警告

warning

注意

error

成功

success

information

ICNの一覧

いいね済み
34
eye
【エケベリア属 ファン クィーン】   Echeveria 'Van Breen'  別名 バン ブリーン     ヴァン ブリーン カクト・ロコさんのタグは 【ファン クィーン】🏷 交配式は銀明色×静夜 Echeveria derenbergiixEcheveria carnicolor (元々は「Kircheriana」という名) 🇫🇷作出者   J.A.van Breen 🇫🇷1964 🇫🇷命名者  JC van Keppel(ヴァン・ケッペル) ICNのサイトのノートによると👇 「Echeveria 'Graessneri'(グレスネリー) complex(複合体?)からの間違った Echeveria 'Kircheriana'(キルヒネア)と区別するためにvan Keppel はその作成者Vanbreenに因んで命名」 グレスネリー Echeveria 'Graessneri'も、 キルヒネア Echeveria 'Kircheriana'も、 静夜×錦晃星の交配種 Echeveria derenbergii×Echeveria pulvinata ☝どうやらこのふたつのエケと、 銀明色が交配親のエケが混乱して、 区別化する為に、銀明色×の方を ファン クィーンとして 新たに名前を付けたのかな? と勝手に推測しております お詳しい方教えて下さいませ ☆Source☆ 【International Crassulaceae Network】 https://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=48&aaID=3&aiID=V&aID=771
いいね済み
5
eye
【アエオニウム属 バレリーナ】  Aeonium 'Ballerina'  別名 フロスティ     ホワイト フリンジ  和名 富士の白雪     富士の初雪   カクト・ロコさんの ネームタグは【富士の初雪】 「🏷白い水曜日」に 参加させていただきますね 産毛に覆われた粘着性の葉に、 白い外斑と斑筋が入ったのが特徴🗻 斑が抜けてしまっているタイプは 【富士の初雪】と呼ばれ、 そのべルベット状の質感から レモネードと混合されて 売られている場合もあるとか? 「Ballerina」の意味は「踊り子」 フリフリとしたこの葉が、 バレリーナが踊っている様子から 名付けられたのかも知れませんね 交配式は グルチノスム(グルチノサム)×カナリエンセの説有り 「起源は不明 Rudolf Schulz(ルドルフ・シュルツ)氏によると、   〜中略〜 おそらくA.glutinosumとA.canarienseの雑種」 ☆Source☆ 【International Crassulaceae Network】 https://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=22&aaID=3&aiID=B&aID=3357
いいね済み
1
eye
【セダム属 コスミダトム】  Sedum cuspidatum E.J. Alexander  Sedum cuspidatum  別名 クスピダツム タグ無し多肉🏷 購入先のカマクラファームサンでは 【コスミダトム】かなぁ?と 群生しやすいタイプで、 足元に仔を吹いてましたので、 徒長して木立ちしていた枝に ハサミを入れました✂️ 今はグリーンの夏葉ですが、 抹茶色から黄色に紅葉します 韓国産のセダムとの情報有🇰🇷 メキシコ原産との情報も有🇲🇽 「cuspidatum」はラテン語で 「先端が尖っている」、 「先の急に尖る」の意味 虎杖根(こじょうこん)と言う 生薬の原料にもなっている、 虎杖(イタドリ)も同じ種少名 Polygonum cuspidatum Siebold et Zuccarini
いいね済み
1
eye
【カランコエ属   ×エドワーディ ファング】   Kalanchoe ×edwardii 'Fang' 【カランコエ属   ベハレンシス ファング】  Kalanchoe behalensis 'Fang'  別名 Felt Bush Felt Plant     Velvet Leaf Kalanchoe     Stalactite Plant 'Fang'      カクタスクラブの先輩から 去年の秋に譲っていただいた タグ落ちのカランコエ、 恐らく【ファング】🏷 画像ではお伝え出来ない存在感 大きさは人の頭程あります👶 「Fang」の意味は「牙」 葉裏に突起があるのが名の由来 命名者はFrans Noltee (フランス・ノルティー)氏 🌱「Felt Bush」は、 「フエルト」と「叢(草むら)」 🌱「Velvet Leaf」は、 「ビロード・ベルベット」と「葉」 🌱「Stalactite」は「鍾乳石」 ☝️この様に、流通名も 葉の特徴から由来しています 交配式は K. beharensis × K. tomentosa 英国王立園芸協会、 ガーデンメリット賞受賞👑 原産地はマダガスカル ☆Source☆ 【International Crassulaceae Network】 https://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=68&aaID=3&aiID=E&aID=2861
いいね済み
1
eye
【グラプトベリア属 ティテュバンス】  Graptoveria 'Titubans'  別名 ティチュバンス  和名 白牡丹(ハクボタン)?  韓国名 티투반스   ブロメリア・ギフさんの タグは【ティテュバンス】🏷 お店の商品券が有ったので、 それを使ってこちらと交換 帰宅する車内でふと気になり、 車を停めて検索してみたら、 「ティテュバンス≒白牡丹」 ( ゚д゚)ハッ! ☝すっかり忘れていました 「ティテュバンス=白牡丹」 とするのは疑問視されてますが、 仮に同じだとすれば苦手な多肉 何度バラバラにした事か(T_T) 車を引き返してお店に戻り、 丁重にお詫びして 別のと交換してもらいました ティテュバンスの交配式は、 パラグアエンセ×静夜 G.paraguayense×E.derenbergii 作出者🇫🇷Pierre Gossot     ピエール ゴッソ氏     (1900-1971) 原産国🇫🇷フランス 年🇫🇷1949年 氏の手掛けた交配を、 一部ご紹介させていただきますね 🌱アカウリス  Graptoveria 'Acaulis'  🌱ファラックス・ファルラックス  Echeveria 'Fallax' 🌱ボンビシナ・白閃冠  Echeveria ‘Bombycina’ 🌱ファントム  Graptoveria 'Fantome'  薄氷(銀紅蓮 姫朧月)?       Graptoveria ‘Caerulescens’?      「Titubans」は ラテン語の「titubāre」で 「よろめく」の意味が由来?、 フランス語の「titubant」で 「驚異的な」の意味が由来? お詳しい方、教えて下さいませ ☆Source☆ 【International Crassulaceae Network】 https://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=63&aaID=2&aID=1273
いいね済み
3
eye
【パキベリア属 パウダー パフ】  Pachyveria 'Powder Puff'  ×Pachyveria 'Shimono-Ashita'  ×Pachyveria 'Exotica'  ×Pachyveria ‘Hanabijin’  ×Pachyveria 'Kobayashi'  別名 エキゾチカ  和名 霜の朝(しものあした) 加瀬ナーセリーさんのタグは 【霜の朝(しものあした)】🏷️ 他のエケベリア達は 春が花芽シーズンでしたが、 霜の朝は夏が最盛期🥀   ベル型のアプリコット色の花を 咲かせてくれています ブリーダー不明 1970年代に作出された米国交配種 交配式は 星美人P. oviferum×カンテE. cante ブロメリアギフさんでは 【パキベリア エキゾチカ】、 カクトロコさんは 【エケベリア 霜の朝】 の名前で販売 「Powder Puff」の意味は 「白粉袋・白粉刷毛(はけ)」 「Exotica(エキゾチカ)」は 「外来種」でしょうか? しかしシノニムの ×Pachyveria 'Kobayashi' ☝️この「小林?」サンてどなた? ☆Source☆ 【International Crassulaceae Network】 https://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=147&aaID=2&aiID=P&aID=2103
いいね済み
88
eye
⏪前のpicより 【アエオニウム属 ベロア】  Aeonium ‘Velour’  流通名 カシミア バイオレット      カシミヤ バイオレット  Aeonium 'Cashmere Violet' 🏷「真っ赤な火曜日」 🏷「あっ火曜日」 に1日遅れで参加致しますね クラブの先輩から譲り受けた 名無しのアエオニウム 恐らく【ベロア】かと? うちにあるアエオの中で、 一番赤みが強い株になります ICNにはこのように記載 和訳すると👇 「Hybrid by Jack Catlin(ジャック・カトリン) 1976年にA. canarienseとA. arboreum 'Zwartkop'の交配(?) 2000年にISI00-41として配布 (同交配の)A. 'Blushing Beauty'は涼しい冬の気温の間に赤くなるが、A. 'Velour'は葉の頂端部分でより一貫した紫がかった色」 もしかしてうちのベロアは、 ブラッシング ビューティー? な〜んて、淡い期待( ˘ ³˘)♥ ☆Source☆ 【International Crassulaceae Network】 https://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=22&aaID=3&aiID=V&aID=3065
いいね済み
84
eye
【エケベリア属 野ばらの精】  Echeveria 'Nobara-no-sei'  韓国名 ‘노바라노세이’  ザラコサ ノバ×静夜の交配種 【エケベリア属 アリエノール】  Echeveria 'Alienor'  韓国名  '알리에노르’ 「🏷金曜ローズショー」に タニ友さんからいただいた 【野ばらの精】で参加( ˘ ³˘)🌹 タミニクチャンチノノバラノセイハ コレデミッツメ 1990年に日本が誇る、 Hybr.の根岸利和氏が作出 シノニムの【アリエノール】は、 ICNではこのように記載されています 「Known in Europe as 'Alienor', published in Subtropica, July 2009. As the name 'Nobaranosei' has been published in Japan around the time the hybrid has been created, this name has priority and 'Aliénor' is a synonym.」 これを和訳サイトにかけると🔤 「ヨーロッパでは【Alienor】として知られ、2009年7月にSubtropicaで発行された 【ノバラノセイ】という名前は、ハイブリッドが作成された頃に(ヨーロッパより先に)日本で公開されたため、この名前が優先された 【アリエノール】は同義語」 20年くらい日本が早かったのですね ☆Source☆ 【International Crassulaceae Network】 https://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=48&aaID=3&aiID=N&aID=816
いいね済み
76
eye
【アエオニウム属 バレリーナ】  Aeonium 'Ballerina'  別名 フロスティ     ホワイト フリンジ  和名 富士の白雪  グルチノスム(グルチノサム)×カナリエンセの同属間交配種? ネームタグは【富士の白雪】 別名【ホワイトフリンジ】 「🏷白い水曜日」に 参加させていただきますね アレ?キョウハマダゲツヨウビダッタ(-_-;) mercariでワンコインで買った 弱々しい苗が、半年間で ブーケ型に広がりました💐 産毛に覆われた粘着性の葉に、 白い外斑と斑筋が入ったのが特徴🗻 斑が抜けてしまっているタイプは 【富士の初雪】と呼ばれ、 そのべルベット状の質感から レモネードと混合されて 売られている場合もあるとか? GSを拝見すると、過去には DAISOさんでも扱いがあったようで、 アエオ好き故に富士の白雪を 再販して欲しいと望むところです 「起源は不明 Rudolf Schulz(ルドルフ・シュルツ)氏によると、   〜中略〜 おそらくA.glutinosumとA.canarienseの雑種」 ☆Source☆ 【International Crassulaceae Network】 https://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=22&aaID=3&aiID=B&aID=3357
いいね済み
1
eye
【グラプトベリア属  アルベルト バイネシ】  Graptoveria 'Albert Baynes'  別名 バイネシー  韓国名 알버트 베인즈 仲良しのタニ友さんから いただいた名無しの多肉 恐らく【バイネシー】🏷 作出者は Albert Baynes , Shipley, Yorkshire,UK (アルバート・ベインズ) 命名者は J.C.van Keppel(ジェイシー バン ケペル) 交配式は  パラグアイエンセ×エケベリアspec. Graptopetalum paraguayense ×Echeveria sp. このエケベリアspec.は、 ルベラではないかと  言われています Echeveria 'Rubella' ブルーイッシュグリーンに 赤みを帯びた斑点有り→ 紅葉時はピンキッシュレッドに 大好きなデカベリアのひとつ アンズチャン、アリガトウ(⁠ ⁠˘⁠ ⁠³⁠˘⁠)⁠♥ ☆Source☆ 【International Crassulaceae Network】 https://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=63&aaID=2&aiID=A&aID=154
いいね済み
103
eye
【セダム属 ヒルスツム バエチクム】  Sedum hirsutum ssp.baeticum  Sedum hirsutum ssp.baeticum Winklerii  Sedum winkleri  流通名 ウィンクレリー      ウィンクレリ タグは何故かコーカサス麒麟草の 【ステファニーゴールド】🏷 「セダム 野外−5℃  OK」 と書かれた生産者さんの苗です 札間違いだと気付き、改めて 【ウィンクレリー】で調べたら、 【バエチクム】と言う名前に 今は統合されているようです 粘着性のある黄緑色の葉に、 タンポポ?の綿毛が付いてました 春が待ち遠しいですね🌸 花は白❀ 原産地は、 南西ヨーロッパ・北西アフリカ ☆Source☆ 【International Crassulaceae Network】 https://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=182&aaID=2&aiID=H&aID=192
いいね済み
126
eye
【エケベリア属 デレンベルギー】  Echeveria derenbergii  別名 ホワイトローズ  和名 静夜・白蓮華 ネームタグは【静夜】 別名【ホワイトローズ】🌹 「🏷金曜ローズショー」に 参加させていただきますね ピンクの蕾も付いていたので、 フォロワーサンのyuyu様主催の 「🏷金曜日の蕾たち」にも W参加させていただきますね 数多の交配種の親として活躍 ICNによると 「derenbergii」の名前は、 ハンブルクの植物学者、 Julius Derenberg博士 (ジュリアス・デレンバーグ) に因んで命名されたそうです 原産地はメキシコ、オアハカ🇲🇽 花は黄色で先端は赤🌻 ☆Source☆ 【International Crassulaceae Network】 https://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=48&aaID=2&aiID=D&aID=1454
いいね済み
85
eye
【グラプトペタルム属・グラプトベリア属  ビクター ケイン】  Graptopetalum 'Victor Kane'  xGraptoveria 'Victor Kane'  和名 初想(はつおもい)     (旧)淡雪  朧月×アメチスチヌムの交配種 シノニム 【グラプトペタルム属・グラプトベリア属  カネイ】  Graptopetalum 'Kanei'  xGraptoveria 'Kanei' 【グラプトペタルム属 フランク ネイネルト】  Graptopetalum 'Frank Reinelt' 【グラプトベリア属 キュー マーブル?】  xGraptoveria 'Kew Marble' ネームタグは【カネイ】🏷 「見慣れた顔だけどこの名は初めて」  と、連れて帰ってから調べたら、 どうやら初想(はつおもい)か もしくは淡雪?でした (;-ω-)ノ 「Victor Kane」の「Kane」を 「カネ(イ)」とローマ字で 読んだのでしょうか? 因みに「Frank Reinelt」は、 カリフォルニア州キャピトラの 有名なハイブリダイザー  Frank Reinelt氏から命名との事 ☆Source☆ 【International Crassulaceae Network】 https://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=55&aaID=3&aiID=V&aID=114
いいね済み
139
eye
【グラプトベリア属 ローズ クイーン】  Graptoveria 'Rose Queen'  Graptoveria 'Crepusculo'(旧)  別名 ローズ クィーン  中国名 玫瑰女王  パラグアイエンセ×?の交配種 ネームタグは 【エケベリア ローズ クィーン】 「エケベリア 野外5℃までOK」 と書かれた生産者さんの苗ですが、 恐らくグラプトベリアだと思います 「濃い灰緑色の葉を持つ塊を形成するロゼットを生成し、冬には濃い紫色/灰色に変わる 長いアーチ型の茎にピンクの花をつける 起源不明、恐らく米国のハイブリッド Graptopetalum paraguayense x G. spec.」 ☝海外のサイトでは このように紹介されてましたが 「名前の通りローズ色が可愛い品種 黄色の花を咲かせる 命名者 Naoyuki Hagane Graptopetalum paraguayense x E.secunda」 ☝羽兼直行氏の書籍では このように紹介されてました 個体差なのか? 全く別物なのか? 定かではございませんが、 前者の方が近い気がします またGSを拝見すると、 Echeveria 'Rose Queen'の名で 外巻きにカールした葉の投稿が🌹 生長が楽しみな謎エケのひとつです ☆Source☆ 【羽兼直行氏】著者 【International Crassulaceae Network】 https://www.crassulaceae.ch/de/artikel?akID=55&aaID=3&aiID=R&aID=5394
51件中 1-24件 を表示

人気のコラム一覧

2023.01.10

【最新】人気の春の花30選|3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみて...

by.GreenSnap編集部
2019.10.16

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

by.hana (a piece of dream*)
2022.08.31

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にも...

by.GreenSnap編集部
2020.01.29

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

by.mokutaro(杢太郎)
2020.01.15

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

by.内田アリ
2022.12.22

【最新】人気の冬の花30選|鉢植えや花木でよく見る、冬に咲く花の名前を調...

by.GreenSnap編集部