神刀の画像

神刀の育て方

  • ベンケイソウ科
  • クラッスラ属

神刀の基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Crassula perfoliata var. falcata

別名

ジントウ,

原産地

南アフリカ

神刀の性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや強い

耐暑性

やや強い

耐陰性

神刀の育て方の画像

神刀の育て方

南アフリカのケープ州南部が原産地となっている神刀は、刃にも似た逞しさを見せる葉っぱが特徴的な多肉植物です。

棚上などで管理していれば、可愛らしいインテリアとしても飾れます。そんな神刀の育て方を紹介していきます。

基礎情報

日当たり

原産地がが南アフリカやマダガスカルという熱帯地域となっているため、耐暑性には優れている植物です。

日当たりのいい場所で管理することで、生長を促すことができます。

真夏の直射日光にあてすぎると、葉焼けを起こしてしまうことがあるので、真夏には室内に取り込むか、半日陰の場所に移動させて管理をするようにしましょう。

 

置き場所

日当たりがよく、風通しもいい場所を好みます。通風しのいいベランダなどに置いておくのもいいのでしょう。

絶対に室内で育てなければいけないということはありません。室内でも野外でも、直射日光にあてないように注意してください。

カーテンのレースで日光を調節させるか、昼間は日向、それ以降は日陰となっている場所を見つけて、そこで管理するようにしましょう。

冬場でも、3度以下にならず、霜が当たらない場合なら屋外で育てて、越冬することができるようになります。

 

水やり

乾燥させて育てる必要があるので、毎日水を与える必要はありません。

生育期の期間は、土が乾いた時に水をあたえるようにします。

生育期に多く水を与えすぎている場合は、茎が間延びすることがあるので、水やりが多いかなと思った場合は茎を確認しましょう。

また、梅雨の時期には湿度が高くなるので、水やりは控えめにしておきます。

屋外で育てている場合は、神刀が雨にあたらないように注意するようにしましょう。

水の与えすぎて根腐れを起こす事も珍しくありません。

神刀は夏型の多肉植物なため、冬になると休眠期に入ってしまいます。

生育期と同じように水やりをしていると、すぐに根腐れを起こしてしまうので、休眠期に入った時には、葉っぱがしわしわになる頃を見計らって水やりをするようにしてください。

その時にたっぷりと水を与えることで、神刀は水を葉っぱの中に蓄えてくれます。

長い期間水を与えなくとも、自分の中に蓄えている水で冬を乗り越えてくれます。

 

肥料・追肥

神刀に施す肥料では、生育期となっている時期に、ゆっくりと効き目の出てくる緩効性化成肥料か、液体肥料をすこしだけ施しておきます。

神刀は大きく育っていく多肉植物なので、生育期に肥料を施すことで、葉っぱの色つやなどを綺麗なものにすることができます。

ですが、休眠期である冬には肥料を与えないようにしてください。

休眠期に栄養を与えすぎてしまうと、栄養を吸う力が弱まっている休眠期の神刀は、栄養過多で生育が衰えてしまうことがあります。

 

用土

多肉植物である神刀は、水はけのいい土を好みます。

一般的には赤玉土と鹿沼土を混ぜ合わせた用土を使いますが、自分で土の配合をして混ぜ合わせるのは苦手という場合は、

市販で販売されている多肉植物用の用土を使うか、サボテン専門店などで販売されている用土を使って神刀を育てましょう。

 

植え替え・植え付け・種蒔

夏型の多肉植物である神刀を植え替える時期は、生長期がやってくる前の4月から5月の間です。

植え替えの時に根っこが傷ついても、この時期にすれば、生長のエネルギーですぐに回復してくれます。

植え替えをする前に、植え替えする場所にビニールシートなどを敷いて、汚れても大丈夫なようにしておきましょう。

根っこの部分についている土が崩れないように取り出してから、根の部分を手でほぐしていきます。

この時に、殺菌消毒をしておいたハサミで傷んでしまったり黒ずんで腐ってしまっている根を切ってください。

放置して新しい鉢植えに植えてしまうと、病気の原因や、生育の衰えにも繋がってしまいます。

新しい鉢には、鉢底ネットと鉢底石、鉢の3分の1のところまで土を入れてから、鉢の中心に神刀をおいて、回りに土をいれていきます。

鉢の縁から2、3センチ下に土がくる高さまでいれたら、バランスもとれるようになるので、割りばしなどで土の表面をつついて、根っこと土を馴染ませます。

これで植え替えは完了です。腐ってしまっている根っこを切り取る時に、誤って太い根を切ってしまわないように気を付けてください。

 

増やし方

神刀の増やし方は、葉挿しと茎挿し、株分けの三つの方法があります。

どれも植え替えの時期と同じ頃が適期となっています。

まず葉挿しの方法は、容器の中に培養土を入れてから、神刀の葉っぱを何枚か取ります。

途中で切れてしまっている葉っぱでは、葉挿しができないので、使わないようにしましょう。

葉っぱの付け根の部分が土に触れるように置いてから、日陰で管理し、芽や根っこが出てきたら、芽のギリギリまで土をかぶせて水を与えます。

茎挿しは一番簡単に神刀を増やすことができるので、初心者でも安心して行うことができます。

挿し木の方法は、容器に培養土をいれて、神刀を、土に挿す部分を2センチだけ残して、茎を切りとります。

土に挿す部分のほうに小さな芽が残っている場合は、それを切り取ってから使用します。

切った茎は日陰に置き、切り口を乾かしてから土の中に挿します。

その後は明るい日陰で管理し、2、3週間経って根が出てから水を与えるようにしましょう。最後に株分けの方法です。

容器に入れる培養土は葉挿しや茎挿しの時よりも少な目にして、株分けする神刀の根っこが黒ずんでいる場合は、その部分をカットしてから使用します。

株を容器に置いてから土をかぶせていき、明るい日陰で管理してから4、5日経ったところで水やりをします。

 

病気・害虫

乾燥しがちな時期に発生しやすいカイガラムシが、神刀に寄生することの多い害虫です。

幼虫の駆除は簡単ですが、成虫となってしまっているカイガラムシは体を硬い殻で覆っているため、殺虫剤では駆除できないことがあります。

成虫のカイガラムシを見つけた時には、ブラシなどでこすり落として駆除するようにしましょう。

かかりやすい病気では、軟腐病というものがあります。

害虫が葉っぱをかじった部分から発症したり、植物に傷がはいって、そこから細菌が入り込んで発症したりする病気です。

軟腐病にかかってしまった部分は、すぐに切り取って病気が広がるのを防ぐようにしてください。

 

管理温度

神刀が越冬するには、気温が3度以上ある必要があります。

寒さに弱い神刀は、霜にあたってしまったりすると、冬を越すのは難しくなってきます。

多湿の環境も好ましくないので、梅雨時は雨が当たらない場所に神刀を移動させておきましょう。

10度前後の気温があれば、一年を通して元気に育ってくれます。

 

種類・品種

クラッスラの品種の一つである神刀は、名前が示している通りに、刃物のような形をしている葉っぱが特徴的です。

多肉植物特有の肉厚な葉っぱを交互に出していきながら伸びていき、40センチほどの高さになるものもあります。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

神刀は夏に花を咲かせます。

重なり合っている葉っぱの中心辺りから花茎をのばしていき、先端に真っ赤な小花をたくさん咲かせ、小さな花火のような姿を見せてくれます。

 

トリビア

花言葉

神刀のみにつけられた花言葉はありませんが、クラッスラの花言葉では、「幸運を招く」、「不老長寿」などの花言葉があります。

 

由来伝承

神刀の名前の由来となっているのは、大きく肉厚な鎌にも似た刃の形をした葉っぱから名付けられています。

丸みを帯びながらも、どこか鋭い姿をした葉っぱは印象的で、観賞しても楽しめます。

 

まとめ

夏に頃に咲かせ、可愛らしい花火のように見える花と、刃のような葉っぱが特徴的な神刀。

初心者でも育てることができ、増やし方も簡単です。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『神刀の育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

ベルム

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 ベルムの育て方へ

エレガンス

半透明で美しい葉を持っている。性質は剛健で真冬以外は屋外管理で良いでしょう。 エレガンスの育て方へ

亀甲竜

一年を通して日当たりの良い場所で育てます。 亀甲竜の育て方へ

不死鳥

錦蝶と子宝弁慶草の種間交雑種と言われている。 不死鳥の育て方へ

天使の雫

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 天使の雫の育て方へ

カランコエ・プミラ

白い粉を纏う姿から「白銀の舞」と言われている多肉植物 カランコエ・プミラの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料