MomoScotlandさんのイギリス,スコットランドの投稿画像

の画像 by MomoScotlandさん | イギリスとスコットランド

2020/11/21

102回いいねされています

(番外編)スコットランドのブラス製のキツネの「ドアノッカー」💛
イギリスでは、この昔ながらの「ドアノッカー」は、電気のドアベルの普及で姿を消してしまいましたが、近年アンティークとして人気が出てきて、敢えてこのドアノッカーを設置するお家をたまに見かけます😊😄下の取っ手の部分を手でもって、前後に動かしてたたくと、カンカンととてもいい音が出ます🤩😆

「キツネ」のデザインは、1880~1900年代頃に特に流行りました。その背景には、この時期に、貴族や上級階級の間で流行っていた「キツネ狩り(フォックスハンティング)」という伝統的スポーツ(というより残虐行為ですが😥😭😰)がミドルクラスにまで普及するようになり、キツネがミドルクラスの間で富や地位を示す流行りの象徴となったからとか😄😆

*ちなみに、ブラス製の「ブラスbrass」とは、日本語訳で「黄銅」のことで、銅と亜鉛の合金で、特に亜鉛が20%以上のものをいうそうです。「真鍮(しんちゅう)」と呼ばれることも多いそうです。

2020/11/21

100年前のトレンドはキツネちゃんなんですね(*゜Q゜*)🌠アンティークデサインいいですね🦊💞

私は真鍮のが馴染みのある言葉です🍀とかげのバレッタ(Franceの刻印)持ってます🦎最近、真鍮でできてる事を知りました✨銅+亜鉛なんですねφ(..)ありがとうございます💞

2020/11/21

いいね!1

MomoScotlandさん

いつも楽しく拝見させていただいております。
ドアノブの素敵なこと。
おしゃれですね。
またその成り立ちや歴史的な背景が詳しく書いておられるからとてもべをきょうになります。
ところ変われば生活習慣もいろいろですね。
日本もですがコロナは如何ですか?
第3波が来たようで日本全国との県も今増え続けております。インフルエンザと合わさりこれらからどうなりますやら?
MomoScotlandさんも体調崩されませんようにお過ごしくださいませ。

2020/11/21

いいね!1

おはようございます🐶
キツネのドアノッカー‼️‼️
素敵ね〜🤗
キツネの謂われもよく解りました🥰
ヨーロッパアンティークのお店覗いてみようかしら😆
素敵な週末を🤗

2020/11/21

いいね!1

ちょっと🐺オオカミに見える(๑′ฅฅ‵๑)

2020/11/21

いいね!1

おしゃれなドアノッカー🚪💕
キツネ🦊の謂れも また1つ物知りになりました🥰
ありがとうございます〜ヽ(*´∀`)

今日も楽しい1日をお過ごしください💛

2020/11/21

いいね!1

ノッカー、趣きがあり、ドアのアクセントになりますねぇ。ブラスバンドのブラス?

鷹狩も貴族の趣味、キツネ狩りもずいぶんと叩かれました。キツネが富の象徴とは知りませんでした😊

2020/11/21

いいね!1

カン カンと 鳴ってる お宅の横の 道を 歩くだけでも たのしくなります。

ひなたのベンチは無人でも  少し先には  ゆったり 横たわるネコちゃんが 子守り唄のように 安らいでいるかもしれません。

さまざまな 人々が  それぞれの 暮らしをまもり 引き継ぎ 
引き継がれ 見えないけれど 経過していく 史実を 知る 今回の アルバムも 楽しかったです。

寒空に響き 振り向かせる 
真鍮の キツネ、、、。

2020/11/21

いいね!1

キツネのドアノッカー、素敵ですね。
英国の映画とか見るとドアノッカーを叩いてるシーンとかよく見かけましたね。
コンコンと叩いてどの程度家の中に響くんでしょう⁉️
ちょっと興味ありますね🎵

2020/11/21

いいね!1

ドアノッカー今でも使われてるのですね😄✨
昔の映画とかサスペンス系の映画などではよく見かけました。
静かな大きなお屋敷に音が響いて執事が、ドアを開ける∗∗∗∗∗
賑やかだったり耳の遠い執事はダメ🙅🆖⤵️ですね😆
うちのように狭くてもテレビ付けっぱなしも聞こえない😅
それなりに似合うお家があるのですね😄💗
受難のキツネ🦊さんも大変だったのですね。興味深いお話を有り難うございます(*^ー^)ノ♪

2020/11/21

いいね!1

@PINK さん@ちこ さん@juliaさん @まみぃさん @サクラコさん @お馬のけーこさん @びーちやんさん @momoさん @みいちゃんさん、みなさん、番外編にもかかわらずコメント頂きありがとうございます!💛まとめてのお返事でごめんなさい🙇

PINKさん、ブラス製のトカゲのバレッタをお持ちなんですね!つけるだけでおしゃれ感が増し増しで、気分が上がりそう💛

ドアノッカーの音がどれほど聞こえるか?なんですが、私の知人が、ドアノッカー付きの玄関のお家に住んでいて、お呼ばれした時に、私が先客で、私の後に、ゲストが次々とカンカンならしてやってきたんですが、すごい響きます!でも、耳が大音量でテレビとか見てたら、多分見逃しちゃうかも!まぁ、ドアノッカーの玄関に住むポッシュでハイソな方たちというのは、静かに本を読んだり、クラシック音楽を流したりしていて、がやがやしてない暮らしなのかも?!😆😅🤣

日本は「鷹狩」の文化・伝統があったのですね!知りませんでした😱🤣イギリスでは鷹狩はなかったそうです。イギリスではキツネ狩りができるほど裕福であること、というのがステイタスで、ようやく禁止になった今でも水面下で根強く続いています。。😥😭😰過去にたまたまキツネ狩りのドキュメンタリーを見て以来、トラウマになってしまいました・・😥😭😢

2020/11/22

いいね!6

鷹狩、もとはヨーロッパの貴族発祥だったかと。鷹が鉄砲代わりです。日本も鷹匠が何人かいらっしゃるそうです。我が家は多摩川のそばで、河川敷でその練習(たぶん飛ばせる、腕に戻らせる)をなさっていて、お散歩中の愛玩犬が怖がり、問題になったことがあります。

愚息が興味を持ち、調べましたが、鷹は高く、オランダあたりから輸入するハヤブサがポピュラーなようで、それでも30万円強。飛び立ったが最後、帰ってこなかった、という笑える経験談もあり、我が家の鷹匠物語はそっこー露と消えました💔

キツネ狩り、ダウンのガチョウ、正視に耐えません😭

2020/11/22

いいね!1

@お馬のけーこ さん、息子さんのお話、すごく興味深いです~😆😄目の付け所が凡人じゃないですね!😆😁鷹匠というのですね。今でも存在するなんてびっくりです😱😆鷹狩は、ヨーロッパやアラブ圏でさかんだったそうです(今でもそうですね)がイギリスまでは殆ど普及しなかったとか。人間とは実に罪深い生き物ですね。。。😥😢😞

2020/11/23

いいね!1

@MomoScotland さん
凡々人です。30万が一瞬で空に消えること飛べるだけの高さのある(最低3㍍くらいだったかと)ケージが飼育に必要❣️の2点で、おりました💦
因みにお若い時のソフィア・ローレンは、猛禽類を思わせる美しさでした☺️

2020/11/23

いいね!1

このみどりを撮った人

MomoScotland

MomoScotland

スコットランド(イギリス)にネコ(momo)と夫と住んでます。ロックダウンを契機に人生で初めて花、樹木、野鳥に興味を持ちました!ですので超初心者ですが、どうぞよろしくお願いします。主に、お散歩中に出会ったスコットランドの花木の写真をUPしてます💛時々、愛猫momo、野鳥、野生小動物、よそ様のお庭やネコちゃん、風景、市民農園などの写真もUPしてます~ 

場所

キーワード

イギリス スコットランド

植物

投稿に関連する植物図鑑

投稿に関連する花言葉

投稿に関連する商品

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

開催中のフォトコンテスト

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード