火祭りの画像

火祭りの育て方

  • ベンケイソウ科
  • クラッスラ属

火祭りの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Crassula capitella ssp. thyrsifora ' Flame'

別名

ヒマツリ

原産地

南アフリカ

火祭りの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや強い

耐暑性

やや強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
火祭の育て方の画像

火祭の育て方

火祭りは、ベンケイソウ科のクラッスラ属に分類される多肉植物です。

肉厚な葉の部分が、気温が低くなってくる秋頃から真っ赤に色づいて、紅葉する姿はとても綺麗です。

初心者でも育てやすい火祭りの育て方について、次から詳しく見ていくことにしましょう。

基礎情報

日当たり

火祭りは、日当たりを好む性質を持っています。

ですので、日光不足の環境で育ててしまうと、葉の色が極端に悪くなってしまったり、茎が徒長し、ひょろひょろとして間延びした感じになってしまいます。

それだけでなく、多肉植物の特徴とも言える肉厚な葉の厚さも薄くなってしまうので注意が必要です。

 

置き場所

火祭りは、耐暑性があります。真夏の直射日光も大丈夫です。

しっかりと日光に当ててあげられる場所で育てるようにすると、株全体が大きく元気に育ってくれます。

また耐寒性も、通常程度はありますので育てやすいです。

その為、寒い地域で育てる以外では、屋外に置いて育てて冬越しをさせる事も可能となっています。

しかし梅雨や秋の長雨の時期には、できるだけ雨には当てないようにする方が、根腐れを起こさないので無難です。

ただ、雨に何度かうたれたからといって、すぐに傷んでダメになってしまうというような事もありません。

しかしマイナス5℃以下の気温が低い環境が、長期間に渡って続いてしまうと、枯れてしまいますので、そういう時には室内に移動して管理するようにしましょう。

基本的には、室内よりも戸外で育てる方が向いています。

 

水やり

火祭りの夏の水やりは、土が乾いていたら、鉢底から水がしみ出してくるまで、十分に与えてあげるようにします。

多肉植物ですので、水分を溜め込める性質を持っている為、乾燥には強いです。

ですので、葉の部分を見てシワが少し寄ってしまってから、水やりをしても復活させる事ができます。

あまり神経質になる必要はありません。

水のやり過ぎはかえって根腐れを起こしやすくなってしまいますので、注意しましょう。

それ以外には、受け皿部分に水が溜まってしまっているような時には、必ずその水は捨てるようにする事がポイントです。

火祭りは、冬の時期には生育が止まります。

それだけでなく、気温が低くなるにつれて、水分の蒸発量も減りますので、気温が20℃を下回ったくらいからは、少しづつ水やりを減らすようにしましょう。

目安としては、1ヶ月に1回程度で十分です。冬に水やりをし過ぎると、根腐れを起こしますので注意するようにして下さい。

 

肥料・追肥

火祭りは肥料が多くなり過ぎてしまうと、醍醐味である葉の部分が赤く紅葉しなかったり、生育自体も悪くなってしまいます。

また生育も早く旺盛ですので、肥料に関しては、植え付けを行う時に、土の中に肥料を少量だけ混ぜるようにすれば、特に追肥も必要ありませんので大丈夫です。

 

用土

火祭りは、乾燥に強い性質があり、多湿の環境を嫌います。その為、水はけの良い用土が最適です。

この条件に該当しておすすめなのは、サボテンもしくは多肉植物専用の培養土となります。

もし一から土を自作したいという場合には、「鹿沼土の小粒2:赤玉土の小粒2:ピートモス2:川砂2:燻炭2」や、「赤玉土3:軽石2:腐葉土:少量」、「花と野菜の土2:川砂1」の割合で配合した土が向いていますので、覚えておくと良いでしょう。

 

植え替え・植え付け・種蒔

火祭りは、2年を1回を目安に植え替えを行うようにしましょう。理想としては、毎年行う方が良いと思います。

というのも火祭りというのは、生育が盛んでよく増える為、放っておくと鉢の中が根で一杯になってしまうからです。

ただし、真夏や真冬の時期だけは植え替えは避けるようにして下さい。火祭は一般的には種から育てる事はないようです。

植え付ける時には、あらかじめ肥料を土の中に少量混ぜ込んでおくようにすると、追肥も必要ありません。

サボテンや多肉植物専用の培養土は、水はけに優れていますので、そういった土を利用して、植え付けを行うようにして下さい。

保水力のあり過ぎるような土は不向きですので、注意するようにしましょう。

 

増やし方

火祭りの増やし方には、挿し木、株分け、葉挿しなどがあります。

しかし、一番簡単な方法としては、挿し木による方法です。

やり方は、先端部分から葉を数枚程度付けたままの状態で、茎をカットします。それを土の中に挿します。

もしくは切り戻しをした時の茎を利用してもOKです。

注意点としては、すぐに挿すのではなく、必ず日陰の場所で数日間は、切り口部分をよく乾燥させてから行うことです。

またどちらの場合でも、2週間程度は決して水やりをしないようにして乾燥状態を保つようにして下さい。

そして徐々に様子を見ながら、水やりを開始するようにします。

挿し木をするのにおすすめの期間としては、春〜初夏にかけてとなります。

 

病気・害虫

火祭りには、ワタムシやコナカイガラムシが付いてしまう事があるようです。白い塊のように見えるのがそうです。

ワタムシは、小さな綿のように見えますが、コナカイガラムシは、米粒よりももっと小さく白くて丸い形をしています。

発見したら、どちらの虫であってもピンセットで駆除したり歯ブラシなどを使ってこすり落とすようにします。

これらの虫にやられてしまうと、その部分が黒っぽく枯れたようになってしまいます。

葉の部分に付く事が多いのですが、葉の養分や水分を吸い取ってしまいます。

虫は、薬の散布よりは出来る限り手を使って駆除を行うようにします。

というのも、薬を使い過ぎると薬焼けを起こしてしまうからです。

そして火祭りは、過湿に傾き過ぎたり、風通しが悪い環境下では、根腐れを起こすカビ類に侵食されやすくなります。

根だけではなく葉などもカビやすいので注意が必要です。火祭りでよく知られている病気としては、うどんこ病があります。

 

管理温度

火祭りは、35℃以上となる暑い環境でも特に問題はありません

しかしマイナス5℃以下が長く続くような環境では枯れますので、その場合は室内へ移動して管理をする方が良いでしょう。

しかし多湿には弱い性質がありますので、風通しを良くしてあげて、水のやり過ぎには注意する事が大切です。

葉の部分を赤く綺麗に紅葉させるには、日光浴を十分にさせてあげる事、基本的には室内ではなく戸外で育てて管理する事です。

戸外で冷えた気候で過ごさせる事も、葉を赤く美しく紅葉させる重要なポイントとなります。

しかし、室内でエアコンの冷風に意図的に当てるなどは良くありません。ごく自然な気温の変化というのが大切です。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

火祭りは、秋頃から葉が赤くお花のように紅葉しますが、実は花も咲きます。

夏頃になると茎の先端部分から花芽が上に伸びてきて、秋になると、小さな白い花が穂状にまとめて咲きます。

また株分けをしても、すぐにお花をつける強い生命力を持っていますから、花を咲かせる事は簡単なようです。

白い小さな花と、真っ赤に紅葉する葉とのコントラストがとても美しいので、育てる楽しみがあると言えます。

 

トリビア

花言葉

火祭りの花言葉には、「温厚」があります。

 

由来伝承

火祭りの名前の由来ですが、秋以降になると、肉厚の葉が燃えるような真っ赤な色に紅葉する事から、名付けられたようです。

葉の部分は、少し尖っていてヘラ状のようになっており、内側はスプーンのように少しだけ湾曲しています。

夏にはまだ葉は緑色ですが、秋以降になると赤く綺麗に色づくのが特徴です。

白い小さな花も咲きますが、それほどは目立ちません。火祭りという名前は、クラッスラの園芸品種の名前です。

原産地は南アフリカと言われています。

 

まとめ

今回は、多肉植物のクラッスラの園芸品種である火祭りの育て方についてご紹介してきました。

暑さや寒さにも強く、生育も旺盛なので、ポイントを押さえれば初心者でも管理しやすく、育てやすいのでおすすめです。

ポイントとしては、日光に良く当ててあげるようにし、水やりと肥料は控えめにして、水はけが良い土で育てる事と、綺麗に紅葉させる為に、室内ではなく戸外で育てて冷えも体験させてあげるようにする事です。

真っ赤な花のように見える肉厚の葉が、寄せ植えにもピッタリですので、この記事も参考にしてぜひ一度育ててみて下さい。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『火祭の育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

アロエ・ベラ

日当たりがよく、乾燥している環境を好みます。 アロエ・ベラの育て方へ

キンコウセイ

一般的な多肉植物に比べ、茎が長く伸びるのが特徴です。花色は朱紅色で、キンコウセイ全体に白い産毛をつけ... キンコウセイの育て方へ

カランコエ・プミラ

白い粉を纏う姿から「白銀の舞」と言われている多肉植物 カランコエ・プミラの育て方へ

パキポディウム

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... パキポディウムの育て方へ

モリムラマンネングサ

晩春に黄色い小さな花が咲きます。丈夫で環境耐性のある植物なので、グランドカバーに最適です。 モリムラマンネングサの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料