警告

warning

注意

error

成功

success

information

杉の木の一覧

いいね済み
324
Kazyan
【郷土の花華シリーズ:山小屋別荘編⑨】 ♧シャクナゲ:石楠花:rhododendron ♡この写真画像は、山小屋別荘に架かる小さな橋を渡った対岸の池の傍に咲いている「シャクナゲ:石楠花」の様子を撮影したものデス🐶 ♧シャクナゲ(石楠花)はツツジ科ツツジ属のうち無鱗片シャクナゲ節というグループに属する植物の総称として用いられます。 ツツジに非常に近い種類で、欧米ではツツジと同じものとして大雑把に扱われていますが、花が枝先に房状に咲くものを日本ではシャクナゲ(石楠花)と呼んで区別しています。 美しい大きな花を房状に咲かせるシャクナゲ:石楠花の姿は非常に見応えがあり、花木の女王や花の王とも言われています。 ツツジは葉が小さく落葉しますが、シャクナゲ(石楠花)の葉は常緑で厚みと光沢があり、寒い冬にも耐えることができます。 《一九献上》 『雅なる一番咲きの石楠花』 @"The most elegant and *heartwarming flower is the first beautiful rhododendron flower." 大意:最も雅やかで*心温まる:麗しい花は、最初に咲いた美しい石楠花の花です。 📝雅麗美: Elegant, *heatwarming and beautiful *heartwarming:心暖まる:麗しい ♡シャクナゲの花言葉: 「威厳」「荘厳」 明確な色別の花言葉はつけられていません。 【豆知識】 以下は編⑦⑧に、同文内容デス🙏 ♧シャクナゲの漢字は「石楠花」あるいは「石南花」と書きますが、中国では「石楠」はバラ科のオオカナメモチと呼ばれる植物を指します。 このオオカナメモチは常緑でその葉を石楠葉(せきしょうよう)と呼びリウマチや頭痛、下肢のけいれんなどに用いますが、日本にこの生薬が伝えられた際に常緑で似たような葉をつけるシャクナゲと間違えられた事から石楠花という漢字が使われるようになりました。 日本ではシャクナゲ(石楠花)の葉を浮腫やリウマチの薬として用いる民間療法がまことしやかに伝えられてますが、これはオオカナメモチの葉の間違いで、実際に石楠花の葉を煎じて飲んだ人が中毒を起こして病院に運ばれたケースもあります。 💀全草に毒があるので安易に口にしないようにしましょう🚨 🌸高嶺の花だったシャクナゲ 春に豪華な花を咲かせるシャクナゲはさぞ昔の人たちの園芸心をくすぐったかと思われますが、実はシャクナゲが一般的に普及したのは江戸時代より後と言われています。 園芸好きの日本人がなぜシャクナゲに手を出さなかったのか…? その理由はシャクナゲが高山植物であったことが理由に挙げられます。 もともと高い山の岩場などに張り付くように咲くシャクナゲは採取がしにくく、「高嶺の花」の由来になったほど。 また日本には古くから山岳信仰があり、山の高い頂に咲く岩場に不似合いな豪華な花は山の精霊の化身とされてきました。 山は神が住む場所であり、神聖な地で精霊の化身を持ち帰る事は罰当たりな事だと考えられており、こっそりと栽培する人はいましたが大々的に品種改良がされることはありませんでした。 時が流れ徐々に山岳信仰が薄れていくにつれ美しいシャクナゲは市場に出回り始め、今ではたくさんの品種が出回るようになっています😸 更に、この後に続けて、山小屋別荘周辺の花華たちの様子を投稿します。 皆さまどうぞ覗いて観てくださいマシ(^_-)✨ ✍️Works:Poetaster Kazuan//筍歌人 藪中和堂 Artistic: March 30,2022:past 12:30’:📱shooting March 31,2022:past am 03:20':upload by Kazyan’s Green Studio
いいね済み
327
Kazyan
【郷土の花華シリーズ:山小屋別荘編⑧】 ♧シャクナゲ:石楠花:rhododendoron ♡この写真画像は、山小屋別荘に架かる小さな橋を渡った対岸の池の傍に咲いている「シャクナゲ:石楠花」の様子を撮影したものデス🐶 ♧シャクナゲ(石楠花)はツツジ科ツツジ属のうち無鱗片シャクナゲ節というグループに属する植物の総称として用いられます。 ☆ツツジに非常に近い種類で、欧米ではツツジと同じものとして大雑把に扱われていますが、花が枝先に房状に咲くものを日本ではシャクナゲ(石楠花)と呼んで区別しています。 美しい大きな花を房状に咲かせるシャクナゲ:石楠花の姿は非常に見応えがあり、花木の女王や花の王とも言われています。 ツツジは葉が小さく落葉しますが、シャクナゲ(石楠花)の葉は常緑で厚みと光沢があり、寒い冬にも耐えることができます。 《一九献上》 『寄り添いて大樹の傍に石楠花や』 @"It is the flower of *rhododendoron flower that blooms by the big tree so as to snuggle up to it. It's so beautiful‼︎ 大意:大きな木の傍らに寄り添うように咲く*石楠花の花じゃん、何とも美しいですネ‼︎ ♡シャクナゲの花言葉: 「威厳」「荘厳」 明確な色別の花言葉はつけられていません。 【豆知識】 以下は編⑦に、同文内容デス🙏 ♧シャクナゲの漢字は「石楠花」あるいは「石南花」と書きますが、中国では「石楠」はバラ科のオオカナメモチと呼ばれる植物を指します。 このオオカナメモチは常緑でその葉を石楠葉(せきしょうよう)と呼びリウマチや頭痛、下肢のけいれんなどに用いますが、日本にこの生薬が伝えられた際に常緑で似たような葉をつけるシャクナゲと間違えられた事から石楠花という漢字が使われるようになりました。 日本ではシャクナゲ(石楠花)の葉を浮腫やリウマチの薬として用いる民間療法がまことしやかに伝えられてますが、これはオオカナメモチの葉の間違いで、実際に石楠花の葉を煎じて飲んだ人が中毒を起こして病院に運ばれたケースもあります。 💀全草に毒があるので安易に口にしないようにしましょう🚨 🌸高嶺の花だったシャクナゲ 春に豪華な花を咲かせるシャクナゲはさぞ昔の人たちの園芸心をくすぐったかと思われますが、実はシャクナゲが一般的に普及したのは江戸時代より後と言われています。 園芸好きの日本人がなぜシャクナゲに手を出さなかったのか…? その理由はシャクナゲが高山植物であったことが理由に挙げられます。 もともと高い山の岩場などに張り付くように咲くシャクナゲは採取がしにくく、「高嶺の花」の由来になったほど。 また日本には古くから山岳信仰があり、山の高い頂に咲く岩場に不似合いな豪華な花は山の精霊の化身とされてきました。 山は神が住む場所であり、神聖な地で精霊の化身を持ち帰る事は罰当たりな事だと考えられており、こっそりと栽培する人はいましたが大々的に品種改良がされることはありませんでした。 時が流れ徐々に山岳信仰が薄れていくにつれ美しいシャクナゲは市場に出回り始め、今ではたくさんの品種が出回るようになっています😸 更に、この後に続けて、山小屋別荘周辺の花華たちの様子を投稿します。 皆さまどうぞ覗いて観てくださいマシ(^_-)✨ ✍️Works:Poetaster Kazuan//筍歌人 藪中和堂 Artistic: March 30,2022:past 12:30’:📱shooting March 31,2022:past am 03:15':upload by Kazyan’s Green Studio
192件中 1-24件 を表示

人気のコラム一覧

2021.02.12

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

by.GreenSnap編集部
2019.10.16

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

by.hana (a piece of dream*)
2020.01.29

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

by.mokutaro(杢太郎)
2022.08.31

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にも...

by.GreenSnap編集部
2020.01.15

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

by.内田アリ
2021.11.25

【冬の花図鑑30選】冬に咲く花の名前や花言葉はなに?鉢植えや花木でよく見...

by.GreenSnap編集部