so.raさんのsora の物語,瑠璃の冬の物語,瑠璃の物語の投稿画像

の画像 by so.raさん | sora の物語と瑠璃の冬の物語と瑠璃の物語

2021/03/01

75回いいねされています

【瑠璃の冬の物語】その11

目覚めたら瑠璃がいなくなっていた。弥彦は、野良に出ているかと瑠璃を待ったが、昼時になっても瑠璃が戻らず胸騒ぎがして、子供を背負ってあたりを探した。

泣き声をあげる赤子を背負って、必死の形相で瑠璃を探す弥彦の姿に、村人が声をかけ、村中総出で瑠璃を探した。
探しても探しても瑠璃は見つからず、弥彦は梅にも瑠璃を見なかったかと訪ねた。「今日は見かけないね」と言ったきり、梅は戸を閉めてしまった。

そうして日がくれる頃、村人が、崖の縁に瑠璃の草履らしいものがあると、弥彦のもとにかけてきた。

慌ててかけていってみると、そこには確かに瑠璃の草履が、崖に向かってきちんと揃えて脱いであった。
「命を断ったかのう。」
村人の一人が口にした。
「瑠璃さんは、辛い毎日を過ごしておいでじゃったから」権蔵の仕打ちを知っている村人らは、瑠璃が絶望して崖から飛び降りたのだろうと考えたのだった。ナンマンタブ、ナンマンダブと崖に向かって拝む者もいた。
村人らは、弥彦の肩を慰めるように叩くと、一人二人と村へと帰っていった。

一人残った弥彦は、瑠璃の草履を胸に泣き崩れた。
『瑠璃よおー!瑠璃よおー!』
谷底に向かって弥彦の叫ぶ声と、火のついたように泣く赤ん坊の声が、カラカラと落ち葉を舞いあげる風に乗って、闇を切り裂くように、谷にこだました。

夜も更けて、泣き疲れて静かになった赤ん坊を背負って、弥彦はやっと立ち上がった。

「お前のほうが何倍も辛い思いをしていたのに、俺は自分の辛さで心が一杯で、お前に優しい言葉のひとつもかけてやれなんだ。瑠璃、すまない。
お前が自分を犠牲にしてまで命を助けたこの子だが、この先どうやって育てたらいいんだ」

止めどなく落ちる涙を拳でぬぐいながら、弥彦は夜道を戻っていった。

いっそこの子と物を食べずに死んでしまおう、そんな思いを抱きながら家につくと、弥彦は崩れるように床に入ったのだった。


続く


🍂西沢渓谷

🌸よろしかったら、物語の一話【瑠璃の物語】二話【瑠璃の冬の物語】は下のタグからご覧下さいね。

2021/03/01

お願いします!瑠璃を助けてくださいと思わずにはいられません…この先どうなるのでしょうか?

2021/03/01

いいね!1

@鳥さん さん
大丈夫!

2021/03/01

いいね!1

このみどりを撮った人

so.ra

so.ra

詩や物語などを添えて投稿してます❤️投稿を見てくださる皆様に励まされて、続けてこれました❣️ありがとうございます😊。

場所

キーワード

sora の物語 瑠璃の冬の物語 瑠璃の物語

植物

投稿に関連する植物図鑑

投稿に関連する花言葉

投稿に関連する商品

GreenSnapのおすすめ機能紹介!

開催中のフォトコンテスト

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード