コキギ(*´ω`*)プランター栽培さんのお出かけ先,リュウキュウガネブ,ブドウ属の投稿画像

お出かけ先の画像 by コキギ(*´ω`*)プランター栽培さん | お出かけ先とリュウキュウガネブとブドウ属とブドウ科と沖縄と沖縄の植物と蜘蛛毛と琉球と珍しい植物とかわいいと変種

2019/03/29

12回いいねされています

昨年3月に沖縄に旅行に行った際に偶然泊まったホテルのビートで見つけたリュウキュウガネブです^ ^
最初えらい大きなブドウがあると思って、ヤマブドウかなと思ったのですが流石に生えているわけがないので近寄ってみるとこれは!!?という感じで驚きが隠せず家族に力説しドン引きされました笑
エビヅルとは形態は似ているもののはるかに大型でかつ色々と特徴があります。
まず1つ目はなぜか新芽あたりの節が所々節が膨らんでいることです。
これは特徴なのか分かりませんが、自分が観察した時は虫こぶでは無いような不思議な膨らみがあったので特徴として記載さえていただきます。
他のリュウキュウガネブの画像もこの様に膨らみが見られるものがあります。(https://images.app.goo.gl/wba12heUmWFLQjkq8)
2つ目にエビヅルに比べて蜘蛛毛の残っている期間が長い、もしくは取れにくいということです。
エビヅルならせいぜい3枚までは葉の裏面にあるはずだろうの蜘蛛毛が何と4、5枚ほどまで...
しかも大きさが成熟前の葉でもまだ残っていましたし、成熟した後の葉でも葉表を撫でると少し蜘蛛毛が取れます。
また茎にもずっと蜘蛛毛が残っていて、特に葉柄なんかはほぼずっとある印象です。
3つ目は切り口が黒くなる、です。
枝は黒くならないのですが、葉を千切ったら何故か切り口が黒く変色してしまいます。恐らく何らかの別の影響だとは思いますが、気になります...
一応採取して持ち帰り、緑枝挿ししてみたのですが、一本発根しそうだったものの枯れてしまいました。
また今度沖縄行った時は探してみようと思います。
個体数はそれほど少なく無いようで、意外に見つかるそうです

『リュウキュウガネブ』
エビヅルの一変種で、エビヅルに比べ大型になることが多い。
分布は(鹿児島県南部)トカラ列島〜琉球列島まで。
葉はエビヅルに比べ肉厚で大きく裂けがごく浅いかほぼない心形。
冬季の休眠性を示さない。
ワインの製造原料として栽培している農家さんやある大学ではマスカット・オブ・アレキサンドリアと交配した改良種も見られる。

エビヅルの変種と考えられているものには
・リュウキュウガネブ
・シラガブドウ
・シオヒタシブドウ
・シチトウエビヅル
がある。
またサンカクヅルなどの雑種で
・ケナシエビヅル
・ウスゲサンカクヅル
などもある。

日本の野生ブドウ(ブドウ属)は大まかに
・ヤマブドウ
・サンカクヅル
・エビヅル
・アマヅル
・クマガワブドウ
がある。

2019/03/29

このみどりを撮った人

コキギ(*´ω`*)プランター栽培

コキギ(*´ω`*)プランター栽培

野生のキイチゴやブドウなど色々育てています😄

場所

お出かけ先

キーワード

ブドウ属 ブドウ科 沖縄 沖縄の植物 蜘蛛毛 琉球 珍しい植物 かわいい 変種

この場所で使われている植物

リュウキュウガネブ
GreenSnap

植物の名前を聞いてみよう!

最速30秒!で教えてもらえます

★★★★★
ダウンロード

お出かけレポートに関連するカテゴリ

開催中のフォトコンテスト

お出かけレポートのみどりのまとめ

また帰ってきます・・ (● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾。。。

静岡県裾野市パノラマロードのコスモス畑

代々木公園の木々

kaz

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード