アジサイはドライフラワーにして楽しみましょ♡ 上手にドライにするコツ、教えます! 


内田アリ

内田アリ


公開日:2016.07.25

こんにちは。花と多肉好きライター、ariです。

アジサイの生花は、みずみずしくてとっても素敵ですが、
ドライフラワーにすると、
アンティークのようにシックな雰囲気で、
また違った楽しみ方ができます。

そして何より、長く楽しむことができるから、
インテリアのアクセントに取り入れている人も多いですね。

でも、生のアジサイをいざドライにしようとすると、
くしゅくしゅっと縮んでしまったり、色があせてしまったり……。
なかなか上手くドライにできない!という人もいるでしょう。

そこで今回は、簡単だけど知っていると便利な、
アジサイをドライにする方法をご紹介します。

枝を切るタイミングが大切!

アジサイが一番美しく、瑞々しい季節は、なんといっても梅雨の時期。
しかし、このタイミングで切ったアジサイをドライにしようとしても、
なかなか上手くドライになりません。

吊りしておいても、いつの間にか縮れてしまっていたり、
色が茶色く変色してしまったり……。

そんな悩みを今まで持っていた人は、
ぜひ切るタイミングに気をつけてみましょう!

ドライにするには、できるだけお庭や鉢の状態で乾かしておいて、
アジサイを触って、少しカサカサと乾燥気味になったら切ります。

これが遅過ぎてしまうと、茶色くなってしまうので、
この頃合いが大切なのです。

ドライになりやすい種類は?

秋色あじさいという品種が、ドライフラワーに適していると言われています。
たとえば、「アナベル」は水分の含有量が少ないそうで、
最もドライフラワーに適した品種。

ほかに、「カシワバアジサイ」や「西安」などもドライにしやすい品種です。

 

どんな場所でどうやって乾かすの?

一番簡単にできるのは、「ハンギング法」。
文字通りにアジサイを吊り下げておいて、
自然とドライになるのを待つ、簡単な方法です。

ギリギリまで植わったままで乾燥させて、
茶色くなる直前で切るようにしましょう。
アナベルの場合は、濃いめのグリーンに色が変わってから切るのがコツ。

吊り下げておく場所は、風通しがよくて、
直射日光が当たらない場所がいいでしょう。
そして、乾燥しているのが一番大切。
吊り下げる期間は、晴天が続くタイミングを狙いましょう。

ドライはテレビの上がいいとか、
車の中がいいとか、いろいろな説を聞きますね。

IMG_9940

ちなみに私の場合は、
いつも帽子などをかけているフックにアジサイを吊るしておきます。

ドライ用に、ラウンドハンガーを手作りしている方も!
これなら、キレイな形のままで保ってドライにすることができます。
ナイスアイディア!

お風呂の浴室乾燥を使って、ドライフラワーを作っている人も。
浴室乾燥で一気に乾かすのですね。

ハンギング以上に簡単なのが、
水に挿しておいて、
少しずつ水を減らしながらドライにいていく方法。

今の時期、晴天が続いていれば、
水なしで一気に乾かす方法もあります。
水を入れずに、花器やブリキのバケツに入れておきましょう。

 

大切なのは、失敗してもへこたれないこと!
アジサイのドライは、
天候などの条件によって成功するか失敗するかは微妙に変わってきます。
上手くドライにできたらラッキー♪ぐらいに思っておく方がいいかもしれません。

あなたもぜひ、アジサイのドライフラワーで楽しみましょう!

 

 

保存

保存

このコラムが気に入ったらいいね

13
内田アリ

内田アリ

フリーランスの編集ライター。ウェブサイト、ムック、フリーペーパーなどの媒体で執筆中。ハマっていることは植物、インテリア、海、 iPhoneでのカメラ撮影&加工。気に入った写真はInstagramでアップするのが日常です。

『アジサイはドライフラワーにして楽しみましょ♡ 上手にドライにするコツ、教えます! 』の記事をみんなに紹介してみましょう

ドライフラワー の関連コラム

初心者さんにもおすすめ。ドライにするとますます可愛いお花、集めてみました!の画像

初心者さんにもおすすめ。ドライにするとますます可愛いお花、集めてみました!

こんにちは。花と多肉好きライター、ariです。 お部屋に生花を飾って楽しんだあとは、 花を逆さに吊るしてドライフラワーにすれば、 可愛らしい花をそのままの姿で保存することができます。 大切な人からもら...

内田アリ

2016.09.07

アジサイはドライフラワーにして楽しみましょ♡ 上手にドライにするコツ、教えます! の画像

アジサイはドライフラワーにして楽しみましょ♡ 上手にドライにするコツ、教えます! 

こんにちは。花と多肉好きライター、ariです。 アジサイの生花は、みずみずしくてとっても素敵ですが、 ドライフラワーにすると、 アンティークのようにシックな雰囲気で、 また違った楽しみ方ができます。 ...

内田アリ

2016.07.25

ふんわりもこもこ!綿花を育てよう!の画像

ふんわりもこもこ!綿花を育てよう!

糸や布の原料となる綿花ですが、実際に植物としての姿を見たことがあるという方は少ないのではないでしょうか。 綿花は花も実も愛らしい見た目をしていて、もちろん実用もできるので、とても育てがいのある植物です...

FLORA

2016.11.15

ドライにしても素敵!オーストラリアに生息する、インパクト抜群な花を集めてみました。の画像

ドライにしても素敵!オーストラリアに生息する、インパクト抜群な花を集めてみました。

こんにちは。花と多肉好きライター、ariです。 わたくし、個人的にとっても好きな花があります。 一輪だけで、とにかく存在感抜群でインパクト大な花。 それは「プロテア」。 あの、斬新な形に目を奪われてし...

内田アリ

2016.05.18

季節のインテリアコーディネートに欠かせない、枝もの・実ものアレンジメント ブラック・ブラウン編の画像

季節のインテリアコーディネートに欠かせない、枝もの・実ものアレンジメント ブラック・ブラウン編

こんにちは!OZEKI です。インテリアグリーンに、枝ものや実ものを入れるとセンスアップ! シリーズでお届けしてきていますが季節に合わせて、実践してみてください。 今回は、空間をシックに、スタイリッシ...

フローリスト編集部

2016.03.22

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料

アプリならサクサク快適!

GreenSnapの公式アプリなら、
60万枚の植物とお花が見放題!

GreenSnapiPhoneアプリ 今すぐ無料ダウンロード