎む鉛の矢を近くで川遊びをしていたダプネーにそれぞれ放った。 金の矢で射られたアポローンはダプネーに求愛し続ける一方、鉛の矢を射られたダプネーはアポローンを頑なに拒絶した。 追うアポローンと逃げるダプネー、ついにアポローンはペーネイオス河畔までダプネーを追いつめたが、ダプネーはアポローンの求愛から逃れるために、父である河の神に自らの身を変える事を強く望んだ。 その望みを聞き届けた父は、ダプネーの体を月桂樹に変えた。 あと一歩で手が届くところで月桂樹に変えられてしまったダプネーの姿を見てアポローンはひどく悲しんだ。 そしてアポローンは、その愛の*永遠の証として月桂樹の枝から月桂冠を作り、*永遠に身に着けている。 @絵画などで月桂冠を冠載している男性は、その殆どがアポローンの姿を描いたものでありますょ⁈ 【豆知識:*三大香木】 三大香木(さんだいこうぼく)とは、香りの強い花をつける3つの樹木のことを言います。 春は沈丁花:ジンチョウゲ 夏は梔子:クチナシ 秋は金木犀:キンモクセイです。 この3つの樹木が三大香木と呼ばれています。 咲く季節はまちまちですが、三大香木のどの樹木も季節の風物詩になっていたり、大物アーティストの歌詞にも登場するような有名な樹木たちです。 あれっ?冬はないのかな? ありますょ⁉︎ 冬は蝋梅:ローバイです。 これを入れて「四大香木」とも言われていますょ⁉︎ 日本では庭木や街路樹に使われていますが、それぞれの季節になったら、実際にその香りを楽しみたいので、我が万葉の藪庭に地植えして、それぞれを楽しんでいます。 @この後は、部屋の外に出して、外気に触れさせて様子を観ながら、根が生えてきたら鉢植えの挿木にして育ててみる予定にしていますデスょ…上手く育ってくれるといいのですが…🙏 @沈丁花の過去の投稿は、下記の【選択項目】の【沈丁花シリーズ 和堂】をタップすれば、全て観られます。 皆さまどうぞ覗いてみてご覧くださいマセ(╹◡╹) by Kazyan's Green Shot Artistic:daphne 2021 Mar 15//past am 06:15':upload
いいね済み
100
Kazyan
ジンチョウゲ:沈丁花:daphne ♡この写真画像は、沈丁花の花がすっかり散ってしまった後で、葉っぱ🍃だけになった一枝を活けたものデス⁉︎ ☆花の間から顔を出し始めていた新芽が、徐々に大きくなって、古い葉っぱを追い越しそうな勢いで、とても元気良く三葉がついて嬉しいイイです。 石臼の傍らに植栽している親木も同様な様子で、この後は、新芽が成長する過程で、古い葉っぱは少しの間黄色く黄葉して、徐々に落下して、新旧交代で次代へ継承されることになります⁉︎ この画像では、古い葉っぱ🍃と新しい芽の葉っぱ🌱が混在している様子を撮影したものデス⁉︎ 暫時この後は、枝の根元付近から根が出始めたら挿木にして育てる予定デス⁉︎ 一昨年からこのようにして、斑入りの物も一枝だけは挿木にして育てていますが、今年はまだ小さいので花が咲きませんでした⁈ 花が咲くようになったら、鉢植えや地植えして楽しみたいと、期待していますょ⁈ ☆花器は、笹竹の絵付けの徳利デス⁉︎ 福岡県朝倉市秋月は「筑前の小京都」と称される美しい城下町での散策で見つけた古物商の店先に陳列してあった物を購入し、「笹竹の徳利」と名付けて、銘は不詳ですが気に入ったので、当初から花器として利用していますデス⁉︎ こちらはとても手ごろで相当に安価でした⁉︎ ♡いずれも旅先での思い出のこもった花器ですが、花器としての利用も、季節の花華たちを生けて観ると、侘び寂びの風情が美しく感じられマス⁉︎ この画像は🍃葉っぱ🌱だけですけど…⁈ 下記の【選択項目】の【沈丁花 和堂】をタップすると、過去に投稿したものが、全部見られますょ❣️ by Kazyan's Green Shot Artistic:daphne leaves 2021 Mar 14//pm 03:20':upload
いいね済み
310
Kazyan
【万葉の中庭シリーズ:石臼遊び:綿の木編】   Flowers Collaboration series ♧ワタノキ:綿の木:cotton flower ♧ジンチョウゲ:沈丁花:daphne *綿の木は生木ではなくて、ドライフラワーにした後の一本の枝木デス⁉︎ Good morning beautiful Wednesday🌸 今朝は万葉の藪庭の風情を表現してみました🖼 📝この写真画像は、昨日の朝、石臼に「綿の木:cotton flower」を生花として活けてみたもので、今朝6時半頃に撮影したものデス⁉︎ ♡石臼の脇にある沈丁花の花は、もう殆んどが散ってしまい、遅く咲いた斑入りの沈丁花の方はもう少し観られそうデス⁈ ☆綿の木の直ぐ後ろには、くちなしの木があり、そのまた後ろには金木犀の木あり、その左側の背景には荒平山が写っています。 ☆夜明け直後の、雨後の薄曇り朝の風情を感じて楽しく、玄関先に座して、暫時、鶯:ウグイスの声を聞きながら、これらのことをして戯れの時間を過ごしています⁉︎ そんな風情を歌に詠んでみました。 【詠歌】 『雨あとにまどろむ庭の賑やかし     目覚めの花は綿の木ひとつ』 @"It was lively when the millstone woke up early in the morning after the rain. It was like cotton tree flowers fluttering in the wind and dancing. " 訳意:雨上がりの早朝に石臼が目覚めたときは賑やかでした。 まるで綿の木の花が風になびいて踊っていたかのようでした。 *石臼に綿の木一本活けて戯れの一首を詠んで楽しんでいますょ⁉︎ *この後の綿の木の花たちは、ドライフラワーのアレンジの材料となって、切り花にしていろいろと楽しみは3倍以上になってくれることでしょう⁈ どうぞ皆さま、綿の木のドライフラワーの生花を楽しんでくださいマシ)^o^( Have a good job with your families and enjoy your happy flower life💐 Therefore now, Carpe Diem🌸 by Kazyan's Green Shot Artistic:cotton flower 2021 Mar 10//past am 08:25':upload
いいね済み
324
Kazyan
Flowers Collaboration series ・ミモザ:銀葉アカシア:Cootamundra wattle ・ジンチョウゲ:沈丁花:daphne 今日、3月8日はミモザの日デスが、あと少しだけ時間があります🌼 ♡国際女性デー(International Woman's Day)に合わせて、イタリアでは「FESTA DELLA DONNA(女性の日)」といい、男性が日ごろの感謝を込めて女性にミモザの花を贈ります。 *遅れましたが、小生は、この写真画像を"GSの女性の皆さん"に贈りたいと存じますデス🌼  これは、沈丁花と銀葉アカシア:ミモザの花をドライフラワーにしている最中のものデスょ❣️ 下記に、それぞれの花言葉などの豆知識を添えて、皆さまへ贈ります💝 【豆知識:アカシアミモザ&沈丁花】 ♡【アカシア:ミモザ】明るいイエローが鮮やかに春を告げてくれる。 小さなポンポンが集まったように咲く姿が可愛らしく、元気をくれる花デスね⁉︎ ♡ミモザの花言葉には、国や地域によって違いがあります。 例えばイタリアではミモザの花言葉は「感謝」、女性に感謝を伝えるための花であるところからついたそうです。 *広く知られている花言葉は、「秘密の恋」や「感受性」「思いやり」、秘密の恋」は、ネイティブインディアンの告白の習慣が由来になっているんだそうデス⁉︎ ほかに「友情」「優雅」などたくさんの花言葉を持つミモザ。 贈る時には花言葉を使ったメッセージを添えると、きっと気持ちが伝わるのではないでしょうか? ♡【沈丁花】の甘くさわやかな香りが好きな方は多いのでは⁈ その香りを嗅ぐと春の訪れを感じてなぜか優しい暖かな気持ちにさせてくれますょ⁈ また、沈丁花の花言葉も縁起が良いので、贈る花としてもぴったりです。 ♡沈丁花の花言葉: 「永遠」「不死」「不滅」「栄光」 【三大香木】として古くから愛されてきた沈丁花は育てることも難しくないので、庭に地植えして育てると、いち早く春の訪れを感じることができますょ⁈ *ダプネーはギリシア語で月桂樹という意味。 欧米では女性の名前として名付けられることもあり(著名な例ではデュ・モーリア)、日本語ではドイツ語・フランス語経由でダフネと呼ばれている。 英・独:Daphne、仏:Daphnéとも呼ばれています。 それぞれの花言葉など、どうぞお楽しみくださいマシ)^o^( ♡この日を「Ilgiorno della Mimosa(ミモザの日)」というのだそうです。 ミモザは、愛する女性にだけでなく、職場の同僚、上司、母親にも贈るそうですよ! こんな素敵な習慣、日本にもあるといいのデスが… 小生はミモザという花が大好きになっています。 黄色の小さなポンポンみたいな花が木いっぱいに咲いて、そのボリュームと明るい色が気持ちを明るくしてくれるから、好きになりましたょ❣️ @アカシア:ミモザについての詳細は、2月13日/17日/19日などの、先に投稿しています記事などを、下の選択項目【アカシア:ミモザ 和堂】から、どうぞご参照くださいマセ( ◠‿◠ ) @同じく、沈丁花の詳細は、先に投稿しています2月13日の記事をなどを、下記の選択項目【沈丁花 和堂】から、どうぞご覧くださいマシ(^_-) *どちらも、きっとお楽しみできますょ❣️ 以上、"Kazyan"からの贈り物デス💝 by Kazyan's Collection Artistic:Dendrobium 2021 Mar 8//past pm 10:10':upload
いいね済み
322
Kazyan
【万葉の中庭シリーズ:石臼遊び編】 Flowers Collaboration series ♡石臼遊びシリーズ:春の編 ☆この石臼周辺の写真画像には、タグ付けしている11種類の草木とフクロウ:福郎君と福来郎兄者が写っています。 石臼遊びシリーズとして、石臼周辺を賑わす季節の花華たちを楽しみながら、ご紹介してみたいと思います❣️ 既に、過去には数点の投稿をしておりますが、いずれも石臼遊びシリーズとしてまとめていますので、どうぞ皆さま覗いてご覧くださいマセ(╹◡╹) 【花華たちのご紹介】 ①沈丁花:左側手前 ②斑入り沈丁花:①の奥の方 ③百日紅:①と②の間に剪定した枝木 ④くちなしの木:左側最上部に木の根元部分 ⑤紫陽花の木枝:④の右隣り ⑥紅梅の木:⑤の手前:最上部右端 ⑦黄金色の笹竹:右側最下部の角 ⑧ボケ:木瓜の鉢植え:⑦の直ぐ左側隣り ⑨お多福南天:⑦の上⑧の花の右先端の位置 ⑩さつきの鉢植え:石臼の中 ⑪ガジュマル:⑩の直ぐ上:フクロウの左側位置 *愛鳥:福来郎兄者:夜の見廻組番鳥の一員、 最近、ときどき石臼の水飲みにやって来たりしているのを見かけます⁈ *愛鳥:福郎君:夜の見廻組番鳥の一員デスが、"virtual bird"なので、昼夜を厭わずに、いろんなところに神出鬼没しますデス⁉︎ 既に、過去の投稿画像にも登場して、季節の花華たちと戯れていますょ⁈ 今回は、サルスベリ:百日紅の枝木の上から、花華たちを見守ってくれています⁈ ☆石臼:我が万葉の藪庭のシンボル・ボス的な重鎮の存在として、玄関先の庭のほぼ中央に位置して、デン‼︎として座しているモニュメントの一つデス⁉︎ お楽しみ頂けましたなら幸いデス🙏( ◠‿◠ ) @この写真画像は、早朝5時頃の暗闇の中、フラッシュをたいて"iPhone12Pro"での撮影でした。 by Kazyan's Green Shot Artistic:Manyo's bush garden flowers 2021 Mar 5/past am 05:40':upload
いいね済み
329
Kazyan
ジンチョウゲ:沈丁花:daphne ♡この写真画像は、沈丁花の花を一個摘みとって、その一個の花がちょうど入るくらいの小さな小瓶に活けてみたものデス⁉︎ 瓶に少しだけ水を入れて、花びらが取れてしまわないように、そっと優しく瓶の中に挿し入れしたものデス❣️ 瓶の形はそれぞれ違った物にしてみました⁈ 左側の丸いもの、右下の四角いもの、右上の丸の両側が平ぺったくなっているものに活けてみました⁉︎ 小瓶はいずれも、手のひらにちょうどよく収まる程度の大きさデス⁉︎ *この画像では、可愛らしさを表現しょうと試みて、花弁がピンク色に見えるように加工してありますが、元の色はほとんど白色をしていますょ⁈ これらは、3個とも居間のテレビ台の上に置いて飾っていますと、沈丁花の花の香りがほのかに香って癒されています。 *沈丁花の花も、もうそろそろ終わりそうになって、花弁の脇から新しい芽が出てきています。 それを鑑み、3枝ほど剪定してドライフラワーにしてみようとトライしていますが…果たしてどうなりますか? 上手くいきますように🙏   今年の小生の誕生日は、朝早くからこの小さな小瓶詰めの沈丁花に始まりました。 自我自賛ながらも、小さな小瓶からの微かな沈丁花の花の香りに癒されて満足していますデス❣️ 自分で自分の誕生日をお祝いして、喜んでいるという訳でございます。 ちなみに、昨年の誕生日の花は、この後に投稿します「アセビ:馬酔木」でした。 *下記の選択欄で【沈丁花 和堂】をタッチして頂くと、投稿の全てが観られます⁉︎ どうぞ覗いてみてくださいマシ(╹◡╹) by Kazyan’s Green Shot Artistic:daphne 2021 Feb 28//past pm 03:30':upload
いいね済み
412
Kazyan
ジンチョウゲ:沈丁花:daphne 一昨日からの雨模様で、梅の花は散り落ち始め、万葉の藪庭の石臼の隣りで、ジンチョウゲ:沈丁花の花が開花して、五分咲きになっています。 奥の方にある斑入り沈丁花は、少し遅れてまだ3分咲きの様子です。 【詠歌】 『嬉しげにそっと近づき香楽し       ダフネ恋しや*永遠の花』 @"As the Daphne flowers began to bloom, I gently approached the flowers and enjoyed the scent, which reminded me of the tragic love story of Daphne and Apollo in Greek mythology and the laurels." 訳意:沈丁花が開花し始めたので、そっと優しく花に近づいて香りを楽しんでいたら、ギリシャ神話のダフネとアポローンの悲恋物語と月桂樹のことを思い出しました。 ♡沈丁花の甘くさわやかな香りが好きな方は多いのでは⁈ その香りを嗅ぐと春の訪れを感じてなぜか優しい暖かな気持ちにさせてくれますょ⁈ また、沈丁花の花言葉も縁起が良いので、贈る花としてもぴったりです。 【*三大香木】として古くから愛されてきた沈丁花は育てることも難しくないので、庭に地植えして毎年春の訪れを感じることができます。 ♡沈丁花の花言葉: 「*永遠」「不死」「不滅」「栄光」 ダプネーはギリシア語で月桂樹という意味。 欧米では女性の名前として名付けられることもあり(著名な例ではデュ・モーリア)、日本語ではドイツ語・フランス語経由で*ダフネと呼ばれている。 英・独:Daphne、仏:Daphnéとも呼ばれています。 アポローンに求愛されたダプネーが自らの身を月桂樹に変える話は、ギリシア神話の物語の中でもポピュラーであり、この物語に由来する芸術作品や風習が数多く存在している。 ☆ギリシャ神話: ある日アポローンは弓矢で遊んでいたエロースを揶揄する。 そのことで激怒したエロースは相手に恋する金の矢をアポローンに、逆に相手を疎む鉛の矢を近くで川遊びをしていたダプネーにそれぞれ放った。 金の矢で射られたアポローンはダプネーに求愛し続ける一方、鉛の矢を射られたダプネーはアポローンを頑なに拒絶した。 追うアポローンと逃げるダプネー、ついにアポローンはペーネイオス河畔までダプネーを追いつめたが、ダプネーはアポローンの求愛から逃れるために、父である河の神に自らの身を変える事を強く望んだ。 その望みを聞き届けた父は、ダプネーの体を月桂樹に変えた。 あと一歩で手が届くところで月桂樹に変えられてしまったダプネーの姿を見てアポローンはひどく悲しんだ。 そしてアポローンは、その愛の*永遠の証として月桂樹の枝から月桂冠を作り、*永遠に身に着けている。 @絵画などで月桂冠を冠載している男性は、その殆どがアポローンの姿を描いたものでありますょ⁈ 【豆知識:*三大香木】 三大香木(さんだいこうぼく)とは、香りの強い花をつける3つの樹木のことを言います。 春は沈丁花:ジンチョウゲ 夏は梔子:クチナシ 秋は金木犀:キンモクセイです。 この3つの樹木が三大香木と呼ばれています。 咲く季節はまちまちですが、三大香木のどの樹木も季節の風物詩になっていたり、大物アーティストの歌詞にも登場するような有名な樹木たちです。 あれっ?冬はないのかな? ありますょ⁉︎ 冬は蝋梅:ローバイです。 これを入れて「四大香木」とも言われていますょ⁉︎ 日本では庭木や街路樹に使われていますが、それぞれの季節になったら、実際にその香りを楽しみたいので、我が万葉の藪庭に地植えして、それぞれを楽しんでいます。 @:【ジンチョウゲ(沈丁花)はジンチョウゲ科の常緑低木で、春先に外側が桃色で内側が白色の小さな花が塊になって枝先に咲きます。 沈丁花の花は画像のような赤みがかったものと真っ白なものがあります。 4枚の花弁のように見えるものは萼(ガク)が変化したもので、花弁はありません。 花弁に見える部分はよく見るとキラキラと細かく光り、シアー感があります。 肉厚で、独特の触り心地です。 樹高は1m~1.5mほどになり、枝が良く分岐するので特に剪定をしなくても丸くこんもりとした樹形を保ちます。 この木の特徴はやはり香り高い花ではないでしょうか。 「沈丁花」という名前は、花の香りが沈香に似ていることと、十字型の花が丁子(クローブ)に似ていることに由来しています。 原産は中国と言われており、室町時代にはすでに栽培されていたという記述があります。 ジンチョウゲ(沈丁花)は雌雄異株で、雄株と雌株があります。 日本で流通しているものの多くは雄株ですので実を見る機会はめったにありませんが、赤い可愛らしい実を付けます。 ただし、実は猛毒ですので口に入れないように、花にも毒がありますので注意しましょう‼️ ジンチョウゲ(沈丁花)の実生は厳しいですが、梅雨時や春頃に挿し木を行うことで増やすことが出来ます。 移植にやや弱いので地植えするときは場所をよく考えてから植えるようにするのがお勧めです。】 @:【GS:Green Snap の情報参照】 📝アポロ(英語: Apollo [əˈpɒloʊ]) ギリシア神話のアポローンに相当、ローマ神話の太陽神。 Have a good Monday🌹 by Kazyan’s Green Shot Artistic:Daphne 2021 Feb 15/ past am 08:10':upload
いいね済み
92
Kazyan
【万葉の中庭シリーズ:誕生日記念編】 右側枠: ・ジンチョウゲ:沈丁花:Daphne 左側枠手前より ・ピンクルルビー: Pinkle Ruby &*ノキシノブ:軒忍:nokisinobu  学名:Lepisorus thunbergianus ・サクララン:桜蘭: Hoya carnosa ・ヒマツリ:火祭り: Crassula 'Himaturi' ・リュウキンカ:立金花: marsh marigold 《February 28.: my birthday memories》 先日の投稿作品として、それぞれ個別にご紹介しました All castの勢揃いです。 誕生日の記念にと思い購入しました。 沈丁花以外のものは、いずれもが初めての物で、何の知識も無いながら、全部で五千円にも届かない安価だったのでついつい買ってしまいました。 それぞれ個性的なものたちですが、沈丁花を筆頭に、多肉植物あり、蘭あり、野草ありで、あえてバラエティになりました。 それぞれを観賞、観察して、成長過程を写真などを撮ったりして記録しながら育てたいとの思いです。 その他にも、我が万葉の藪庭には幾種もの草木や花々があり、新たに育て方の勉強が忙しくなりそうです。 それでも、楽しみが増え嬉しい気分ですょ。 その後のレポートを、またGSに投稿できれば幸いかな⁈ GSの皆さん、All castsをご覧頂きましてありがとうさまでした。🙏😊 再開を希望して、心より御礼申し上げます🙇‍♂️ 今後ともどうぞご贔屓を賜りますよう、お願い申し上げます🙏🙇 See you next again 🌹🌹🌹🌹🌹 by: Kazyan’s Green Museums 2020/3/01//pm 07:45’ upload
いいね済み
59
Kazyan
【万葉の中庭シリーズ:石臼遊び:猫柳編】 ♧ジンチョウゲ:沈丁花:Daphne odora ♧ネコヤナギ:猫柳:pussy willow 《石臼に寄り添うダフネ》 「四季の夢」というお店に満開の沈丁花があったので、 昨日、誕生日記念に買ってきました。 先だって投稿しました、沈丁花が寂しかったので、増やしました。 石臼のそばに、寄り添うような場所に植えてみましたが、見映えの方はどうでしょうか? 《献上歌:沈丁花》 「ほのぼのと 香り麗し 女神花 永遠にあらねと言の葉添えし」 "A faint fragrance beautiful goddess flower, when it is eternity, exert language with love." ☆ Daphne odora: 沈丁花の名前の由来: 沈丁花:ジンチョウゲ/チンチョウゲという名前は、香木の沈香のような良い匂いがあり、丁子(ちょうじ、クローブ)のような花をつける木、という意味でつけられた原産地中国から伝わったものです。 学名の「Daphne odora」は、 「Daphneはギリシア神話の女神ダフネに因んでいます。 「odora」は芳香があることを意味しています。 ジンチョウゲ(沈丁花)とは、ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木。チンチョウゲとも言われる。 漢名:瑞香:ズイコウ 別名:輪丁花:リンチョウゲ 原産地は中国南部で、日本では室町時代頃にはすでに栽培されていたとされる。 日本にある木は、ほとんどが雄株で雌株はほとんど見られない。 挿し木で増やす。 赤く丸い果実をつけるが、有毒である。 花の煎じ汁は、歯痛・口内炎などの民間薬として使われる。 春の季語としてよく歌われる。 つぼみは濃紅色であるが、開いた花は淡紅色でおしべは黄色、強い芳香を放つ。 枝の先に沢山の小さな花が手毬状に固まって咲きます。 花を囲むように葉が放射状につく。 葉の形は月桂樹の葉に似ているが月桂樹よりも多少大きく軟弱である。 沈丁花は春の花。 紅色や紫色と純白のコントラストが可愛い小さな花。 もともと中国南部に原生していた低木の樹木と考えられています。 漢名を「瑞香」と言い中国でもこの香りが愛されています。 月桂樹に似た固い常緑の葉に囲まれて、春、沈丁花は吹き出すように紫と純白の花を咲かせます。 ☆ジンチョウゲのフローラルな花の香り。 香りは、やや女性よりのユニセックスで、男女兼用の香水があります。 春を告げるジンチョウゲの花の香りは、爽やかで切ない、そのスィーツな香りは人の心に切ないほどの記憶を残すものです。 吾輩のとても好きな香りの一つです。 学名は「Daphne odors 」英名では「Winter Daphne」がつかわれていますが、これは葉の形が月桂樹に似ていることから、月桂樹のギリシャ名の「Daphne:ダフネ(女神)」と名づけられたそうです。 ☆沈丁花の花言葉 その花言葉は文化的伝統を参考にしながら作られたと言われています。 「栄光 :glory」 「不死、不滅 :immortality」 「永遠 : eternal」 「歓楽 : pleasure」 ☆ギリシャ神話のDaphne:ダフネ アポロン(男性)が弓矢で遊んでいたエロス:キューピットに「弓矢で遊ぶとあぶないよ」と言うとキューピットが怒ってしまい、金の矢をアポロンに、鉛の矢をダフネ(女性)に射ってしまいました。 金の矢は恋に落ちる矢、鉛の矢は恋を拒む矢ダフネがどんなに逃げても追いかけてくるアポロン。 ダフネの父親は川の神。 その父親に自分の姿をアポロンにわからないように変えて欲しいと、お願いしました。 その内容は「永遠に実らぬ恋」 沈丁花(じんちょうげ)の花言葉は 「不死」「不滅」; immortality 「栄光」: glory 「永遠」: eternity;permanence 「歓楽」: pleasure など、沈丁花は1年中緑の葉を付けることからこのような花言葉が生まれたと言われています。 「永遠」という意味ではギリシャ神話もそのようです。 ちなみに、ギリシャ神話に出てくる月桂樹の葉の花言葉は 「私は死ぬまで変わりません」となっています。 昨夜、小雨降る中での夜間撮影でした。 猫やなぎもまだ頑張ってくれていますょ。 2020/2/29//upload
26件中 1-24件 を表示

人気のコラム一覧

2023.01.10

【最新】人気の春の花30選|3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみて...

by.GreenSnap編集部
2019.10.16

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

by.hana (a piece of dream*)
2022.08.31

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にも...

by.GreenSnap編集部
2020.01.29

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

by.mokutaro(杢太郎)
2020.01.15

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

by.内田アリ
2022.12.22

【最新】人気の冬の花30選|鉢植えや花木でよく見る、冬に咲く花の名前を調...

by.GreenSnap編集部