ハンギングプランターを使って空間を観葉植物で飾ろう

徳原鉄二

徳原鉄二

公開日:2016.11.15

ハンギングプランターとはその名の通り、上から吊り下げたプランターのことです。

好きな鉢やバスケットをロープやチェーンなどで吊るすことで空間を有効利用できます。

どうやってハンギングプランターを活用すればよいか、見ていきましょう。

ハンギングに向いている観葉植物とは

観葉植物のすべてがハンギングに向いているとは限りません。

まず、水をあまり必要としない植物が適しているといえます。

高い場所に植物を吊るすと風通しが良くなりますので、土が乾燥気味になります。

そうすると水が不足していないか確かめる頻度が増えますし、せっかく吊り下げた植物を何度もおろして水をあげなければなりません。

また、上に向かって成長する植物も避けた方がよいでしょう。

すぐに天井にぶつかってしまいますので、下に向いて成長するツル性のものを選ぶ方が無難です。

身近な物をプランターにしよう

市販の鉢やバスケットなどに観葉植物を植えてもかわいいですが、身近なものを使ってもおしゃれな観葉植物が仕上がります。

使わなくなったカフェオレボウルや小さな両手鍋などを使えば少しアンティーク風な感じも出せますし、メイソンジャーを使うと清潔感のある観葉植物になります。

ただしあまり大きな物になると、重くて吊り下げるには不向きになってしまいますので、その辺は注意して選びましょう。

プラントハンガーを作ってみる

毛糸麻紐などを紐状にして編んでいき、そこに植物を入れて吊るせるようにしたものをプラントハンガーといいます。

編み方はそれほど難しくなく、初心者でもあまり時間をかけることなく作れます。

麻紐のプラントハンガーが一般的ですが、紐になるものでしたら何を使ってもかまいません。

毛糸でしたら色を数種類組み合わせることで華やかな仕上がりになりますし、ワイヤーやカットした布などを使っても個性的なプラントハンガーができあがります。

いろいろと試してみましょう。

まとめ

ハンギングプランターを使えば、小さなスペースにも観葉植物を飾ることができます。

目線の高さで揺られている観葉植物は見た目にも楽しいです。

いろいろとアレンジして、自分だけのハンギングプランターを作りましょう。

 

 

※トップ画像はPhoto by シンタロウさん@GreenSnap

徳原鉄二
ロードレースに興味を持ち始めた33歳。 好きな漫画は「弱虫ペダル」。好きな食べ物は焼き鳥。 週末は園芸店周りを積極的に行って、情報収集に努めたいと思います。

ハンギングに関連するカテゴリ

ハンギングの関連コラム

ハンギングの新着投稿画像

rupu

57

ほんのりピンクに♡ 自由でのびのびと 可愛くなって(ㆀ˘・з・˘)♪♪ うちの子らしいかな😊🎵

グリーンマダム

776

秋晴れモーニング🍀🍀 やっと、秋晴れの朝がきたー🙌🙌 デッキでカップチーノ☕️を頂きながら アレクサが流してくれた癒しい🎶を聴く アーリーモーニングの幸せをかみしめる☺️🍀🌱🍀🌱...

ひま

621

サンパラソル♥ 垂れ下がったら可愛いかとハンキングにしたけど 垂れ下がる程大きくならんかった😟 この子も来年に期待♥

まめっこ

18

今朝かなり久々に濃い綺麗な色のが咲きました🤗💕最近かすれ気味とゆうか薄い色で咲いてしまうのは何で⁉️🧐💦 葉っぱは綺麗なのになぁー😅

ROSSO

57

今日♪

ROSSO

66

今日♪

ROSSO

53

今日♪

ROSSO

44

今日♪

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード