季節のインテリアコーディネートに欠かせない、枝もの・実ものアレンジメント イエロー&オレンジ編


フローリスト編集部

フローリスト編集部


公開日:2016.03.23

こんにちは!OZEKI です。インテリアグリーンには、枝ものや実ものといわれる素材を用いると、より季節感を表現できるようになります。

186-2

img-201-2-2

最近はお花屋さんなどではアレンジメントの素材として、枝付きのフルーツなども出回っているのでチェックして、使ってみてください。

今回は、元気を得られる「イエロー」や「オレンジ」素材を紹介します。

IMG_0684-2

もっと知りたい実もののこと![カラー別] 実ものミニ図鑑 Yellow & Orange 編

出回り時期や特性、取り扱い等、知るともっと実ものが好きになる実用的なものを紹介します。

カラスウリ[出回り時期:8~12月]

つる性のウリ科の植物です。日本に昔から自生している植物で、他の樹木などにからみついて成長します。グリーンで白い縞が入り、秋になると濃いオレンジ色に色づいていきます。生け花の花材として、古くから使われています。つるを生かしたデザインがおすすめです。

IMG_0334-2

カリン[出回り時期:7~11月]

果実酒などに加工されるカリンはバラ科の高木です。別名マルメロと言われています。枝物としては、木がしっかりしているため、大枝で出回ることが多く、実も写真のように若い時、より黄色く熟してからと、さまざまな段階で出荷されます。ディスプレーや生け込みなどにおすすめです。また、実が幼いときは葉が旺盛なので、葉をうまく間引いて使いましょう。

img-338

キンカン[出回り時期:12~2月]

中国原産のミカン科の柑橘類です。秋から冬にかけて小さな丸い実をつけます。皮ごともしくは皮だけ生食したり、砂糖漬けなどで食用とされています。実付きの枝として用いるほかに、実に竹串を刺してアレンジメントやブーケにおすすめです。また中国では旧正月にキンカンの鉢植えを飾ります。日本でもお正月に向けての需要が多いため、お正月のアレンジなどの素材としても。

img-215-2

ゲットウ[出回り時期:7~10月]

漢字では月桃と書いて、ゲットウと読みます。ショウガ科の植物で、葉から独特の香りがするため、沖縄では葉にモチを包んで蒸した物を食べるならわしがあります。春に白い花を咲かせ、6月頃から穂状に実がつきはじめます。グリーンの実が秋にはオレンジ色に色づきます。

img-309

夏ミカン[出回り時期:4~6月]

ミカン科の柑橘類です。実は大きくずっしりとしています。他の柑橘類同様、秋にきれいな色になりますが、春先までは酸味が強く食用に向きません。初夏になると甘くなり、食べられるためこのような名前がつきました。フラワーデザインへの利用はそのままアレンジメントに入れたり、実を並べてディスプレーとして見せるのがおすすめです。

IMG_0843

パンプキン[出回り時期:9~10月]

ハロウィン用に作られた観賞用のカボチャです。また同じような大きさのカボチャはアメリカから輸入品や国内でもおもちゃカボチャとして生産されています。皮の色も濃いオレンジ、黄色、グリーン、白などバリエーションに富んでいます。いずれも実は小さく、アレンジメントなど幅広く利用できます。アレンジやブーケには竹串を刺して使いましょう。

IMG_0378

フォックスフェイス[出回り時期:9~11月]

7月に開催される東京浅草寺の「ほおずき市」などに見られるように、日本では古くから愛されている実ものです。お盆には提灯に見立てて飾られています。そのため花市場での出回りは東京では7月のお盆、他の地域では旧盆に合わせての出荷がほとんどです。また、近頃はお盆用の品種ではなく小型のホオズキを生産している産地もあります。葉付きで出荷されますが、葉は水が下がりやすいため、葉を取って用いた方が扱いやすいです。実だけをアレンジやブーケに使うのもおすすめ。

IMG_0347

ホオズキ[出回り時期:7~8月]

キツネの顔に似た実の形が名前の由来であるフォックスフェイスは、南米原産のナス科の植物です。つややかな黄金色が昔から縁起がよいとされています。日本では大きな枝物として、葉をすべて取った状態で出荷されており、大きな装飾や生け込みにおすすめですが、実だけを使っても可愛らしいです。

img-333

レモン[出回り時期:周年]

インド原産の柑橘類。ラグビーボール型の実の形は独特で、味覚は非常に酸っぱいフルーツです。黄色の皮の色とその独特の形でフラワーデザインでは使いやすい素材です。そのまま使ったり、竹串などを使ってアレンジに取り入れたり、半分にカットして断面を見せたりと幅広く利用できます。

img-245

 

photo (C) Tomoyuki Sasaki, Seibundo-Shinkosha

Arrangement:Shinichi Nagatsuka

出展:書籍『ベリー・フルーツ・季節の実ものフラワーアレンジ講座』

ベリー・フルーツ・季節の実ものフラワーアレンジ講座

誠文堂新光社 刊
ISBN: 978-4-416-71228-3
季節によって植物の実の色合いや種類が変わる日本。ベリー、フルーツ、野菜などを含めた、実ものをフラワーアレンジメントに取り入れることで、季節感はもちろん、空間のひろがりや豊かな表情をフラワーアレンジメント作品に与えることができます。難しそうに感じられる植物の実の扱いですが、コツをつかみ、基本の形を理解することでぐんと身近なフラワーアレンジの素材になります。

詳しくはこちら

フローリスト編集部

フローリスト編集部

フローリスト編集部ライター陣 OZEKI:出版社誠文堂新光社にて2005年に編集局に配属以降、主に雑誌「フローリスト」、花や園芸文化の書籍編集を中心に担当しています。有田焼の江戸園芸鉢に夢中! モルモリカ(森田裕子@OfficeWani): ガーデニング・プレゼンター。出版社編集部にて園芸雑誌の編集に携わった後独立。出版、広告など、さまざまな媒体で園芸記事を企画・執筆&撮影。似て非なるものが気になる道具フェチ。 ヤガメ:谷亀高広(https://www.facebook.com/takahiro.yagame) 本業は東京都瑞穂町郷土資料館の学芸員。日々、郷土史に興味をかきたてられるかたわら、国立科学博物館の特別研究生として、ラン科植物の菌根菌について、研究活動を行っている。趣味は園芸・山歩き・写真撮影……そして与太話。 knowm:植物好きの編集者。賃貸マンションのベランダをジャングルにして、 酒の肴にしています。休みの日には植物園や園芸店をうろうろ。

『季節のインテリアコーディネートに欠かせない、枝もの・実ものアレンジメント イエロー&オレンジ編』の記事をみんなに紹介してみましょう

生け花に関連するカテゴリ

生け花の関連コラム

ユリのアレンジ7変化!山手西洋館「花と器のハーモニー」に行ってきました!!の画像

ユリのアレンジ7変化!山手西洋館「花と器のハーモニー」に行ってきました!!

初めまして。自己流ボタニカルライフを満喫する、陸の孤島のベランダー、mareです。 母の影響で、ガーデニングに目覚め、現在は、マンションのベランダとリビングの窓際で、たくさんの子どもたち(植物)のお世...

mare

2016.06.19

葉物使いの基本テクニック集「巻く」「カールさせる」の画像

葉物使いの基本テクニック集「巻く」「カールさせる」

こんにちは!OZEKIです。 実用的な葉物使いのテクニックを紹介していますが、今回はくるくる巻くような行為を中心にご紹介します。 technique 巻く 葉を巻くことにより、花のような扱いに変化し...

フローリスト編集部

2016.05.06

葉物使いの基本テクニック集「切る」の画像

葉物使いの基本テクニック集「切る」

こんにちは!OZEKIです。 葉物を使うことで、作品全体のボリュームアップやグラフィカルな美しさがプラスされるなど、見た目がよくなるメリットがあります。 そのうえ、花の保護や花留めとして実用的な要素を...

フローリスト編集部

2016.05.07

葉物使いの基本テクニック集「編む」「ワイヤーを使う」の画像

葉物使いの基本テクニック集「編む」「ワイヤーを使う」

葉物を使うことで、作品全体のボリュームアップやグラフィカルな美しさがプラスされるなど、見た目がよくなるメリットがあります。 そのうえ、花の保護や花留めとして実用的な要素を兼ね備えることもできます。ここ...

フローリスト編集部

2016.05.08

知っているとデザインの幅が広がる グリーン使い豆知識の画像

知っているとデザインの幅が広がる グリーン使い豆知識

こんにちは!OZEKIです。 葉物は花に比べて管理や使い方について、細かな取り扱いを学ぶ機会が少ないものです。 ここでは、いまさら聞けない、葉物の管理方法やきれいに見せるコツを学びましょう。 破れた...

フローリスト編集部

2016.05.30

生け花のみどりのまとめ

花屋がつくったスマホ用マクロレンズで撮影

生け花の新着投稿画像

ゆみいぬ

30

今日の母の生け花💓 母はカラフルで気に入ってます😊

まるちゃん

71

🍀9月度いけばな山月 初めて掛け花を勉強してみました。 ノブドウが色づいてなく残念でした🍇 ケイトウの色がワインレッドのような色合いでとても素敵な花材と出逢えました😍

Fumi Yamamoto

18

花: 野ばら、芒、雪柳 器: 唐銅曽呂利

sasyo

52

輪っかの器。 バランスを取るのが難しいかったです。

けいかず

85

『石化えにしだ』『トルコききょう』『おみなえし』をいけてみました(^^)

人気のコラム

簡単DIY!vol.9「100円製氷ケース」で多肉ポット作り方の画像
簡単DIY!vol.6.「タマゴの殻で簡単ポット」作り方(多肉を植えてみよう)の画像
カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
国際バラとガーデニングショウ2017 いってきました。後編の画像
紫陽花はただ飾るだけではもったいない! フォトジェニックな紫陽花アレンジ7選の画像

開催中のフォトコンテスト

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料