警告

warning

注意

error

成功

success

information

ヤマトリカブトの一覧

いいね済み
158
醜男
山鳥兜(ヤマトリカブト) キンポウゲ科トリカブト属の多年草。山地の林内や林縁などに生える。茎は弓なりに曲がる。葉は互生し、掌状に3~5深裂する。裂片は披針形~卵状披針形で、欠刻状の鋸歯がある。花期は8~10月。花は青紫色で長さ約3㎝。花弁のように見えるのは萼片で5個ある。上側の1個は兜状になり、その下に半円形の萼片が2個、1番下に細長い萼片が2個つく。花弁は2個あるが、萼片に隠れていて外からは見えない。花弁の基部には雄しべの集団がある。はじめ曲がっている雄しべは、花粉を出す頃にはまっすぐになる。花柄には曲がった毛がある。花の外面にも曲がった毛があり、内面には曲がった毛とまっすぐな毛が生える。果実は袋果。ふつう3個つき、長さ2㎝ほどのやや扁平な円筒形。先端外側には突起状の花柱が残る。種子は長さ3㎜ほどの扁平な長楕円形か広披針形。片縁に1枚の翼があり、側面にも横に数列並ぶ翼がある。地下の根はかぶら状の塊根をつくる。 伶人(れいじん💬雅楽を演奏する人)は錦製の鳳凰をかたどった冠をつける。これを鳥兜という。花の形がこの鳥兜に似るのでトリカブトの名前がついた。山に生えるトリカブトという意味でヤマトリカブトの名前がついたする説もあるが、生薬成分として中国から渡来した烏頭(うず💬トリカブトの根。花の一番上の帽子状の部分がカラスの頭に似ていることから漢名で烏頭と書いた)に対する、日本原産のトリカブトという意味と考えられる。 本種は毒草の代表で、古くから矢毒に利用された。全草、特に根に猛毒のアルカロイドを含むが、含まない種類もある。漢方では紡錘状に膨らんだ母根を烏頭(うず)、その周りにつく子根を附子(ふし)と呼び、様々な方法で減毒して、多くの処方に用いる。日本にはトリカブトの仲間が40種類以上あり、区別は難しい。花はひと目でトリカブトの仲間と分かるほど独特の形をしているが、若葉は二輪草(ニリンソウ)などの山菜と間違えやすい。死亡した例もあるので注意が必要。ニリンソウの地下の根には膨らんだ塊根はないので、葉が似ていても、地下に膨らんだ塊根があれば毒草と思って採取しないこと。 出典『山に咲く花』『野に咲く花』『草木の種子と果実』『野草の名前』『薬草の呟き』
158件中 1-24件 を表示

人気のコラム一覧

2021.02.12

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

by.GreenSnap編集部
2019.10.16

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

by.hana (a piece of dream*)
2022.08.31

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にも...

by.GreenSnap編集部
2020.01.29

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

by.mokutaro(杢太郎)
2020.01.15

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

by.内田アリ
2022.11.09

【冬の花図鑑30選】鉢植えや花木でよく見るのは?冬に咲く花の名前を調べよ...

by.GreenSnap編集部