この葉をつかってみたい!アレンジエッセンスの葉もの使いアイディア


フローリスト編集部

フローリスト編集部


公開日:2016.04.08

こんにちはOZEKIです。今回はアレンジエッセンスの葉もの使いアイディアをご紹介します。

オクラレルカ

シャープな形が特徴で、ラインを強調したい作品にふさわしい葉物です。
矯めもある程度は効きますが、より自在に形をつくりたい時はワイヤー(#22~24が使いやすい)を葉の根元の切り口の部分から差し込むと、さらに思い通りの形にできます。葉の中が空洞になっているのでワイヤーは簡単に入ります。オクラレルカの注意点は、葉の先がカギ状になっているので、その向きをよく見定めて使用することです。また、時間が経つと葉の色が黄色に変色しますが、その色もとても美しいものです。ぜひ活用を。

花材/オクラレルカ、ダリア、チョコレートコスモス

9(オクラレルカ)

ポイント
数枚の葉が根元でまとまって株状になるオクラレルカ。1枚にばらして根元から葉の空洞部分にワイヤーを入れると、自在に形つくることができます。中心の大きな空洞ではなく、周囲の小さな空洞にワイヤーを入れると抜けません。

向かって右側の葉は株のまま使用し、左側の葉は1枚ずつに分け、ワイヤーを入れて形つくりました。縦に伸びるラインと曲がりの違いを出し、それによって生まれた空間にダリアを配しました。全体のデザインは縦型多点で構成しています。

オクラレルカ (ドライ)

オクラレルカを水に浸けたままキーパーなどの低温の場所にしばらく置いてみてください(水換えは行ってくださいね)。1~2ヶ月するとグリーンのオクラレルカがしだいに枯れて、美しい黄色に変わります。さらに時間が経つと茶色に変化し、色が移りゆくその姿はとても美しいものです。この作品では、グリーンとともに黄色のオクラレルカもあしらいました。葉物も花と同じように、色のバリエーションを楽しめるという提案です。さらにここでは、オクラレルカの葉の中にワイヤーを入れてカーブをつくりました。

花材/オクラレルカ、ケイトウ、バラ、五色トウガラシ、リモニウム

6(オクラレルカ枯れ)

ポイント
水に浸けながらゆっくり枯らすと美しい黄色に変わります。
葉の中にワイヤーを入れると思い通りのカーブがつけられます。美しい黄色は、長期間楽しむことができます。

ドラセナ

1本の茎に何枚もの葉がついているドラセナ。長い葉と短い葉が混在しているので、どの葉をどのように使うか、しっかり見極めてカットしていきましょう。この作品をご覧いただくとわかるように、上に伸びるように挿したドラセナはかなり間引いて、あえて茎を見せて使っています。葉を切り落とすと見える茎の白い部分も、また美しいものです。切り落とした葉は、くるりと巻いてアレンジの足元に活用を。面積の広いドラセナは、巻く、割くなどのテクニックを使うことでさらに表情が豊かになります。デザインの強弱、メリハリを考えながら、ドラセナの魅力を最大限に引き出しましょう。

花材/ドラセナ、エピデンドラム、アネモネ、リューカデンドロン、カスミソウ

7(ドラセナ)

ポイント
ドラセナのもっとも“いい顔”はどの葉なのか、しっかり見極めて。

アルストロメリア

アルストロメリアというと、可憐な花を思い浮かべる方が多いと思いますが、これは、花のついていない葉だけで流通している種・品種です。ここでは、下のほうの葉を落とし、茎の動きを強調してアレンジしました。茎は矯めが効かず、無理に曲げようとすると折れてしまうので、自然の曲がり具合をそのまま活かすといいでしょう。こういった形状の葉物にも表側と裏側があるのをご存じでしょうか? この作品では、左端のアルストロメリアは表側、右端は裏側、真ん中は側面を見せるように挿しています。表側だけでなく、裏側、側面を見せることで趣きのあるデザインに仕上げることができるのです。

花材/アルストロメリア、ストロベリーキャンドル

8(アルストロメリア) 2

ポイント
下のほうの葉をカットすると、茎の曲がり方のおもしろさを強調できます。全体のデザインは縦型多点で構成しています。

arrangement Shinichi Nagatsuka
photo (C) Seibundo-Shinkosha

 

出典元:書籍『葉物フラワーアレンジ講座』

種類も豊富になり、フラワーアレンジや花束になくてはならない素材が「葉物」です。花をひきたてるだけでなく、それ自体の美しさを生かしたワンランク上のフラワーアレンジメントにするためのアイデアやテクニックを紹介。水揚げや管理法、葉物図鑑も収録。葉物を使いこなすための知恵がぎっしりの1冊です。誠文堂新光社刊

詳しくはこちら

フローリスト編集部

フローリスト編集部

フローリスト編集部ライター陣 OZEKI:出版社誠文堂新光社にて2005年に編集局に配属以降、主に雑誌「フローリスト」、花や園芸文化の書籍編集を中心に担当しています。有田焼の江戸園芸鉢に夢中! モルモリカ(森田裕子@OfficeWani): ガーデニング・プレゼンター。出版社編集部にて園芸雑誌の編集に携わった後独立。出版、広告など、さまざまな媒体で園芸記事を企画・執筆&撮影。似て非なるものが気になる道具フェチ。 ヤガメ:谷亀高広(https://www.facebook.com/takahiro.yagame) 本業は東京都瑞穂町郷土資料館の学芸員。日々、郷土史に興味をかきたてられるかたわら、国立科学博物館の特別研究生として、ラン科植物の菌根菌について、研究活動を行っている。趣味は園芸・山歩き・写真撮影……そして与太話。 knowm:植物好きの編集者。賃貸マンションのベランダをジャングルにして、 酒の肴にしています。休みの日には植物園や園芸店をうろうろ。

『この葉をつかってみたい!アレンジエッセンスの葉もの使いアイディア』の記事をみんなに紹介してみましょう

生け花に関連するカテゴリ

生け花の関連コラム

ユリのアレンジ7変化!山手西洋館「花と器のハーモニー」に行ってきました!!の画像

ユリのアレンジ7変化!山手西洋館「花と器のハーモニー」に行ってきました!!

初めまして。自己流ボタニカルライフを満喫する、陸の孤島のベランダー、mareです。 母の影響で、ガーデニングに目覚め、現在は、マンションのベランダとリビングの窓際で、たくさんの子どもたち(植物)のお世...

mare

2016.06.19

葉物使いの基本テクニック集「巻く」「カールさせる」の画像

葉物使いの基本テクニック集「巻く」「カールさせる」

こんにちは!OZEKIです。 実用的な葉物使いのテクニックを紹介していますが、今回はくるくる巻くような行為を中心にご紹介します。 technique 巻く 葉を巻くことにより、花のような扱いに変化し...

フローリスト編集部

2016.05.06

葉物使いの基本テクニック集「切る」の画像

葉物使いの基本テクニック集「切る」

こんにちは!OZEKIです。 葉物を使うことで、作品全体のボリュームアップやグラフィカルな美しさがプラスされるなど、見た目がよくなるメリットがあります。 そのうえ、花の保護や花留めとして実用的な要素を...

フローリスト編集部

2016.05.07

葉物使いの基本テクニック集「編む」「ワイヤーを使う」の画像

葉物使いの基本テクニック集「編む」「ワイヤーを使う」

葉物を使うことで、作品全体のボリュームアップやグラフィカルな美しさがプラスされるなど、見た目がよくなるメリットがあります。 そのうえ、花の保護や花留めとして実用的な要素を兼ね備えることもできます。ここ...

フローリスト編集部

2016.05.08

知っているとデザインの幅が広がる グリーン使い豆知識の画像

知っているとデザインの幅が広がる グリーン使い豆知識

こんにちは!OZEKIです。 葉物は花に比べて管理や使い方について、細かな取り扱いを学ぶ機会が少ないものです。 ここでは、いまさら聞けない、葉物の管理方法やきれいに見せるコツを学びましょう。 破れた...

フローリスト編集部

2016.05.30

生け花のみどりのまとめ

第4回花笑みの日 いけばな山月 ①

花屋がつくったスマホ用マクロレンズで撮影

生け花の新着投稿画像

こすもす

20

息子作 月曜日のお花、やっと今日 もうしなびかけてます… でも、いい香り

ゆみいぬ

33

今日の母の生け花💓 寂しい感じですが…😌

木染  奎

12

昨日のおけいこは 久しぶりの自由花でした。 赤芽柳の線を いかに、おもしろく使うかが課題。 そして私が見せたかったピンポンマムを いかに、引き立つようにするか。 やはり自由花は難しいです。 使用花...

space花舎

10

ロビー当番花はX'mas風に。 コキア・ガーベラ・spバラ・レモンリーフ

とも

19

赤いガーベラがきれい✨ サンダーソニアがちょっと揺れる感じも可愛かった😊今回は深く悩み過ぎずにできて楽しかった✌️

人気のコラム

簡単DIY!vol.9「100円製氷ケース」で多肉ポット作り方の画像
360度ぐるりと可愛い! フライングリースって知ってる? の画像
簡単DIY!vol.6.「タマゴの殻で簡単ポット」作り方(多肉を植えてみよう)の画像
カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像

開催中のフォトコンテスト

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料