天空のバラの五線譜さんの小さな庭,立体的な庭造り,第三パーゴラの投稿画像

小さな庭の画像 by 天空のバラの五線譜さん | 小さな庭と立体的な庭造りと第三パーゴラとイングリッシュガーデンと花のある暮らしとバラ・ミニバラ

2020/01/21

167回いいねされています

今日は、園芸、夜10時前にやっと終了しました。

今日も妻用事優先で、気に入ったコートを見に行きたいというので、行ってきました。サイズが合わなくて、購入できず、ランチを食べて帰りました。

私はすぐに庭仕事開始。妻も午後5時まで手伝ってくれました。

今日も昨日に引き続き、つるバラの剪定と誘引をしました。

投稿写真は、剪定・誘引後のピエール・ドゥ・ロンサールです。高さが6mぐらいになりました。

そのほか、キモッコウバラの誘引のための2,100mmのポールを4本を地中に打ち込み、他の支柱等との接合、それらに誘引のやり直し、第三パーゴラの天井上にある大型鉢への液肥やり、クレマチス・テッセンの剪定と誘引のやり直し、バーガンディー・アイスバーグの剪定と誘引のやり直し、クレマチス10鉢前後に有機固形肥料やり、ハンキング・バスケット数鉢の剪定なとなど、連続5時間しました。

夕食後は、先送りにしていた二段式金網バスケットに古着を使って、久々に針仕事をしました。何度も指先に針を打ち込み、「痛い!」と声をあげながら、4時間もやっていました。

私が一所懸命にやっていると、お義母さんがやって来て、録画をしてもらおうとご機嫌うかがいにやって来ました。
初めは、見ているだけでしたが、私が縫い付けようとしているところの布を持ってくれるようになったので、じゃあ、ここから先はもうちょっとで終わるので、これを完成させて、僕はもうひとつの方をやるからと言って、完成間近の物を渡しました。

ところが、洋裁学校までいったお義母さんが、針に糸を通せないし、どのようにやるかがわからないようだったので、この古着をこのように縫い付けて、と指示をしてってもらいました。

出来た、と言うので、見ると、底が布が足りなくで穴が空いたままだったので、古着をカットして、ここへ縫い込んでね、と言うと、またやり始めました。

本当に久々(多分、なん十年ぶり)の針仕事だったので、感覚がわからず失敗ばっかりでしたが、なんとか出来上がりました。

良く分かったことは、型紙を作ってから縫い込むことが大切だと言うことです。適当に古着を切ってやっていると、結局、パッチワークみたいになって、余計な時間を使ってしまいました。

これに多肉植物を植えようと思っていましたが古着(靴下)の色合わせが納得いかず、垂れる花を植えた方がいいような気がして迷い始めました。明日、考えて決めます。

今日は、垂れ梅の近所のおばちゃんが、大根と水菜のかき揚げとさつまいもとゴボウの天ぷらを3人前、持ってきてくれました。今日はそれを夕食のおかずにして食べました。

ありがたやありがたや、です。大根とと水菜のかき揚げなんて初めて食べましたが、とても美味しかったです。

2020/01/21

お疲れ様でした。
フォローさせていただきます。
よろしくお願いいたします✨✨

2020/01/22

いいね!1

@はなまる さまへ
こんばんは、返事が遅くなりすみません😃
ありがとうございます。こちらこそ、どうぞ、よろしくお願い致します。🎵🎵🎵

2020/01/25

いいね!1

このみどりを撮った人

天空のバラの五線譜

天空のバラの五線譜

介護のため62歳直前で退職して、園芸を始めて2年11か月になります。つるバラ/シュラブ・ローズ計23種、ブッシュ・ローズ11種、ミニバラ9種(バラ合計43種)、クレマチス8種、洋ラン10種、多肉植物20種以上、サボテン10種、その他200種類以上を庭で育てています。やっと、土、肥料、病害虫対策の基本を身につけかけたところです。

場所

小さな庭

キーワード

立体的な庭造り 第三パーゴラ イングリッシュガーデン 花のある暮らし バラ・ミニバラ

植物

投稿に関連する植物図鑑

イングリッシュガーデンに関連するカテゴリ

開催中のフォトコンテスト

イングリッシュガーデンのみどりのまとめ

花遊庭にて20191206

白馬コルチナのイングリッシュガーデンに行って来ました。

箱根ガラスの森美術館

イングリッシュガーデンの関連コラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード