警告

warning

注意

error

成功

success

information

色彩の一覧

いいね済み
28
咲楽天
テーブルダンスとナンだっけ、ゼルミラかな? とにかく香がすごいんだ🌼 花径25センチ超えです 現在(コロナ以前かな?)、医療現場で問題となっているのはよくわからない症状、たとえば微熱とか悪寒といったものに対してむやみやたらに抗生物質を処方してしまうことである 一時代前はそれで通用した しかし今それをしてしまうと患者の腸内フローラをズタズタにしてしまうことがわかり、長期的にはさらなる体調不良をよんでしまう もっと最悪なことは耐性菌を生んでしまうことだ あらゆる病原菌がそのことにより耐性をみにつけ手のうちようのない菌が出現してしまっている 結核菌が1番いい例であろう テレビで新型コロナが変異したと、デルタからオミクロン、Ba1、Ba2などと大仰な報道をしているがこれはいたって普通のことなのである 変異しないほうがおかしいのである 季節性インフルエンザがある いろんな株種があるが毎年ワクチンを射っても効く場合もあるし効かない場合もある 射ったワクチンと違った株種の罹患といったこともあるのだが、ワクチンと同株種でも変異してるもので罹患してしまうことがある  このことは誰も問題としない 医師でなくても誰でも識っていることだ みんな識っているのに良識のない医師と政治家だけが問題としている    さらに考え込むのは急拵えであるワクチンが人体に射たれること、もっと恐ろしいことにそれを1年という短期スパンで4度も射とうとしていることである 新型コロナウィルスだけが問題とされている 
いいね済み
20
咲楽天
咲いてきた 第二次世界大戦時アメリカに猛将といわれるジョージ・パットンという将軍がいた  1944年6月ヨーロッパでドイツ軍の攻撃に苦しむ連合国の増援にアメリカはフランスへの上陸作戦を決起 史上最大の作戦「-D-」と呼ばれるこの戦闘を前にして、戦闘経験者の少ないアメリカ第3軍は怯み脅えた これをみたパットンは一くさり演説をぶつ その内容は「ロクデナシ」などの言葉を交えた決して美化できるものではなかったが人間の卑小性をあげつらう反面、個人のかけがえのなさと任務へのひたむきさこそ勝利につながると結び第3軍を鼓舞した 6月6日ノルマンディーにおける激戦 海側からの圧倒的不利という戦闘で大量物資とマンパワーのみを頼りに上陸作戦決行 海岸は累々たる死体が横たわり波に洗われる 海は遠方まで血で真っ赤に染まった あちこちに原型をとどめぬ肉片が飛び散りその肉と化した人間を飛び越え飛び越え前進する連合軍 第3軍の兵士の心を支えたのはたった1つ パットンの言葉のみだった 勝利は連合軍側に微笑みその 後ヨーロッパ戦線を席巻した連合軍がドイツを破り勝者となった マスク、ワクチン、三密回避もいいだろう だが所詮強い社会を引っ張っていくのは冷静にものが見極めできる強きリーダーということである 
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
24件中 1-24件 を表示

人気のコラム一覧

2021.02.12

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

by.GreenSnap編集部
2019.10.16

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

by.hana (a piece of dream*)
2020.01.29

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

by.mokutaro(杢太郎)
2022.08.31

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にも...

by.GreenSnap編集部
2020.01.15

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

by.内田アリ
2021.11.25

【冬の花図鑑30選】冬に咲く花の名前や花言葉はなに?鉢植えや花木でよく見...

by.GreenSnap編集部