警告

warning

注意

error

成功

success

information

ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)の一覧

いいね済み
7
カタバミ
5月は皐月、早月とも。早苗を植える月という。緑が映えゆくこの時季にあって、私の散歩道の道際等の草花達は、まさに百花繚乱にも包まれていくようである--- 4月からの、草花達の生きいきとした姿、姿---その15。   /春大きく呼ぶや道際に、         仲良しのある意味同類2つの草花/        ハルジオン(春紫苑)        ナガミヒナゲシ(長実雛芥子) <’ハルジオンの属性‘ に関して、下記の「ハルジオン」より次に抜粋、次に:  日本では1920年代に観賞用として持ち込まれた。 1980年代には除草剤に耐性のある個体が出現し、関東地方を中心に全国へ分布が拡大した。 農作物や牧草の生育を妨害するため、厄介な雑草として扱われている。 さらに、在来の植物と競合し駆逐する恐れがある。 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律により要注意外来生物に指定されている。また、日本生態学会では本種を日本の侵略的外来種ワースト100に選定している。> <’ナガミヒヒナゲシの属性’ に関して、下記の「ナガミヒヒナゲシ」より抜粋、次に:  日本でナガミヒナゲシが確認されたのは1960年。 東京都世田谷区で初めて本種が確認されて以来急速に広がりを見せ、現在では北海道から琉球に至る全国で繁殖が確認されている。 ナガミヒナゲシの根と葉からは、周辺の植物の生育を阻害する成分を含んだ物質が分泌される。 そのため、2017年現在、特定外来生物には指定されてはいないが、それに匹敵する、あるいは上回る影響が懸念されている。> ・ハルジオン<ハルジョオン<春紫菀>>(キク科 ムカシヨモギ属) (備忘: ハルジオンの属性等について 5/8or5/9 ‘22) ・ナガミヒナゲシ<長実雛芥子>(ケシ科 ケシ属) (ナガミヒナゲシの属性等について 4/29or/30 ‘21)  
いいね済み
6
カタバミ
5月は皐月、早月とも。早苗を植える月という。緑が映えゆくこの時季にあって、私の散歩道の道際等の草花達は、まさに百花繚乱にも包まれていくようである--- 4月からの、草花達の生きいきとした姿、姿---その15。   /春大きく呼ぶや道際に、         仲良しのある意味同類2つの草花/        ハルジオン(春紫苑)        ナガミヒナゲシ(長実雛芥子) <’ハルジオンの属性‘ に関して、下記の「ハルジオン」より次に抜粋、次に:  日本では1920年代に観賞用として持ち込まれた。 1980年代には除草剤に耐性のある個体が出現し、関東地方を中心に全国へ分布が拡大した。 農作物や牧草の生育を妨害するため、厄介な雑草として扱われている。 さらに、在来の植物と競合し駆逐する恐れがある。 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律により要注意外来生物に指定されている。また、日本生態学会では本種を日本の侵略的外来種ワースト100に選定している。> <’ナガミヒヒナゲシの属性’ に関して、下記の「ナガミヒヒナゲシ」より抜粋、次に:  日本でナガミヒナゲシが確認されたのは1960年。 東京都世田谷区で初めて本種が確認されて以来急速に広がりを見せ、現在では北海道から琉球に至る全国で繁殖が確認されている。 ナガミヒナゲシの根と葉からは、周辺の植物の生育を阻害する成分を含んだ物質が分泌される。 そのため、2017年現在、特定外来生物には指定されてはいないが、それに匹敵する、あるいは上回る影響が懸念されている。> ・ハルジオン<ハルジョオン<春紫菀>>(キク科 ムカシヨモギ属) (備忘:ハルジオンの属性等について 5/8or5/9 ‘22) ・ナガミヒナゲシ<長実雛芥子>(ケシ科 ケシ属) (備忘:ナガミヒナゲシの属性等について 4/29or/30 ‘21)  
いいね済み
8
カタバミ
4月は下旬。暖かな陽気に誘われ、草花が咲きみだれ、私の散歩道の道際等の草花達は、百花繚乱の時季に包まれようとしている様である--- 3月からの、草花達の満面の姿、姿---その30。 どこもかしこも咲く可愛い、透き通るオレンジ色の草花。 ---この時季の道端に、私の、足が向く所、用途場所に、必ず付いてくる、実に可愛い草花と、言いたくなるほどに、何処にでも目にする草花。 それは、手にとって観たくなる透き通るような、オレンジ色の4つの花弁を持った、あのヒナゲシ(漱石の虞美人草)の仲間、近縁種のナガミヒナゲシ(長実雛芥子)。 とはいえ、この草花の強健な性質と強い繁殖力から、周辺の植物の生育を阻む等からの特定外来生物指定の懸念からは、是非にこれからも、その考えは穏便して排除されていってもらいたいものである。 ・ナガミヒナゲシ<長実雛芥子>(ケシ科 ケシ属) 地中海沿岸地域を原産とするケシ科の一年草。 空き地や耕作地、道端、線路脇など、日当たりの良い場所に自生。 強健な性質と強い繁殖力から、現在ではヨーロッパ、アメリカの全域、アフリカ、アジア、オセアニアなど、世界の広い地域に分布域を広げている。 日本でナガミヒナゲシが確認されたのは1960年。 東京都世田谷区で初めて本種が確認されて以来急速に広がりを見せ、現在では北海道から琉球に至る全国で繁殖が確認されている。 ナガミヒナゲシの根と葉からは、周辺の植物の生育を阻害する成分を含んだ物質が分泌される。 そのため、2017年現在、特定外来生物には指定されてはいないが、それに匹敵する、あるいは上回る影響が懸念されている。 ナガミヒナゲシの花期は5月~6月。 花期になると分枝した茎の頂部に、花径3~6㎝程度の花を咲かせる。 花は光沢のある薄い4枚の花弁を持ち、中心には多数の雄しべに囲まれた雌しべがある。雌しべの子房は特徴的な円筒形で、頂部には6~8本程度の筋が放射状に入る。 花色は朱色からオレンジ。 花の大きさは栄養状態によって大きく変わる。 花後に出来る果実は長さ2㎝程度で、近縁種のヒナゲシなどと比べると細長く、ナガミヒナゲシの名前の由来に。 この果実の中には非常に小さな種が1000個以上入っており、種が熟すと蓋の下できた隙間からこぼれ落ちる。 種は、土壌が生育に適さない場合は長期間休眠することが可能で、適した環境になると発芽する。 葉は1~2回羽状に深く裂ける。茎は上部で分枝して草丈15~60㎝程度に成長。葉茎には荒い毛が生える。 花後には多数の種を残して枯れる。種は秋に発芽し、放射状に葉を広げて冬を越し、春に再び花を咲かせる。 ヒナゲシは酸性土壌を嫌うが、ナガミヒナゲシは酸性から中性、アルカリ性の土壌まで幅広く適応する。 日当たりが良ければコンクリートの隙間などからも芽を出して花を咲かせる。 栽培は今のところ禁止されていないが、強健な性質の上、爆発的な繁殖力があり注意が必要。駆除には花を咲かせない、結実させないことが大切(であると、ここでは言う)。 <ナガミヒナゲシの近縁種> ・アツミゲシ(渥美罌粟) ・オリエンタルポピー ・アイスランドポピー ・ヒナゲシ(雛芥子) (出典・参考; ガーデニングの図鑑)
いいね済み
8
カタバミ
4月は下旬。暖かな陽気に誘われ、草花が咲きみだれ、私の散歩道の道際等の草花達は、百花繚乱の時季に包まれようとしている様である--- 3月からの、草花達の満面の姿、姿---その30。 どこもかしこも咲く可愛い、透き通るオレンジ色の草花。 ---この時季の道端に、私の、足が向く所、用途場所に、必ず付いてくる、実に可愛い草花と、言いたくなるほどに、何処にでも目にする草花。 それは、手にとって観たくなる透き通るような、オレンジ色の4つの花弁を持った、あのヒナゲシ(漱石の虞美人草)の仲間、近縁種のナガミヒナゲシ(長実雛芥子)。 とはいえ、この草花の強健な性質と強い繁殖力から、周辺の植物の生育を阻む等からの特定外来生物指定の懸念からは、是非にこれからも、その考えは穏便にして排除されていってもらいたいものである。 ・ナガミヒナゲシ<長実雛芥子>(ケシ科 ケシ属) 地中海沿岸地域を原産とするケシ科の一年草。 空き地や耕作地、道端、線路脇など、日当たりの良い場所に自生。 強健な性質と強い繁殖力から、現在ではヨーロッパ、アメリカの全域、アフリカ、アジア、オセアニアなど、世界の広い地域に分布域を広げている。 日本でナガミヒナゲシが確認されたのは1960年。 東京都世田谷区で初めて本種が確認されて以来急速に広がりを見せ、現在では北海道から琉球に至る全国で繁殖が確認されている。 ナガミヒナゲシの根と葉からは、周辺の植物の生育を阻害する成分を含んだ物質が分泌される。 そのため、2017年現在、特定外来生物には指定されてはいないが、それに匹敵する、あるいは上回る影響が懸念されている。 ナガミヒナゲシの花期は5月~6月。 花期になると分枝した茎の頂部に、花径3~6㎝程度の花を咲かせる。 花は光沢のある薄い4枚の花弁を持ち、中心には多数の雄しべに囲まれた雌しべがある。雌しべの子房は特徴的な円筒形で、頂部には6~8本程度の筋が放射状に入る。 花色は朱色からオレンジ。 花の大きさは栄養状態によって大きく変わる。 花後に出来る果実は長さ2㎝程度で、近縁種のヒナゲシなどと比べると細長く、ナガミヒナゲシの名前の由来に。 この果実の中には非常に小さな種が1000個以上入っており、種が熟すと蓋の下できた隙間からこぼれ落ちる。 種は、土壌が生育に適さない場合は長期間休眠することが可能で、適した環境になると発芽する。 葉は1~2回羽状に深く裂ける。茎は上部で分枝して草丈15~60㎝程度に成長。葉茎には荒い毛が生える。 花後には多数の種を残して枯れる。種は秋に発芽し、放射状に葉を広げて冬を越し、春に再び花を咲かせる。 ヒナゲシは酸性土壌を嫌うが、ナガミヒナゲシは酸性から中性、アルカリ性の土壌まで幅広く適応する。 日当たりが良ければコンクリートの隙間などからも芽を出して花を咲かせる。 栽培は今のところ禁止されていないが、強健な性質の上、爆発的な繁殖力があり注意が必要。駆除には花を咲かせない、結実させないことが大切(であると、ここでは言う)。 <ナガミヒナゲシの近縁種> ・アツミゲシ(渥美罌粟) ・オリエンタルポピー ・アイスランドポピー ・ヒナゲシ(雛芥子) (出典・参考; ガーデニングの図鑑)
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
19件中 1-19件 を表示

人気のコラム一覧

2024.02.14

春に咲く花といえば?4〜6月に見頃を迎える春の花一覧

by.GreenSnap編集部
2019.10.16

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

by.hana (a piece of dream*)
2022.08.31

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にも...

by.GreenSnap編集部
2020.01.29

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

by.mokutaro(杢太郎)
2020.01.15

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

by.内田アリ
2024.02.14

冬に咲く花といえば?寒い時期を彩る人気の冬の花一覧

by.GreenSnap編集部