ゴーラムの画像

ゴーラムの育て方

  • ベンケイソウ科
  • クラッスラ属

ゴーラムの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Crassula ovata 'Gollum'

別名

宇宙の木,ゴーレム

原産地

南アフリカ

ゴーラムの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

やや強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ゴーラムの育て方の画像

ゴーラムの育て方

ベンケイソウ科のクラッスラ属に分類される多肉植物のゴーラムは、棒状の葉の先端が小さなお皿のようにへこんでいて、その周囲は赤色に縁取られています。

葉もつやつやとした光沢感があります。そんなゴーラムの育て方について詳しく見ていきましょう。

ゴーラムの基礎情報

ゴーラムの日当たり

ゴーラムは原産地がアフリカである事からもわかるように、日光が好きです。

特に春と秋の時期は、出来る限りお日様の光に当ててあげるようにしましょう。

日光に良く当てて育ててあげると、葉の色や艶も良くなります。

それによって葉先も綺麗な赤色に色づいてくれます。

日当たりの良い場所が好きなのは確かですが、日本の真夏の強い直射日光下では、葉焼けを起こして元気も無くなってしまう事がありますから、その点は注意が必要です。

真夏の時期には、半日陰になる場所で育ててあげるようにしましょう。

 

ゴーラムの置き場所

ゴーラムは、多肉植物である為、乾燥にはとても強い性質を持っています。

ですから日当たりが良い場所で育てて管理する事が基本にはなります。

春〜秋の時期には、戸外で育てる事ができます。しかし真夏の強い直射日光は葉に良くありませんから、直射日光が避けられる半日陰でかつ風通しも良い明るい場所に置いてあげるようにしましょう。

ゴーラムは寒さには弱いという性質があり、霜や寒風に当たってしまうと葉が落ちてしまうだけでなく、株自体も傷んでしまう原因となります。

最悪の場合には枯れてしまいます。

そうならない為にも、冬の寒い時期には、戸外ではなく室内の明るい場所に移動させましょう。

そして春になって暖かくなり再度戸外へ出す時には、必ず遅霜の心配をしなくてよくなった頃にしましょう。

ゴーラムは弱ってくると、少し触っただけで葉の部分がボロっと落ちてしまう事がありますので、一つの目安にするといいでしょう。

 

ゴーラムの水やり

ゴーラムの夏の水やりは、土が乾いてからでいいのでたっぷり与えてあげるようにします。

しかし高温多湿の環境には弱い為、夏場であっても水のやり過ぎは禁物です。

ゴーラムは基本的には乾燥を好む性質があるという事を覚えておくようにしましょう。

特に初心者は、水のやり過ぎにより枯らしてしまう事が多いので、水やりの頻度を掴むようにする事が大切です。

ゴーラムの冬の水やりについては、寒さによって生長も止まってしまいます

この時期に水をやり過ぎると、根腐れを起こして傷んで弱ってしまいますから、水やりの回数は夏場の時期よりも必ず減らして与えるようにして下さい。

ポイントとしては、冬場でも水やりを全くしなくて良いという訳ではありませんので、その点は注意するようにしましょう。

 

ゴーラムの肥料・追肥

ゴーラムは、春〜秋の時期が生育期です。この時期に肥料を与えてあげると生育は比較的良くはなります。

しかし多肥過ぎると、徒長してひょろ長い感じになってしまう原因になります。

ですのでゴーラムの肥料は、控えめに施すようにするのがコツです。

生育期の春と秋には、2週間に1回を目安として液体肥料を与えます。

ここで覚えておいていただきたいのは、肥料は生育を手助けはしますが、弱ってしまった植物を元通り元気にしてくれるものではありません。

もしゴーラムが弱っていた場合には、肥料を与えるのではなく、日当たりは避けるようにして養生させる事が重要です。

 

ゴーラムの用土

ゴーラムは、過湿には弱い性質を持っている為、水持ちが良すぎる土というのは向いていません。

ですので、水はけが良い土であれば、基本的にはどんな土でもそれほど神経質にならなくてもOKです。

しかし、園芸店などで売られている「花と野菜の培養土」に関しては、水持ちが良いので、根腐れを起こし易くなりますので不向きです。

今では多肉植物専用の土も売られていますので初心者が利用すると便利で楽です。

 

ゴーラムの植え替え・植え付け・種蒔

ゴーラムの植え替えに適した時期は、春〜初夏にかけてです。

しかし根詰まりを起こしている場合には、春以外でも植え替えを行う方が良いです。

根詰まりしていると、葉っぱは落ちてきてしまうので、よくチェックする事が大切です。

この際も、必ず水はけが良い土を使って植え替えをして下さい。

植え替えする時には、古くなっている根っこは、綺麗に始末をしてからにしましょう。

また植え替えた後は、すぐに水やりは良くありませんので、しばらく乾かしてからあげるようにして下さい。

もし秋に植え替えをする場合には、土は崩さないように気をつけて、そのままの状態で一回り大きなサイズの鉢へと植え替えます。

ゴーラムは水はけの良い乾燥気味の環境を好みますので、あまりにも大きな鉢に植え替えると、土の中の水がなかなか蒸発しなくなり、根腐れの原因となりますので注意しましょう。

 

ゴーラムの増やし方

ゴーラムは、挿し芽で簡単に増やす事ができますが、それ以外にも葉挿しでも増やす事ができます。

挿し芽のやり方は、丁寧に茎をカットしてから、それを用土の中に指します。

葉挿しのやり方は、葉っぱを茎から丁寧にカットして、それを土の上に置いておくだけでOKです。

どちらの場合でも発根するまでは水は絶対に与えてはいけませんので、覚えておくようにしましょう。

植え替えと同じで、適期は春〜初夏にかけてとなります。

 

ゴーラムの病気・害虫

ゴーラムには、カイガラムシ(ワタムシ)が付くことが多いようです。

もし付いているのを見つけたら、薬剤よりも爪楊枝などを使ってこまめに取り除く方が、株が痛まないので良いです。

また過湿の環境に傾いてしまうと、根腐れを引き起こしてしまうカビ類に侵食される事になる為、その点も注意が必要となります。

 

ゴーラムの管理温度

ゴーラムは冬の寒さには弱い性質があり、霜や雪に当たってしまうとブヨブヨに溶け出して最後は枯れます。

気温が5℃以下になる場合には、必ず室内に移動させましょう。

夏場の高温多湿の蒸し暑さも苦手ですので、風通しを良くしてあげて、直射日光と湿気には十分に注意を払うようにしましょう。

 

ゴーラムの花の形態(どんな花を咲かせるのか)

ゴーラムの花は、同じ仲間である「金のなる木」とほぼ同じです。薄いピンク色の5弁のとても可愛らしい花を咲かせます。

花の形はまるで星形のように見えます。開花時期には、ツヤツヤとした光沢のある緑色の葉とのコントラストが可憐で美しいです。

 

ゴーラムのトリビア

ゴーラムの由来伝承

ゴーラムの名前の由来ですが、和名では「宇宙の木」と呼ばれています。

これは、ゴーラムの茎の先端部分が、有名なSF映画である「ET」に登場している宇宙人の指先にとてもよく似ている事から、そう名付けられたと言われています。

その他にも、葉の先がえぐれており、それが月のクレーターに似ているからという説もあるようです。

どちらにしても、とてもユニークな葉の形をしていて、冬になると葉のえぐれた部分の周囲が赤色に縁取られます。

葉もとてもツヤツヤとして、触りたくなるような光沢感があります。多肉植物ですので、葉っぱが肉厚でプクプクとしています。

その葉は水分を貯める機能がある為、乾燥には強い性質があるのです。初心者でも育てるのは結構簡単です。

 

まとめ

今回は、金のなる木と同じ仲間で、花の形もとてもよく似ているゴーラムの育て方についてご紹介してきました。

成長自体は少し遅めではありますが、乾燥にも強く、お日様を基本的には好む為、初心者であってもポイントを押さえれば簡単に育ててみる事ができます。

高温多湿の蒸れやすい環境にならないように、水のやり過ぎには注意が必要ですが、可愛らしい星型の花も見る事ができますので、ぜひ一度この記事を参考に育ててみてほしいと思います。

肉厚の先端にくぼみのある葉っぱが面白く特徴的ですので、ちょっと人とは違った珍しい多肉植物をお探しの方にもおすすめです。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『ゴーラムの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

パキポディウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... パキポディウムの育て方へ

セネキオ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当... セネキオの育て方へ

玉つづり

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 玉つづりの育て方へ

キンコウセイ

一般的な多肉植物に比べ、茎が長く伸びるのが特徴です。花色は朱紅色で、キンコウセイ全体に白い産毛をつけ... キンコウセイの育て方へ

アロエ・ベラ

日当たりがよく、乾燥している環境を好みます。 アロエ・ベラの育て方へ

キダチアロエ

日当たりがよく、乾燥している環境を好みます。 キダチアロエの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料